沢田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沢田 一郎(さわだ いちろう、1894年8月7日 - 1984年2月3日、享年89)は、元日本オリンピック委員会名誉委員、元ヤナセ常務。

略歴[編集]

東京府出身。東京府立一中などを経て、1918年に東京帝国大学法学部政治学科卒業。三井物産入社後、1949年にヤナセに移る。東大在学中に主に陸上競技中距離選手として活躍し、走高跳800mで日本記録を出す。三井物産ニューヨーク支店に勤務中、ニューヨークに合宿に来た1920年アントワープオリンピックの日本選手団の世話係を務めている[1]

1924年(大正13年)、パリオリンピック日本選手代表団監督[1]、その他、体協理事、JOC委員。

脚注[編集]

  1. ^ a b 澤田 1967, p. 57.

参考文献[編集]

  • 澤田一郎「野口源三郎先生をいたむ」『新体育』第37巻第5号、新体育社、1967年5月、 56-59頁。

関連項目[編集]