御家瀬緑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御家瀬 緑 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 MIKASE, Midori
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 短距離走
所属 住友電気工業
生年月日 (2001-06-02) 2001年6月2日(19歳)
出身地 日本の旗 日本
北海道札幌市
身長 161cm[1]
100m 11秒46
走幅跳 6m03
編集 テンプレートのヘルプを表示する

御家瀬 緑(みかせ みどり、2001年6月2日[2] - )は、日本陸上競技選手。専門は短距離走及び跳躍(走幅跳)。

人物[編集]

北海道札幌市北区太平出身。札幌市立太平南小学校2年の時に陸上競技を始め、小学校6年次の時に北海道ハイテクアスリートクラブジュニアチームの門を叩く[3][4]。小学校時代は6年時の全国小学生陸上競技交流大会(2013年)女子走幅跳で優勝したこともある[5]

札幌市立太平中学校時代は学校に陸上競技部がなく、北海道ハイテクACジュニアでの練習がメインだった。中学校時代は大きな大会での優勝はなく、3年次の第43回全日本中学校陸上競技選手権大会女子走幅跳で4位となったのが最高成績である[6]

2017年に北海道恵庭北高等学校に入学。夏を越して秋の第72回国民体育大会愛媛国体)少年女子B100mに出場し、準決勝で11秒66の大会新を出した上に決勝では11秒83をマークして優勝[4][7]。愛媛国体では少年女子B走幅跳でも6m00をマークして優勝し、二冠王に輝いた[4][7]

2018年、北海道高校陸上競技選手権大会において、緑が100m11秒63で走って自己記録を更新したのを見た師匠である北海道ハイテクAC監督の中村宏之が、「日本選手権に出てみるか?」と勧めたために急遽第102回日本陸上競技選手権大会にエントリーすることを決める[3]。日本選手権女子100mでは決勝に進出し、同門の姉弟子である福島千里や実力者の市川華菜世古和らと同走する中、11秒74で4位に入った[8]。この結果により、2018年アジア競技大会インドネシアジャカルタ)の女子短距離リレーチームのメンバーとして、そして高校生ただ一人の日本代表選手に選出された[2]

アジア競技大会出場前の大会となった第71回全国高等学校陸上競技対校選手権大会三重県)では女子100mで11秒74をマークして優勝、アジアの大舞台を前に勢いをつける形となった[9][10]

2019年の初戦となった織田幹雄記念国際陸上競技大会では、高校歴代2位タイの11秒54をマーク、世古和、市川華菜、土井杏南らを抑えて日本人トップとなる2位に入った[11]

6月28日の第103回日本選手権大会では11秒67(追い風0.6メートル)で初制覇した。高校生が同種目で優勝するのは、三木まどか(兵庫・姫路商高)以来。29年ぶりに高校生女王が誕生した。

第72回全国高等学校陸上競技対校選手権大会沖縄県)では、準決勝で大会新記録・高校歴代2位となる11秒50(+1.0m/s)、決勝で11秒51をマークして連覇を達成した[12]

高校卒業後は実業団の住友電工に入社[13]。高卒で実業団入りした背景には同様の進路を選び日本女子短距離界の第一人者となった福島千里、住友電工入社は同社所属で日本人3人目の100m9秒台を記録した同郷の小池祐貴の影響があるという[14]

脚注[編集]

  1. ^ ジャカルタ・パレンバンアジア大会2018 プロフィール 日本オリンピック委員会 2018-08-18
  2. ^ a b ジャカルタ2018 アジア競技大会 日本代表内定選手 (PDF) 日本陸上競技連盟
  3. ^ a b 女子短距離界に新星現わる。期待の高校生「変化」に気づき、急成長 Sportiva 2018-07-18
  4. ^ a b c 御家瀬緑が2冠、準決で11秒66大会新/国体 日刊スポーツ 2017年10月8日
  5. ^ 第29回全国小学生陸上競技交流大会公式リザルト (PDF) 日本陸上競技連盟
  6. ^ 第43回全日本中学校陸上競技選手権大会公式リザルト (PDF) 日本陸上競技連盟
  7. ^ a b 第72回 国民体育大会 陸上競技 公式リザルト (PDF) - 日本陸上競技連盟
  8. ^ 第102回日本陸上競技選手権大会 公式リザルト (PDF) - 日本陸上競技連盟
  9. ^ 第71回全国高等学校陸上競技対校選手権大会 公式リザルト (PDF) 日本陸上競技連盟
  10. ^ インターハイ陸上・女子100m 御家瀬緑が優勝「自分の走りができた」 高校生新聞 2018年8月3日
  11. ^ 女子高生の御家瀬が市川ら強豪を制して日本人トップ、織田記念陸上 デイリースポーツオンライン 2019-04-28
  12. ^ 日本選手権女王・御家瀬緑が11秒51で貫録の100m連覇「負けられない気持ちあった」 THE ANSWER 2019-08-05
  13. ^ 4名の社員が新たにチームに加わりました”. 住友電気工業株式会社 (2020年4月3日). 2020年5月28日閲覧。
  14. ^ title=陸上短距離で高校生女王となった御家瀬緑。大学ではなく実業団を選んだ理由

外部リンク[編集]