中村宏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 宏之(なかむら ひろゆき、1945年6月9日 - )は、日本陸上競技指導者、元陸上競技選手北海道ハイテクAC監督福島千里(100m、200m日本記録保持者)、北風沙織寺田明日香などの短距離走選手の育成・指導で知られる。

来歴[編集]

北海道富良野市出身[1]札幌東高等学校時代に陸上競技を始め、三段跳びの選手として活躍した[2]日本体育大学ではインカレや日本選手権上位に入る[3]教員になった後も陸上競技を続け、中標津高等学校教員時代には第14回東日本実業団陸上競技選手権で三段跳びで優勝している[4]。その後は指導者へと転向し、北海道恵庭北高等学校時代には伊藤佳奈恵(100m、200m元日本記録保持者)らを指導した[2]

定年後も恵庭北高等学校陸上部の指導にあたる傍ら、北海道ハイテクAC監督として、恵庭北高校時代からの教え子北風沙織福島千里寺田明日香らの指導を行っている。

2020年10月、監督職を北風に禅譲し勇退[5]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]