北風沙織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北風沙織 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 北風沙織
ラテン文字 Saori Kitakaze
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
所属 北海道ハイテクAC
生年月日 1985年4月3日(29歳)
生誕地 北海道釧路市
身長 151cm
体重 47kg
自己ベスト
100m 11秒42(2008年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

北風 沙織(きたかぜ さおり、1985年4月3日 - )は、日本陸上競技選手。専門は短距離走

人物[編集]

血液型はA型。

北海道釧路市出身。江別市立大麻小学校江別市立大麻中学校北海道恵庭北高等学校を経て、2008年に北海道浅井学園大学(現・北翔大学)生涯学習システム学部を卒業。現在は北海道ハイテクACに所属している。

「沙織」という名の由来は、両親が南沙織のファンであったため、名付けられた。

2012年11月1日に、北海道浅井学園大学の後輩(一般人)と結婚した[1]

競技歴[編集]

両親、二人の姉も元陸上競技選手であり、自身も小学4年生から陸上競技を始めた。小学校時代はバスケットボールクラブにも所属し、小学6年の時(1997年)には、大麻ミニバスケットボール少年団の主将も務めた経歴もある。

中学3年(2000年)で全国中学女子100m優勝。高校1年・2年時は目標を見失い成績が低迷するが、祖父の死をきっかけに奮起。高校3年時(2003年)にはジュニアインターハイ国体少年女子Aの100mで三冠を達成する。

高校時代の指導者・中村宏之による指導を継続するため、大学は地元の浅井学園大学に進学。2006年9月には当時の北海道記録となる11秒56のタイムを記録している。

2007年の初戦となった静岡国際陸上では11秒52の北海道記録(当時)を予選で記録。その後、連覇を狙った日本インカレ日本選手権高橋萌木子に次いで2位に終わるも、リレー要員として世界選手権代表に初選出された。7月の南部記念陸上では11秒64(追い風参考記録)で高橋と同タイムながら着差ありで優勝し、雪辱を果たした。

社会人になってから最初の大会となった2008年4月の織田記念陸上では100mで自己ベストの11秒42をマークしたが、チームメイトの福島千里が11秒36の日本タイ記録を樹立したため、2位であった。

その後、左脛の疲労骨折等の故障で3度の手術とリハビリテーションを経て2010年5月15日に開催された札幌市陸上競技協会主催の記録会(札幌市厚別公園陸上競技場)女子100mに出場、11秒94のタイムで1位となって競技復帰を果たした[2]

主な記録[編集]

  • いずれも100mの記録である。
大会 結果 記録 備考
2003 日本ジュニア選手権 1位 11秒71 追い風参考記録(+3.0m/s)
2003 インターハイ 1位 11秒73 高校歴代3位タイ(当時)
2003 国民体育大会 1位 11秒84
2004 日本選手権 8位 11秒92
2004 世界ジュニア選手権 6位 12秒00 準決勝
2005 日本インカレ 3位 12秒10
2005 国民体育大会 5位 12秒02
2005 東アジア大会 4位 12秒02
2006 織田記念陸上 3位 11秒84
2006 日本インカレ 1位 11秒68
2006 日本選手権 5位 11秒97
2006 スーパー陸上 3位 11秒78
2006 国民体育大会 2位 11秒72
2006 アジア大会 7位 11秒94
2007 静岡国際陸上 3位 11秒63
2007 大阪グランプリ 8位 11秒77
2007 日本インカレ 2位 11秒98
2007 日本選手権 2位 11秒66
2007 南部記念陸上 1位 11秒64 追い風参考記録(+3.0m/s)
2007 国民体育大会 3位 11秒77
2007 アジア選手権 8位 11秒76 追い風参考記録(+3.1m/s)
2008 織田記念陸上 2位 11秒42
2008 日本選手権 6位 11秒90
2009 織田記念陸上 4位 11秒53 追い風参考記録(+2.2m/s)
2009 大阪グランプリ 6位 11秒89

脚註[編集]

  1. ^ スポーツ報知 (2012年11月16日). “北風、陸上部後輩と入籍!挙式は来年11月…陸上”. 2013年11月17日閲覧。
  2. ^ スポーツ報知 (2010年5月16日). “北風トップで復活! 11秒94…女子100メートル”. 2013年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]