磯崎公美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
磯崎公美 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 磯崎公美
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
生年月日 1965年3月20日
生誕地 神奈川県
自己ベスト
100m 11秒78 (1988年)
200m 24秒00 (1982年)
400m 53秒73 (1982年)
 
獲得メダル
女子 陸上競技
日本の旗 日本
アジア大会
1982 ニューデリー 200m
1982 ニューデリー 400m
1982 ニューデリー 4x100mR
1982 ニューデリー 4x400mR
1986 ソウル 4x400mR
1986 ソウル 400m
アジア選手権
1985 ジャカルタ 4x400mR
1987 シンガポール 4x400mR
1987 シンガポール 200m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

磯崎 公美(いそざき ひろみ、1965年3月20日 - )は、日本の元陸上競技選手(短距離走)。女子200m400mの元日本記録保持者である。

略歴[編集]

神奈川県出身。小田原市立白鴎中学校時代まではバレーボールの選手だったが、中学3年生の時に神奈川県立山北高等学校の体育館でおこなわれた練習試合の際、同校の陸上部顧問教諭から素質を注目され、翌年進学すると陸上部に入部した[1]。高校3年の1982年に、インターハイ100m200m・400mの短距離3冠を達成。さらにニューデリーで開催されたアジア大会でも200m・400mに加え、4x100mリレーと4x400mリレーでも金メダルを獲得した。日本選手権では女子100mにおいて1度(1981年)、200mにおいては7度優勝(1981年、1982年、1984年-1988年)、400mにおいても2度の優勝(1983年、1987年)を誇った[2][3][4]

高校卒業後はナイキ・ジャパンに入社。1986年ソウルアジア大会では400mで銅メダルであった。

28歳の時に現役を引退[1]。引退後もナイキ・ジャパンで陸上関連の活動を続けている。

主要大会成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1982 第9回アジア競技大会 (en インドの旗 ニューデリー 200m 優勝 24秒22 日本記録
400m 優勝 54秒43
4x100mR 優勝 45秒13 (4走) アジア記録
4x400mR 優勝 3分37秒44 (4走) 日本記録
1985 第6回アジア選手権 (en インドネシアの旗 ジャカルタ 200m 8位 24秒62
4x100mR 6位 46秒37 (4走)
4x400mR 2位 3分39秒51 (2走)
1986 第10回アジア競技大会 (en 大韓民国の旗 ソウル 200m 5位 24秒20 (+0.18)
400m 3位 53秒76
4x100mR 5位 46秒30 (2走)
4x400mR 2位 3分39秒77 (4走)
1987 第7回アジア選手権 (en インドネシアの旗 ジャカルタ 200m 3位 24秒18
4x100mR 5位 45秒72 (4走)
4x400mR 2位 3分39秒70 (4走)
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[5]

日本選手権[編集]

  • 6位以内の成績を収めた大会を記載
大会 種目 結果 記録 備考
1981 第65回日本選手権 100m 優勝 12秒21 (-1.3)
200m 優勝 24秒63 (-2.3)
1982 第66回日本選手権 100m 2位 12秒11 (+0.9)
200m 優勝 24秒18 (+1.1) 日本記録
1983 第67回日本選手権 200m 2位 24秒62 (-0.3)
400m 優勝 55秒60
1984 第68回日本選手権 200m 優勝 24秒42 (+1.7)
1985 第69回日本選手権 200m 優勝 24秒69 (+0.2)
400m 4位 56秒33
1986 第70回日本選手権 200m 優勝 24秒29 (-1.4)
400m 2位 54秒83
1987 第71回日本選手権 200m 優勝 24秒43 (-0.8)
400m 優勝 54秒37
1988 第72回日本選手権 200m 優勝 24秒48 (-0.2)
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[6]

日本ランキング[編集]

  • 10位以内に入った記録を記載
  • 電動計時のランキングを記載
種目 ランク 記録 所属
1981 100m 4位 12秒04 山北高等学校
200m 3位 24秒57
400m 1位 54秒59
1982 100m 4位 11秒99 山北高等学校
200m 1位 24秒00
400m 1位 53秒73
1983 100m 4位 12秒02 ナイキ・ジャパン
200m 1位 24秒34
400m 2位 54秒81
1984 200m 1位 24秒42 ナイキ・ジャパン
400m 4位 55秒05
1985 100m 2位 11秒97 ナイキ・ジャパン
200m 1位 24秒52
1986 100m 8位 12秒09 ナイキ・ジャパン
200m 1位 24秒20
400m 1位 53秒76
1987 100m 1位 11秒92 ナイキ・ジャパン
200m 1位 24秒06
400m 2位 54秒37
1988 100m 1位 11秒78 ナイキ・ジャパン
200m 1位 24秒19
400m 7位 55秒58
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 開校70年記念 山北今昔 - 神奈川県立山北高等学校(「平成24年5月31日」の箇所を参照。中学3年時のエピソードは、同校の『創立50周年記念誌』からの引用)
  2. ^ 第93回日本陸上競技選手権大会 過去の優勝者・記録 財団法人日本陸上競技連盟 2012-02-28閲覧。
  3. ^ 第93回日本陸上競技選手権大会 過去の優勝者・記録 財団法人日本陸上競技連盟 2012-02-28閲覧。
  4. ^ 第93回日本陸上競技選手権大会 過去の優勝者・記録 財団法人日本陸上競技連盟 2012-02-28閲覧。
  5. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 国際競技会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 1061-1123頁。
  6. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 日本選手権大会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 869-946頁。
  7. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「年度別日本10傑」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 739-868頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
貝原澄子
(24秒27)
1980年9月20日
女子200m
日本記録保持者
(24秒18 - 24秒00)

1982年9月11日 - 1992年6月21日
次代:
柿沼和恵
(23秒85)
1992年6月21日
先代:
吉田淳子
(54秒89)
1981年6月5日
女子400m
日本記録保持者
(54秒59)

1981年10月15日 - 1982年5月23日
次代:
吉田淳子
(54秒06)
1982年5月23日
先代:
吉田淳子
(54秒06)
1982年5月23日
女子400m
日本記録保持者
(53秒73)

1982年10月5日 - 1992年9月18日
次代:
柿沼和恵
(53秒45)
1992年9月18日