久保田和恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久保田 和恵(くぼた かずえ、1972年 - )は、平成時代初期に活躍した陸上競技選手(スプリンター)。専門は400m。高校生で日本選手権を制した。

経歴[編集]

  • 1984年 小学校6年生の時、群馬県小学校陸上教室記録会にて、100mと400mリレー(アンカー)で優勝
  • 群馬女子短期大学附属高等学校(現高崎健康福祉大学高崎高等学校)入学後、吉沢賢二監督の下素質が開花
  • 1989年 日本選手権女子400mで高校二年生ながら優勝の快挙
  • 1990年 インターハイ400mで優勝。酷暑の中でタイムはジュニア歴代4位の54秒18
  • 全国高校女子駅伝4区でトップで襷を受け、2位との差を9秒から27秒に広げ、優勝を決定づけ、優勝を飾った
  • 万能選手として知られ、800mでも1990年8月25日に2分09秒07の好タイムを出している