高崎健康福祉大学高崎高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高崎健康福祉大学高崎高等学校
Takasaki highschool.jpg
過去の名称 群馬女子短期大学附属高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人高崎健康福祉大学
設立年月日 1936年
創立者 須藤いま子
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース
普通コース
体育コース
学期 2学期制
高校コード 10512A
所在地 370-0033
群馬県高崎市中大類町531
北緯36度19分23秒東経139度3分38秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

高崎健康福祉大学高崎高等学校(たかさきけんこうふくしだいがく たかさきこうとうがっこう)は、群馬県高崎市にある私立高等学校である。学校法人高崎健康福祉大学が設置する。略称は健大高崎(けんだいたかさき)。

概要[編集]

  • 全日制の普通科高校であり、2006年度からは、特進コース・大進コース・普通コース・アスリートコースでクラス編成されている。
  • 2000年度まで女子高校であった(通称“群女(ぐんじょ)”で知られていた)。
  • 各学年約500名で、13・14クラスが設けられている。
  • 校歌の作詞は冬杜花代子、作曲は坂田晃一が手掛けている。歌詞に「Be together」や「Wow wow」といった英語のフレーズが含まれていることから、本校は「印象的な校歌の高校」として知名度が高い[1]

沿革[編集]

  • 1936年 - 服装和洋裁女学院として創立。
  • 1954年 - 財団法人須藤学園を設立し、須藤高等技芸学校と改称。
  • 1966年 - 群馬女子短期大学を開校。
  • 1968年 - 群馬女子短期大学附属高等学校を開校。
  • 2001年 - 高崎健康福祉大学高崎高等学校と改称、男女共学に。
  • 2011年 - 第93回全国高等学校野球選手権大会で群馬県代表校として甲子園初出場。
  • 2012年 - センバツ高校野球で初出場。
  • 2014年 - 夏の甲子園で3年ぶり2回目の出場。
  • 2015年 - センバツ高校野球で3年ぶり2回目の出場。夏の甲子園で2年連続3回目の出場。
  • 2017年 - センバツ高校野球で2年ぶり3回目の出場。

学科[編集]

  • 普通科
    • 特別進学コース
    • 大進コース
    • 進学コース
    • アスリートコース

主な部活動[編集]

系列校との関連[編集]

高崎健康福祉大学への特別選抜制度があり、成績によっては入学金が免除(2分の1、あるいは4分の1)される。全学部学科が対象。

福祉大学の付属校でありながら、普通福祉類型以外で福祉に触れる授業は存在しなかったが、2006年度入学生より、特進コースと普通コースの総合進学類型において、社会福祉基礎の授業を選択できるようになった。また、医療先進国であるカナダに生徒を派遣する研修事業が2007年度より始まった。

制服[編集]

  • 制服と鞄と靴は森英恵のデザインで、女子のスカートは紺無地と赤茶系のチェックの2種類があり入学式や卒業式などの式典のときには紺無地を着用するようになっていた時期もあったが、現在では鞄と靴の指定は廃止され女子のスカートが赤茶系のチェックに統一された。
  • 冬服は、女子が紺のブレザーに赤系チェックのスカートに赤い大きめのリボンであったが、現在はリボンの大きさは一般的なサイズになった。男子は黒のブレザーに灰色チェックのズボンに赤系のネクタイである。
  • 夏服は、白地のチャック式のセーラーとグレー系のスカートであったが、現在は白いポロシャツにグレー地に赤いチェックのスカートになった。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]