埼玉県立大宮工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埼玉県立大宮工業高等学校
Saitama Prefectural Omiya Technical High School.JPG
過去の名称 大宮町立工業学校
埼玉県大宮工業学校
埼玉県大宮工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 埼玉県の旗 埼玉県
設立年月日 1925年5月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制・定時制
単位制・学年制 学年制
設置学科 機械科
電子機械科
電気科
建築科
高校コード 11143A
所在地 331-0802
埼玉県さいたま市北区本郷町1970
北緯35度56分53.6秒東経139度37分40.2秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

埼玉県立大宮工業高等学校(さいたまけんりつおおみやこうぎょうこうとうがっこう)は、埼玉県さいたま市北区に所在する男女共学の工業高等学校である。略称は大宮工校と呼び名を区別するため「みやこう」と呼称される。

概要[編集]

全日制は2年生から4科とも「専門コース」と「カレッジコース」に分かれる。
専門コースでは専門的知識・技術を深め、カレッジコースでは理工系の大学進学に対応する。

近年の全日制の卒業生の進路は、就職が最も多く約6割、大学は約2割、専門学校は約1割となっている。

定時制は2000年から単位制を導入し、工業技術科での募集だが、興味・関心に応じて機械・建築の科目が選択で学習できるように、1・2年では全員共通科目を学び、3年・4年で「機械コース」と「建築コース」の2つに分かれる。

設置学科[編集]

  • 全日制
    • 機械科
    • 電子機械科
    • 電気科
    • 建築科
  • 定時制(単位制)
    • 工業技術科
      • 機械コース
      • 建築コース

沿革[編集]

  • 1925年 - 大宮町立工業学校として授業を開始。のちに正式に設立認可(定時制) 。
  • 1928年 - 同窓会組織として大宮工業会発足。
  • 1935年 - 全日制設置、大宮町大宮2857番地の新校舎へ移転。
  • 1938年 - 埼玉県大宮工業学校に改称。
  • 1948年 - 埼玉県大宮工業高等学校と改称。
  • 1949年 - 電気科設置。
  • 1950年 - 大宮市大字櫛引の新校舎へ移転。
  • 1952年 - 建築科を設置。
  • 1963年 - 埼玉県に移管。埼玉県立大宮工業高等学校に改称。
  • 1968年 - 第40回選抜高等学校野球大会初出場初優勝。
  • 1980年 - 大宮市本郷町の新校舎(現在地)に移転。
  • 1982年 - 全日制を男女共学とする。
  • 1990年 - 全日制に電子機械科設置。
  • 2000年 - 定時制に単位制を導入し、工業技術科を設置。

学校行事[編集]

全日制には競歩大会があり、西遊馬運動公園(さいたま市)で開催される。男女とも15㎞を徒歩やジョギング、またはランニングで制限時間3時間以内でゴールしなければならない。

クラブ[編集]

運動部[編集]

野球部、柔道部、剣道部、自転車競技部、ソフトボール部男女、硬式テニス部、ソフトテニス部、サッカー部、陸上競技部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、卓球部、山学[1]釣り部、ボウリング

野球部[編集]

野球部は春・夏1回ずつ甲子園出場経験があり、1968年の第40回選抜高等学校野球大会で初出場・初優勝を飾り、埼玉県初の春の選抜大会優勝校となった。

文化部[編集]

音楽部、建築研究部、コンピュータ部、写真部、新聞部、美術部、内燃部、文芸部、ラジオ

交通[編集]

おもな卒業生[編集]

プロ野球選手[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「山を学び山で学ぶ」をモットーとして活動しているので、「山岳」ではなくあえて「山学」と表記する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]