上宮高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上宮高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人上宮学園
校訓 正思明行
設立年月日 1948年昭和23年)4月1日
創立者 浄土宗
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 27525F
所在地 543-0037

北緯34度39分44.4秒 東経135度31分14.7秒 / 北緯34.662333度 東経135.520750度 / 34.662333; 135.520750座標: 北緯34度39分44.4秒 東経135度31分14.7秒 / 北緯34.662333度 東経135.520750度 / 34.662333; 135.520750
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

上宮高等学校(うえのみや こうとうがっこう、: Uenomiya Senior High School)は、大阪府大阪市天王寺区上之宮町にある私立高等学校浄土宗の支校を源流とする大阪で最古の私学で、長らく男子校だった。併設「上宮中学校」は廃止され、2018年平成30年)新たに上宮学園中学校が開校した。設置者は学校法人上宮学園。

兄弟校として上宮太子高等学校(大阪府南河内郡太子町)が、姉妹校として東山中学校・高等学校京都府)、鎮西中学校・高等学校熊本県)、酒田南高等学校山形県)などがある。

概要[編集]

浄土宗知恩院派によって1890年明治23年)創立の浄土宗教校大阪校を前身としている。1912年(明治45年)3月に旧制中学校として設立を文部省から認可(告示第86号[1])。太平洋戦争後の学制改革に伴う新制の高等学校として1948年昭和23年)に設置された。

校舎(本館および新校舎)は、大阪府近代化遺産(建造物等)となっている。図書館は府内の学校でも5本の指に入る広さと5万冊を超える蔵書数(年2回新しい本を約1000冊購入している)。江戸時代の掛け軸など多数の歴史的学術資料を有している。

織田作之助の文学にも登場する。2007年春には、直木賞作家司馬遼太郎の在校時の作品が発見された。

大阪府内でも珍しい屋内プールがあり、水泳活動が年中できる。

2011年度より男女共学に移行した。

沿革[編集]

かつて高安高等学校・中学校という系列校が存在したが、戦後まもなく廃校となっている。併設の「上宮中学校」と系列の「上宮太子中学校」の廃校の詳細については、上宮学園中学校を参照。

年表[編集]

基礎データ[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道
バス

象徴[編集]

校訓・学順
  • 校訓は「正思明行」(せいしめいこう)で、「正しく考え、明らかに行動する」という意味である[3]
  • 学順とは、上宮独自の教訓のことである。

一に掃除、二に勤行、三に学問」であり、身の回りを学習に専念できる環境に整えてから、学問に励む、という意味である[3]。 勤行の読み方は上宮内だけの特殊な読み方で「ごんぎょう」ではなく「きんぎょう」である。

校歌

浄土宗宗歌と同じく法然上人の詠んだ歌で、「月影」と呼ばれており、日本で一番短い校歌としても有名でテレビで取り上げられたこともある[3]

「月影の いたらぬ里は なけれども 眺むる人の 心にぞ澄む」

校内では毎朝8時20分に月影が流れ、5分後の8時25分には月影 鐘verが流れている。

制服

2020年(令和2年)制服のデザインを変更。男子の制服は紺色のブレザーとネクタイとなった[4]。それ以前は幾度もリニューアルされており、男女共学化に合わせて2011年に男子の制服をダークグレーに変更。それ以前は灰色で、2008年度入学生までは黒の詰襟だった。

設置学科・コース[編集]

  • 普通科
    • パワーコース - 難関国立大学進学を目指す[4]
    • 英数コース - 国公立大学進学を目指す[4]
    • プレップコース - 「高校・大学連携入試」や「指定校制推薦入試」を活用[4]

部活動[編集]

硬式野球部は、1989年(平成元年)春夏連続で甲子園に出場し、には準優勝、1993年第65回選抜高等学校大会で優勝している。ダンス部も春の日本高校ダンス部選手権2016年2017年入賞、2018年第3位、優秀賞)や、冬の日本高校ダンス部選手権2013年全国準優勝)などの実績がある。

また、日本の中学校、高等学校で初のクリケットチームが創設され、国際大会に選出。2014年冬季五輪ソチオリンピックでは、3年生の平岡卓スノーボード男子ハーフパイプで銅メダルを獲得している[5]

そのほか全国大会で活躍のクラブ活動としては、剣道部、ソフトテニス部(2010年、2015年インターハイ全国優勝)、フェンシング部、水泳部、柔道部、バレーボール部(1990年インターハイ全国優勝)などがある。

学校行事[編集]

修学旅行は、オーストラリア4 - 5泊6日。かつて英数コースと総合(プレップ)コースはドイツ4 - 5泊6日、六カ年一貫コースはチェコ・ドイツ5 - 6泊7日だったが、テロ等の安全面から変更した。パワーコースは研究旅行としてイギリスボストン(変更無し)。かつて中国やイギリス・フランスだった時代もある。

不祥事[編集]

2012年夏、夏山山行の合宿のため奈良県を訪れていた山岳アウトドア部の生徒、引率教員合わせて12名が、下山予定時刻を過ぎても帰宅せず連絡が取れなくなるという事件があり、マスコミ各社にも取り上げられた。

学園関係者と組織[編集]

関連団体及び会[編集]

  • 上宮高等学校同窓会 - 同窓会。固有の団体名は無し。
  • 上宮剣道部OB会
  • 上宮水泳部OB会(上泳会)
  • 上宮ラグビー部OB会(南野ビル ラグビー部マーラー)
  • 上宮紳士の会

関係者一覧[編集]

政治
経済
文化
芸能
スポーツ
野球


その他スポーツ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]