市原圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市原 圭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府河内長野市
生年月日 (1973-09-08) 1973年9月8日(46歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 1991年 ドラフト8位
初出場 1995年9月26日
最終出場 2001年10月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

市原 圭(いちはら けい、1973年9月8日 - )は、大阪府河内長野市出身の元プロ野球選手内野手)。

父の市原稔もプロ野球選手(南海ホークス所属)で、後に南海・阪神近鉄で通訳・コーチ・渉外担当などを歴任していた[1]

来歴・人物[編集]

上宮高校では薮田安彦中村豊とチームメイトで、1年時には夏の甲子園大会で控え選手として出場経験がある[1]1991年のドラフト8位でダイエーに入団[1]

一軍未出場のまま1993年オフにダイエーを自由契約となり、入団テストを受け中日ドラゴンズに移籍[1]。主に代走、守備固め要員として活躍した。両打ちに挑戦していた時期があり、1995年のプロ初安打も左打席で放っている。1996年は18試合の出場にとどまっているが、8月11日にはダネル・コールズの守備固めとして三塁の守備に就き、野口茂樹がノーヒットノーランを達成した瞬間をグラウンドで迎えた。

1998年途中、父・稔が球団編成次長を務めている大阪近鉄バファローズに金銭トレードにて移籍。2002年に自由契約となり、引退した[1]

引退後は広告代理業のタイディプロモーションを経て[2]、大阪市内で飲食店を経営している[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 中日 10 18 17 3 4 0 0 0 4 0 1 0 0 0 1 0 0 6 1 .235 .278 .235 .513
1996 18 6 6 6 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1997 22 7 7 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2000 近鉄 4 1 1 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
2001 29 10 6 7 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 0 1 1 1 .000 .300 .000 .300
通算:5年 83 42 37 20 5 0 0 0 5 1 3 2 0 1 3 0 1 9 2 .135 .214 .135 .349

記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (1992年 - 1993年)
  • 69 (1994年 - 1998年途中)
  • 45 (1998年途中 - 2002年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、49ページ
  2. ^ a b 市原圭インタビュー”. 真木将樹が運営するサイト ドリームネクスト. 2014年7月11日閲覧。