作山和英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
作山 和英
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県相馬市
生年月日 (1969-06-04) 1969年6月4日(49歳)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト2位
初出場 1992年4月7日
最終出場 1992年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

作山 和英(さくやま かずひで、1969年6月4日 - )は、福島県相馬市[1]出身の元プロ野球選手投手)。大小のスライダーを武器とした。

来歴・人物[編集]

学校法人石川高等学校では、2年生時の1986年夏の甲子園に控え投手として出場。2回戦(初戦)で東洋大姫路高長谷川滋利島尾康史の継投に抑えられ敗退。この試合ではリリーフとして起用され甲子園初登板を果たす。翌1987年春の選抜にも出場。1回戦で先発するが池田高に敗れる。高校同期に伊藤博康諸積兼司がいた[1]

伊藤とともに東北福祉大学に進学[1]仙台六大学野球リーグでは在学中7回優勝。1991年全日本大学野球選手権大会では決勝で関大と対戦。延長17回の熱戦を制し優勝投手となる。同年は大学の同期である斎藤隆浜名千広らとともに日米大学野球選手権大会にも出場した[2]

同年のドラフトで2位指名され[1]、浜名とともにダイエーホークスに入団。しかしあまり活躍の場はなく、翌1993年戦力外通告を受けて現役を引退した。

1994年以降、福岡ダイエー・ソフトバンクの北海道・東北地区担当スカウトとして活動している[1]。担当した選手は中村晃[3]攝津正[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1992 ダイエー 9 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 44 8.1 13 2 6 0 0 2 0 0 9 8 8.64 2.28
通算:1年 9 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 44 8.1 13 2 6 0 0 2 0 0 9 8 8.64 2.28

記録[編集]

背番号[編集]

  • 10 (1992年 - 1993年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、245ページ
  2. ^ 第20回日米大学野球選手権大会 オールジャパンメンバー”. 公益財団法人全日本大学野球連盟. 2017年5月14日閲覧。
  3. ^ 2007/10/12付 西日本スポーツ
  4. ^ JR東日本の摂津投手がソフトBと仮契約

関連項目[編集]

外部リンク[編集]