城戸淳二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
城戸淳二
生誕 (1959-02-11) 1959年2月11日(58歳)
日本の旗 日本大阪府東大阪市
国籍 日本の旗 日本
業績
専門分野 分子工学
所属機関 山形大学工学部
成果 有機エレクトロルミネッセンスの発明・開発

城戸 淳二(きど じゅんじ、昭和34年(1959年)2月11日 - )は、日本の高分子工学者。山形大学教授有機エレクトロルミネッセンス(有機EL)の発明・開発者として知られる。

来歴・人物[編集]

大阪府東大阪市出身。東大阪市立長瀬東小学校卒業。早稲田大学に入学するもスキーにかまけて卒業研究まで勉学をおろそかにしており、卒業研究の指導教官の土田英俊教授から「キド君は希土類をやれ」と語呂合わせを言われて今に至る。1984年に早稲田大学理工学部を卒業後、土田教授の勧めでニューヨークポリテクニック大学英語版大学院に留学する。

平成元年(1989年)山形大学工学部助手となり、平成5年(1993年)に初の白色有機ELの開発に成功した。赤色有機ELの作成実験を学生に行わせた所、学生が材料の濃度を間違えて指示より薄くしてしまい、その結果出来た物が白味掛かった淡いピンク色だったのが発端だった。[1]

略歴[編集]

  • 昭和59年(1984年):早稲田大学理工学部応用化学科卒業。ニューヨークポリテクニック大学大学院へ留学。
  • 平成元年(1989年):山形大学工学部高分子化学科助手。
  • 平成2年(1990年):米国ブルックヘブン国立研究所客員研究員。
  • 平成7年(1995年):物質工学科助教授。
  • 平成14年(2002年):機能高分子工学科教授。経済産業省・NEDO「高効率有機デバイスの開発」プロジェクト研究総括責任者。
  • 平成15年(2003年):山形県産業技術振興機構 有機エレクトロニクス研究所所長。
  • 平成16年(2004年):NEDO「照明用高効率有機EL技術の研究開発」プロジェクト研究総括責任者。
  • 平成25年(2013年):紫綬褒章受章。


参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]