藤原賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原賞(ふじはらしょう、Fujihara Award)は、藤原銀次郎によって1959年に設立された藤原科学財団が授与する科学技術の賞。 日本国内の科学技術の発展に卓越した貢献をした科学者の顕彰を目的とする。

受賞者[編集]

1960年代[編集]

年度 受賞者 受賞対象研究テーマ
1960 藪田貞治郎
住木諭介
林武
ジベレリンの研究
1961 熊谷寛夫
真田順平
諏訪繁樹
林厳雄
松田一久
佐治淑夫
西村奎吾
可変エネルギーサイクロトロンの設計建設
1962 吉田富三
桜井欽夫
井坂英彦
佐藤博
小田嶋成和
の発生、成長並びに治療に関する基礎的研究
1963 田宮博 光合成微生物クロレラの研究
1964 吉田耕作
田辺広城
伊藤清三
藤田宏
解析的半群の理論および応用
1965 仁田勇 有機化合物結晶化学
1966 坂口謹一郎 微生物による発酵生産物に関する基礎的研究
1967 落合英二 芳香族第三級アミンN-オキシドに関する研究
1968 吉識雅夫
金沢武
構造用鋼板の脆性破壊の研究
1969 小林貞一 アジア太平洋地域、特に東アジアの古期古生界の地史学的古生物学的研究

1970年代[編集]

年度 受賞者 受賞対象研究テーマ
1970 久保亮五 物性基礎論とくに統計力学および確率過程論に関する研究
1971 梅沢浜夫 抗生物質の研究新領域の開拓と有用新物質
1972 花岡達郎 波浪中の船の運動に関する理論的研究
1973 森野米三 分子構造の研究
1974 小谷正雄 分子物理学および生物物理学の基礎的研究
富田恒男 網膜における情報処理機構の研究
1975 小平邦彦 複素多様体の理論特に変形理論と複素解析曲面論の研究
早石修
杉村隆
POLY(ADP-RIB)の発見、その合成分解酵素、生物学的意義に関する研究
1976 岡小天 高分子物理学、特に生物レオロジーの研究
岡林篤 遷延感作の病理
1977 永宮健夫 磁性体の理論的研究
平田義正 天然微量有機化合物の構造研究
1978 古川淳二 高分子合成化学、特に新重合触媒に関する研究
岡本耕造 高血圧および脳卒中のモデル動物の生成とその応用研究
1979 岩澤健吉 整数論の位相的方法による研究ならびにZl拡大の研究
岡田善雄 HVJによる細胞融合現象の発見と研究

1980年代[編集]

年度 受賞者 受賞対象研究テーマ
1980 伏見康治 統計力学およびプラズマ物理学の研究
亀谷哲治 生理活性天然有機化合物の合成研究
1981 戸田盛和 戸田格子の研究
伊藤正男 小脳の運動学習の神経機構
1982 岡本舜三 土木耐震工学に関する研究
梅澤純夫 アミノ配糖体抗生物質に関する合成的研究
1983 関集三 固体の状態変化に関する構造熱力学的研究
萬年甫 神経細胞の形態・生物学的研究
1984 近藤淳 近藤効果を中心とする金属電子論の研究
有馬啓 微生物の新機能の開発に関する研究
1985 伊藤清 確率過程、特に確率解析の理論の研究
大沢文夫 生体運動の生物物理学的研究
1986 岩崎俊一 高密度電磁記録、特に垂直電磁記録方式の研究
廣田幸敬 細菌細胞分裂遺伝子の研究ならびに大腸菌突然変異バンクの創設
1987 佐藤幹夫 代数解析、特に 無限次元グラスマン多様体によるソリトン方程式の解析
向山光昭 有機合成化学の新手法開拓に関する研究
1988 西川哲治 高エネルギー加速器科学の開拓
永井克孝 生理活性ガングリオシドの研究
1989 丸尾孟 船舶流体力学における自由表面流問題に関する研究
井口洋夫 有機半導体導体および超伝導体の研究

1990年代[編集]

年度 受賞者 受賞対象研究テーマ
1990 竹崎正道 フォン・ノイマン環の構造解析
西村暹 移転RNAの構造と機能及びその分子進化
1991 伊達宗行 超強磁場の生成と物性科学への応用
大越孝敬 マイクロ波及び光波エレクトロニクスの研究
1992 樋口隆昌 リグニン生化学生合成と微生物分解機構の解明
山田英智 細胞・組織機能の微細構造的基礎の確立
1993 宇津徳治 日本周辺の地震活動と地下構造に対する研究
高木俊宣 イオン工学技術の発展
1994 山崎敏光 素粒子ビームによる広域科学の開拓
又賀昇 励起分子錯体の科学の開拓と確立
1995 志村五郎 アーベル多様体虚数乗法論志村多様体の構成
大村智 有用かつ特異生物活性を有する微生物代謝産物の発見
1996 鈴木昭憲 昆虫神経ペプチドに関する化学的・分子生物学的研究
谷口維紹 サイトカインの構造と機能に関する先駆的研究
1997 小柴昌俊 超新星ニュートリノの観測によるニュートリノ天文学の創始
正宗悟 有機合成化学における新方法論と新概念の構築
1998 岩村秀 有機フリーラジカルの集積・組織化による分子性磁性体の構築の研究
森謙治 フェロモンを中心とする微量生物活性天然物の合成研究
1999 金森順次郎 固体中のd電子状態の理論
廣川信隆 細胞骨格の分子細胞生物学、細胞の形作りと細胞内物質輸送の分子機構の研究

2000年代[編集]

年度 受賞者 受賞対象研究テーマ
2000 榊裕之 半導体量子構造による電子制御と素子機能創出の研究
関谷剛男 DNA塩基配列変化の迅速検出法の開発とヒト癌における遺伝子異常の把握
2001 西村純 高エネルギー宇宙線現象の研究及び宇宙観測用気球システムの研究
小池康博 フォトニクスポリマーの基礎的研究と機能創出
2002 戸塚洋二 大気および太陽ニュートリノの観測によるニュートリノ振動の発見
赤崎勇 高品質窒化物半導体単結晶の創製とp-n接合青色発光素子の実現
2003 伊賀健一 面発光半導体レーザの先駆的研究
三品昌美 神経情報伝達と脳可塑性の分子機構に関する先駆的研究
2004 森重文 高次元双有理幾何学理論の建設
平野俊夫 サイトカインの分子生物学的研究
2005 岡本佳男 キラル高分子の精密合成と機能開発
大隅良典 オートファジーの分子細胞生物学的研究
2006 村井眞二 有機合成化学における革新的合成方法の開拓
岡田典弘 生物進化の機構解明
2007 飯島澄男 少数原子集団の構造解析とカーボンナノチューブの発見
荒川泰彦 量子ドット半導体レーザの概念創出とその実現に関する先駆的研究
2008 柏原正樹 D-加群の理論の構築とその応用
竜田邦明 多様な天然生理活性物質の全合成と劇薬研究
2009 細野秀雄 酸化物をベースとする革新的電子機能材料の創成
二井將光 生体エネルギー産生機構の研究

2010年代[編集]

年度 受賞者 受賞対象研究テーマ
2010 平間正博 シガトキシンの全合成を中心とする生理活性天然物の総合的研究
宮園浩平 TGF-βファミリーのシグナル系を基軸とした分子医学への貢献
2011 十倉好紀 物質中の巨大な電気磁気応答の創成
相田卓三 次元・階層構造の精密設計による革新的高分子物質の創成
2012 深谷賢治 位相的場の理論の幾何学的実現とその数学的基礎理論の構築
山本尚 分子性酸触媒の開発
2013 香取秀俊 光格子時計の発明と実現による高精度原子時計技術の開発
宮脇敦史 革新的バイオイメージング技術の開発研究
2014 中村栄一 精密分子設計に基づく分子科学・技術のフロンティアの開拓
宮下保司 認知記憶メカニズムの解明
2015 中沢正隆 エルビウム光ファイバー増幅器の先駆的研究開発と光通信の高度化に関する多大な貢献
横山茂之 転写・翻訳の構造基盤の解明と応用
2016 廣瀬敬 地球深部の物質とダイナミクスの解明
藤吉好則 膜タンパク質の構造と機能研究
2017 北川進 多孔性配位高分子の創製と機能開発
磯貝明 完全分散化CNFの開発
2018 永長直人 固体におけるトポロジカル物性の理論的研究
門脇孝 2型糖尿病・メタボリックシンドロームの分子基盤に関する研究

その他[編集]

出典[編集]