福田進一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 進一(ふくだ しんいち、1955年12月25日 - ) は、日本のクラシックギター奏者。大阪府生まれ。

オフィシャルサイト

https://shin-ichi-fukuda.themedia.jp/

人物・来歴[編集]

大阪にて、斎藤達也にギターの手ほどきをうける。

上宮高等学校卒業を経て関西大学商学部中退後[1]パリに留学。エコール・ノルマル音楽院にてアルベルト・ポンセに師事し、同音楽院を首席で卒業。イタリアキジアーナ音楽院にて最優秀ディプロマを取得。1981年にパリ国際ギターコンクールで優勝。それ以降、ソリストとして世界各地で公演やマスタークラスを開催するとともに、様々なオーケストラとも共演を行っているギタリストである。

フルートの工藤重典佐久間由美子、チェロの長谷川陽子、ヴァイオリンの森下幸路、ジャズギターの渡辺香津美など、他ジャンルや他楽器の音楽家との共演も数多く、クラシック音楽界に幅広く認知されている。

また、教育者としても、鈴木大介村治佳織村治奏一大萩康司松尾俊介らの若手を育てており、現在は大阪音楽大学客員教授[2]エリザベト音楽大学客員教授。

クラシックギター界自体は、必ずしもスポットのあたるジャンルでは無いが、福田自身は度々メディアに登場し、特にNHKの番組ではライブ等を披露する事がある。演奏は言うまでもなく、大阪出身ならではの軽快なトークもまた格別である。フランス滞在期間が長いものの、南米の音楽にも造詣が深く、ヴィラ=ロボス「ショーロス No.1」はテレビで度々披露される。

ルネサンス音楽から現代音楽まで驚異的な数のレパートリーを持つだけでなく、野平一郎『アラベスクⅣ』、レオ・ブローウェル『悲歌』『ハープと影』、セルジオ・アサド『ソナタ』など、自身に献呈された楽曲も多い。

1999年、NHKでB'zのギタリスト松本孝弘の特集番組の中で、彼のトーク相手として福田進一が選ばれ、ギターについての各々の想いを語り合っていた。そこで両者は、ビブラート等の心で演奏するギターの価値について熱く語っていた。この収録においては、松本孝弘が当時福田が愛用していたギター(ロベール・ブーシェ作)を借用し、即興演奏をしていた(エレキ&フォークギターに当然ついているフレットポジションマークが、伝統的にクラシックギターにはつけられていないため、フィンガリングに苦笑する一幕もみられた)。

2007年、外務大臣表彰を受賞。

2012年芸術選奨文部科学大臣賞音楽部門受賞。

2019年7月18日に開設した新しいホームページ[1]における最新プロフィールは以下の通り

1955年大阪船場に生まれる。11才より故斎藤達也(1942-2006)に師事。77年に渡仏し、アルベルト・ポンセ、オスカー・ギリアの両名教授に師事した後、81年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝、さらに内外で賞歴を重ねた。以後35年に亘り、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協演、エドゥアルド・フェルナンデスとのデュオをはじめとする超一流ソリストとの共演など、福田の活動は留まることを知らない。今世紀に入り、既に世界数十カ国の主要都市に招かれ、リサイタル、マスタークラスを開催。

[中略]


キューバの巨匠レオ・ブローウェルから協奏曲「コンチェルト・ダ・レクイエム」を献呈され、08年にライン州立響と世界初演。続いて作曲家自身の指揮によりコルドバ管弦楽団(スペイン)と再演、さらに、11年にはサンパウロ交響楽団(ブラジル)との南米初演など世界各地で大成功を収め、フェルナンデスとの共演で、ブローウェルの2つのギターのための「旅人たちのソナタ」を世界初演。12年には、ドイツ、台湾、キューバ、カナダ、北米へツアー。13年夏には北カリフォルニアのメンドシーノ音楽祭で「アランフェス協奏曲」、武満「夢の縁へ」を演奏。14年はアリカンテ大学(スペイン)でギターマスターの客員教授、さらに14年と16年にセビリア国際ギターフェスティバルのメインゲストに招待された。

17年からウィーンフィル元コンサートマスター、ライナー・キュッヒルとの演奏活動を開始。

18年4月には全米6都市でのソロ・コンサートツアーで好評を博した。

2019年3月にはモスクワ・チャイコフスキーホールで、ロシア国立スヴェトラーノフ交響楽団と共演、8月にはブローウェルと共に台北国際ギターフェスティバルに参加。9月にはジュネーヴ、パリなどのヨーロッパ・ツアーも予定されている。

また、2019年11月公開の映画「マチネの終わりに」(監督:西谷弘、主演:福山雅治、原作:平野啓一郎)ではクラシックギター監修を務めている。

ディスコグラフィーは既に90枚を超え、近年ではスペイン音楽第2集「セビリア風幻想曲」が平成15年度第58回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。07年「福田進一・アランフェス協奏曲」(日本コロムビア)、10年より近代ギター音楽の父、タレガの作品集(マイスターミュージック)を連続リリース。11年秋からは「バッハ作品集」のシリーズを開始し、19年にはチェロ組曲全曲を含む全6集を完結予定。さらに、世界レーベルNAXOSから「現代日本のギター音楽」シリーズをスタートし、18年8月には第4集がリリースされた。

17年には自伝的エッセイ「6弦上のアリア」を上梓。

平成19年度、日本の優れた音楽文化を世界に紹介した功績により「外務大臣表彰」を受賞。さらに平成23年度の芸術選奨「文部科学大臣賞」を受賞した。

上海音楽院、大阪音楽大学、広島エリザベト音楽大学、昭和音楽大学、各音大のギター科客員教授。さらに東京、アレッサンドリア、ハインスベルグ、コブレンツ、全米ギター協会など、主要国際ギターコンクールの審査員を歴任している。



脚注[編集]

外部リンク[編集]