福田進一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福田 進一(ふくだ しんいち、1955年12月25日 - ) は、日本のクラシックギター奏者。大阪府生まれ。

人物・来歴[編集]

大阪にて、斎藤達也にギターの手ほどきをうける。

上宮高等学校卒業後パリに留学、エコール・ノルマル音楽院にてアルベルト・ポンセに師事し、同音楽院を首席で卒業。イタリアキジアーナ音楽院にて最優秀ディプロマを取得。1981年にパリ国際ギターコンクールで優勝。それ以降、ソリストとして世界各地で公演やマスタークラスを開催するとともに、様々なオーケストラとも共演を行っている、日本を代表するギタリストである。

フルートの工藤重典佐久間由美子、チェロの長谷川陽子、ヴァイオリンの森下幸路、ジャズギターの渡辺香津美など、他ジャンルや他楽器の音楽家との共演も数多く、クラシック音楽界に幅広く認知されている音楽家である。

また、教育者としても、鈴木大介村治佳織村治奏一大萩康司松尾俊介らの若手を育てており、現在は大阪音楽大学客員教授[1]エリザベト音楽大学客員教授。

クラシックギター界自体は、必ずしもスポットのあたるジャンルでは無いが、福田自身は度々メディアに登場し、特にNHKの番組ではライブ等を披露する事がある。演奏は言うまでもなく、大阪出身ならではの軽快なトークもまた格別である。フランス滞在期間が長いものの、南米の音楽にも造詣が深く、ヴィラ=ロボス「ショーロス No.1」はテレビで度々披露される。

ルネサンス音楽から現代音楽まで驚異的な数のレパートリーを持つだけでなく、野平一郎『アラベスクⅣ』、レオ・ブローウェル『悲歌』『ハープと影』、セルジオ・アサド『ソナタ』など、自身に献呈された楽曲も多い。

1999年、NHKでB'zのギタリスト松本孝弘の特集番組の中で、彼のトーク相手として福田進一が選ばれ、ギターについての各々の想いを語り合っていた。そこで両者は、ビブラート等の心で演奏するギターの価値について熱く語っていた。

2012年芸術選奨文部科学大臣賞音楽部門受賞。

脚注[編集]

  1. ^ 大阪音楽大学教員情報

外部リンク[編集]