常葉大学附属菊川中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
常葉大学附属菊川中学校・高等学校
過去の名称 常葉短期大学付属菊川高等学校
常葉学園菊川中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人常葉大学
設立年月日 1972年6月8日
創立記念日 6月8日
創立者 木宮泰彦
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
設置学科 普通科
(特進A,S,I,II,普通進学)
美術デザイン科
学期 3学期制
高校コード 22530E
所在地 439-0019
静岡県菊川市半済1550
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

常葉大学附属菊川中学校・高等学校(とこはだいがくふぞくきくがわちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、静岡県菊川市半済にある私立中高一貫校。男女比は4:6で生徒数は約1100人。

概要[編集]

沿革[編集]

学校行事[編集]

  • 1年生と2年生は静岡市内にある之山禅堂(研修センター)に3泊4日の研修に行く[要出典]時期は年度によって異なる[要出典]
  • 修学旅行は普通科はオーストラリアケアンズで美術デザイン科は信州フランスパリへ行く[要出典]
  • 3年に一度、常葉学園連合体育祭と日本国際青少年音楽祭が行われている[要出典]この二つは同年にあるのではなく、連合体育祭の翌年に日本国際青少年音楽祭が行われる[要出典]。また連合体育祭は学園傘下の幼稚園から小学校、中学校、高等学校、専門学校、大学及び短期大学の全校が草薙競技場に集まって開催され、およそ1万人の学生と教員が参加する[要出典]日本国際青少年音楽祭は、1979年(昭和54年)に第1回を開催し以後3年毎に常葉学園が主催となって世界各国の音楽楽団を招いて行う[要出典]

部活動成績[編集]

野球部[編集]

春4回 夏6回 神宮1回 計11回

全国高等学校野球選手権大会成績[編集]

1996年 第78回全国高等学校野球選手権大会
2007年 第89回全国高等学校野球選手権大会
2008年 第90回全国高等学校野球選手権記念大会
2013年 第95回全国高等学校野球選手権大会
2016年 第98回全国高等学校野球選手権大会
2018年 第100回全国高等学校野球選手権大会

選抜高等学校野球大会成績[編集]

2007年4月4日静岡県菊川市にて第79回選抜高等学校野球大会優勝報告。この直後、日本学生野球憲章第13条に違反する部員を多数在籍させていたことが発覚する
2004年 第76回選抜高等学校野球大会
2007年 第79回選抜高等学校野球大会
2008年 第80回選抜高等学校野球大会
2013年 第85回記念選抜高等学校野球大会

明治神宮野球大会成績[編集]

2007年 第38回明治神宮野球大会

ソフトボール部[編集]

全国選抜大会
  • 2005年 - 準優勝
  • 2006年 - 準優勝
西部高校総体

陸上部[編集]

女子第19回全国高校駅伝競走大会
  • 2007年 - 28位(1時間11分54秒)
東海高校駅伝
2007年 - 女子4位

空手部[編集]

全国空手道選手権大会
  • 2007年 - 出場
2007年第26回全国高校空手道選抜大会
  • 女子団体組手 - ベスト8
  • 男子団体組手 - ベスト8
2007年インターハイ
  • 男子団体組手 - 優勝
  • 女子個人組手 - 優勝
  • 女子団体組手 - 準優勝

2017年 全国大会出場

部活動[編集]

  • 運動部
  • 硬式野球
  • ソフトボール
  • 陸上
  • サッカー
  • テニス
  • 硬式テニス
  • バスケットボール
  • バレーボール
  • 剣道
  • 空手
  • 水泳


  • 文化部
  • 華道
  • 茶道
  • 書道
  • 写真
  • 放送
  • 演劇
  • 美術
  • ダンスドリル(ダンス部、チアリーダーズ部)
  • 吹奏楽
  • 生活化学
  • 将棋
  • 文芸
  • 音楽
  • ビデオ鑑賞


設置学科[編集]

  • 普通科
    • 特進A
    • 特進S (中高一貫クラス)
    • 特進I
    • 特進II
    • 普通進学
  • 美術・デザイン科

美術・デザイン科[編集]

  • 普通科とは別の建物で授業を行う[要出典]1年生は共通の課題で美術の授業を行うが、2年生からは油絵彫刻デザイン日本画のうち1つを専攻として選択し、専攻別に異なる教室アトリエ)で授業を行う[要出典]デザインを専攻する生徒が多い傾向がある[要出典])。
  • ほぼ毎年、武蔵野美術大学多摩美術大学等の有名美術大学に何名か進学している[要出典]
  • 普通科とは教科科目によっては授業の進行具合が異なることがあるため、一部の教科・科目の定期試験は普通科と異なった内容で実施する場合がある[要出典]美術史の定期試験はレポートの様な形式で行われる[要出典]
  • 基本的に放課後は学年別に用意された教室(アトリエ)で生徒が自由に残ってデッサンや授業課題の進行を行えるようになっている[要出典]夏休みなどの長期休業時には、希望した生徒のみ実技補講としてデッサンや学科補講に参加することが出来る[要出典]
  • 美術という学科のせいか生徒の比率は女子が圧倒的に多く、毎年入学する男子生徒は10名程度と少ない傾向にある[要出典]

附属施設[編集]

常葉美術館[編集]

菊川キャンパス内に本格的な美術館として[要出典]1977年(昭和52年)に創設。美術・デザイン科がある建物と一体となっている[要出典]平常時は館の所蔵品を陳列する一方で、春秋の二期には特別記念展を、年末には同校の美術・デザイン科の3年生による卒業制作展を開催し[要出典]静岡県美術文化向上に大きく貢献している[要出典]常葉学園大学には造形学部・菊川高等学校に美術・デザイン科が設置されており[要出典]そこに学ぶ学生・生徒には本物に接することのできる貴重な存在となっている[要出典]

不祥事[編集]

日本学生野球憲章違反[編集]

2007年4月27日、常葉学園菊川高等学校野球部にて、日本学生野球憲章第13条に違反し、特待生制度を導入していたことが発覚した。同日、この不祥事の責任を取り、佐野心が野球部の部長を辞任した[4][5]。翌日開催された静岡県春季野球大会の試合では、日本学生野球憲章第13条に抵触する特待生制度を利用していた部員が試合に出場することを回避するため、主力選手7名[4]を交代させて出場する事態となった[5][6]。翌月2日には、校長の吉村耕司が高野連に対し「野球部員17人が憲章に抵触すると判断した」[5]と報告し、校長自ら高野連に対して謝罪した[5][6]日本学生野球憲章第13条に違反する特待生制度の存在が、日本高等学校野球連盟によって公表されることになった。[要出典]なお、不祥事の責任を取って野球部の部長を辞任したはずの佐野心は、わずか2007年6月に再び部長就任した。[要出典]

性的嫌がらせ[編集]

野球部監督による性的嫌がらせ[編集]

2006年12月、取材に訪れた毎日新聞記者に対し、野球部監督の森下知幸が「次はクリスマスイブの日にホテルを取ってから取材に来てよ」[7]と要求したうえで「野球部のクリスマスパーティーがあるからそれに出て、その後二人で抜け出そう」[7]などと発言した。

記者が業務都合で無理だと繰り返し断り、自分には恋人がいるとも重ねて説明したが、森下は「静岡の男は俺に決まりだ」[7]「もう一度俺に恋をさせてくれ」[7]「仕事なんかいいじゃないか」[7]と繰り返し要求した。さらに、森下は記者を飲食店やカラオケに誘い、記者に対して腕を組んだり手を握るなどの行為を行った[7]。記者に拒まれると、森下は「恥ずかしがり屋だなあ」[7]と述べた。 記者から相談を受けた毎日新聞社静岡支局の支局長は、森下に近づかないで取材を行うよう指示した[7]

記者はその後も菊川高等学校の担当を続けたが、森下の関係者側から「ちゃんと女性の武器を使って監督の近くに行って取材しなさい」[8]と要求された。記者はその後も菊川高等学校の担当を続けたが、2007年春の選抜高等学校野球大会ののちに倒れ、1週間点滴を受ける状態となった[8]。その後、この記者は医師により鬱と診断され、2007年8月から休職した[8]

学校職員による性的嫌がらせ[編集]

2007年、甲子園球場のアルプススタンドにて、第79回選抜高等学校野球大会を取材していた毎日新聞記者に対し、常葉学園菊川高等学校の職員が「大阪で飲みに行こうよ」[8]と発言した。さらに、「特待生問題」が発覚したことから、記者が学校職員を取材する機会が多くなったが、職員は頻繁に電話を掛け、記者に酒席をともにするよう繰り返し要求してきた[8]

野球部部員による性的嫌がらせ[編集]

2007年夏の第89回全国高等学校野球選手権大会に出場した際、野球部が宿泊したホテルに、菊川高等学校担当の朝日新聞記者も宿泊していた。すると、部員の一人が、記者の部屋のドアをノックし、ドアを開けた記者に対して自らの性器しごいて見せた[8]。恐怖を感じた記者は上司に報告し、上司が選手に対し「そんなことをしてると試合に出られなくなるぞ」[8]と一喝し、記者を別のホテルに移した。しかし、大会終了後も同部員から記者に対し執拗に卑猥な電話が繰り返され、記者が着信拒否しても、同部員は公衆電話や他の電話を使うなどして電話を続けた[8]。記者は2007年秋から休職し、2008年現在も治療中である[8]

性的嫌がらせに関する報道への当初の反論[編集]

週刊文春』の取材に対し、野球部監督の森下知幸は、毎日新聞記者の問題について「休職されたということは校長から聞いていますが、原因は思い当たらない。酒席で一緒になることはあったと思うが、手を握ったり、セクハラしたことなど一切ありません」[8]と反論している。また、朝日新聞記者の問題については「記者と選手のことなど全く知らない、寝耳に水」[8]と主張している。日本高等学校野球連盟(高野連)で理事を務める田名部和裕は、これらの問題に対し「聞いていない」[8]としたうえで「事実じゃなければ名誉毀損じゃないですか」[8]と述べた。

性的嫌がらせに関する報道の波紋と社会への影響[編集]

2008年5月、『週刊文春』が菊川高等学校における性的嫌がらせの問題を報じると、日本高等学校野球連盟理事の田名部和裕は静岡県高等学校野球連盟(静岡県高野連)に対し事情聴取を行うよう指示した[9]。それに対し、常葉学園菊川高等学校校長は「事実と違う部分もある。高野連や学校本部の指示も仰ぎながら慎重に対応する」[9]とコメントした。

2008年5月13日、高野連は、静岡県高野連理事長、不祥事発生当時の校長(常葉学園橘高等学校校長)、現校長から聴取を行った[10]。校長らの説明によると、2007年8月の時点で、学校が毎日新聞記者の問題について事情聴取を行っており、監督はその際「不快な思いをさせたとしたら大変申し訳ない」[11]と謝罪していた。そのため、毎日新聞社静岡支局の支局長に対し、当時の校長が謝罪していた。さらに、部員が朝日新聞社の記者に卑猥な電話を掛けた問題についても、学校側は事実関係を認めた[11]

事情聴取後の会見で、高野連会長の脇村春夫は「セクハラという言葉の解釈はあるが、迷惑をかけたということは確認した」[11]と述べた。学校は監督を謹慎処分、部員を校長訓戒処分とすると報告したが[12]、脇村は「学校サイドの謹慎処分を了承した」[11]と語り、高野連としての追加処分は行わず学校側の処分を認めると決定した。

記者会見の席上、校長は監督の行為について「セクハラととられても仕方がない」[13]と述べ「女性記者に不快な思いをさせたのは事実。大変申し訳ない」[13]と謝罪した。また、部員の行為についても、校長は「不快を感じさせる電話を掛けた」[12]ことを認めたうえで「部員も深く反省している」[12]としたが、「この件は今回報道されるまで知らなかった」[13]としている。

森下の謹慎処分にともない、野球部部長の佐野心が臨時監督に就任した[10][14]。しかし、謹慎処分となっていた森下は同年中に復帰し、それにともない佐野は再び部長に就任した[14]

集団暴行事件[編集]

2010年5月、野球部の寮で、部員による集団暴行事件が発生した[15][16][17]。2年生部員複数名が、1年生部員を強制的に正座させたうえで繰り返し殴打するなど暴力を振るっていた[16]。また、2年生部員らは、この集団暴行を「ミーティング」[16]などと称していた。捜査にあたった菊川警察署は、翌年9月に複数名の部員を静岡地方検察庁浜松支部に書類送検した[17][15][16]。静岡地方検察庁は、複数名の部員を静岡家庭裁判所に送致した[16][17]。なお、常葉学園菊川高等学校は、2011年4月になるまで高野連に報告せずにいた[16]。この事件に対し、高野連は常葉学園菊川高等学校を2回にわたって注意処分とした[16]。2011年10月、教頭は「暴行は事実」[15]と発表した。なお被害者はいじめにあったと訴えて不登校になったが[17]、教頭は「高野連から指導を受けたことは事実だが、いじめではない。中身については答えられない」[16]と主張したうえで「生徒のプライバシーにかかわることなのでコメントできない」[17]と発言している。

出身者[編集]

アクセス[編集]

系列校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “常葉菊川、監督は謹慎、セクハラ報道で高野連聴取”. 日本経済新聞朝刊 (東京: 日本経済新聞社): p. 41. (2008年5月14日) 
  2. ^ “常葉菊川謝罪会見 セクハラ「監督不十分」 選手不祥事、報道まで知らず=静岡”. 読売新聞朝刊 (東京: 読売新聞社): p. 31; 静岡地方面. (2008年5月14日) 
  3. ^ 常葉学園だより第222号(2016年7月11日付)
  4. ^ a b “常葉菊川が初戦敗退”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2007年4月29日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/feature/ss/ss20070429_02.htm 2007年4月29日閲覧。 
  5. ^ a b c d “「なぜ野球部だけ」 強豪校部員ら困惑”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2007年5月3日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/feature/ss/ss20070503_06.htm 2007年5月3日閲覧。 
  6. ^ a b “選手傷つけたくない 特待生制度400校”. asahi.com (朝日新聞社). (2007年5月2日). http://www.asahi.com/special/070426/OSK200705020071.html 2007年5月2日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h 「2007甲子園優勝校『監督&レギュラー』エロ全開事件――朝日・毎日女性記者が春夏連続セクハラでダウン」『週刊文春』50巻19号、文藝春秋2008年5月15日、172頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 「2007甲子園優勝校『監督&レギュラー』エロ全開事件――朝日・毎日女性記者が春夏連続セクハラでダウン」『週刊文春』50巻19号、文藝春秋2008年5月15日、173頁。
  9. ^ a b 常葉菊川のセクハラ週刊誌報道、日本高野連が調査へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2008年5月8日
  10. ^ a b 共同通信 (2008年5月13日). “常葉菊川の監督は謹慎 セクハラ報道で高野連”. 47NEWS (全国新聞ネット). http://www.47news.jp/CN/200805/CN2008051301000726.html 2008年5月13日閲覧。 
  11. ^ a b c d 「常葉菊川、監督は謹慎――セクハラ報道で高野連聴取」『日本経済新聞』43937号、日本経済新聞社2008年5月14日、41面。
  12. ^ a b c 常葉菊川高、野球部監督と部員を処分…女性記者セクハラで : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2008年5月13日
  13. ^ a b c 常葉菊川「監督不十分」と謝罪会見 : 静岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)2008年5月14日
  14. ^ a b “良くやった佐野臨時監督…そして森下監督復帰へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2008年8月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/2008highschool/2008summer/KFullNormal20080819041.html 2008年8月19日閲覧。 
  15. ^ a b c “常葉菊川高野球部員4人、暴行容疑で書類送検 下級生を突き飛ばすなど 静岡県警”. msn産経ニュース (産経新聞社). (2011年10月15日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111015/crm11101518270018-n1.htm 2011年10月15日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g h “常葉菊川高・野球部で集団暴行 後輩殴り、3年生4人を書類送検”. CHUNICHI Web (中日新聞社). (2011年10月15日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20111015/CK2011101502000142.html 2011年10月15日閲覧。 
  17. ^ a b c d e 平塚雄太; 西嶋正信 (2011年10月15日). “常葉菊川高校:野球部で後輩部員に暴行 4人が書類送検”. 毎日jp (毎日新聞社). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111015k0000e040045000c.html 2011年10月15日閲覧。 

外部リンク[編集]