この記事は移動保護されています。(保護の方針による移動保護)

沖縄県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Flag of Okinawa Prefecture.svg 沖縄県の行政機関
沖縄県警察
Asahikage.svg
沖縄県警察本部庁舎
沖縄県警察本部庁舎
役職
本部長 宮沢忠孝(警視監
警務部長 山本将之(警視正
組織
上部組織 沖縄県公安委員会
内部組織 警務部、生活安全部、刑事部、交通部、警備部、警察学校、警察署
概要
所在地 那覇市泉崎1丁目2-2
北緯26度12分41.6秒 東経127度40分52秒 / 北緯26.211556度 東経127.68111度 / 26.211556; 127.68111 (沖縄県警察)座標: 北緯26度12分41.6秒 東経127度40分52秒 / 北緯26.211556度 東経127.68111度 / 26.211556; 127.68111 (沖縄県警察)
設置 1972年昭和47年)5月15日
前身 琉球警察 [注 1]
ウェブサイト
沖縄県警察
テンプレートを表示

沖縄県警察(おきなわけんけいさつ)は、沖縄県が設置した警察組織であり、沖縄県内を管轄区域とし、沖縄県警と略称する。管轄人口は140万人。沖縄県公安委員会の管理を受け、給与支払者は沖縄県知事である。警察庁九州管区警察局管内。

沿革[編集]

沖縄返還前の琉球警察庁舎

沖縄返還に伴い、かつての琉球警察から改組された組織である。

組織[編集]

警務部[編集]

  • 総務課
    • 公安委員会補佐室
  • 警務課
    • 被害者支援室
  • 広報相談課
    • 広報室
  • 会計課
  • 厚生課
  • 教養課
  • 監察課
  • 情報管理課

生活安全部[編集]

刑事部[編集]

交通部[編集]

警備部[編集]

 2020年(令和2年)4月発足。離島への不法上陸に対応する日本初の離島警備専門の部隊。隊長は警視正

沖縄県警察学校[編集]

規模[編集]

  • 交番数 - 67
  • 駐在所数 - 80
  • 警備派出所 - 5
  • 職員数 - 2535人
  • 車両 - 800台
  • ヘリコプター - 2機
    • JA21RP 「しまもり」(AS365N3)
    • JA22RP「なんぷう」(AW109E パワー)

警察署[編集]

県内の警察署数は14。警察車両ナンバー地名はすべて「沖縄」である。

地域 警察署名称 管轄区域 備考
島尻 那覇警察署 那覇市(小禄支所管内・山下町・奥武山町・垣花町を除く)
島尻郡久米島町渡嘉敷村座間味村粟国村渡名喜村南大東村北大東村
豊見城警察署 豊見城市・那覇市(小禄支所管内・山下町・奥武山町・垣花町) 那覇警察署から分離。
糸満警察署 糸満市、島尻郡八重瀬町
与那原警察署 南城市、島尻郡与那原町南風原町
中頭 浦添警察署 浦添市中頭郡西原町 宜野湾警察署と与那原警察署から分離。
宜野湾警察署 宜野湾市、中頭郡中城村 普天間警察署から改称。
沖縄警察署 沖縄市、中頭郡北谷町北中城村 コザ警察署から改称。
嘉手納警察署 中頭郡嘉手納町読谷村
うるま警察署 うるま市(石川地域を除く) 具志川警察署から改称。
石川警察署 うるま市(石川地域)
国頭 国頭郡恩納村金武町宜野座村
名護警察署 名護市、国頭郡大宜味村東村国頭村
本部警察署 国頭郡本部町今帰仁村伊江村、島尻郡伊是名村伊平屋村 渡久地警察署から改称。
宮古 宮古島警察署 宮古島市宮古郡多良間村 宮古警察署から改称。
八重山 八重山警察署 石垣市八重山郡竹富町与那国町

不祥事[編集]

  • 2017年5月 - 宜野湾警察署警務課の男性巡査部長(33歳)が2014~2016年、職場での地位を利用して、後輩の警察官6人に「仕事の授業料だ」「甘えていいか」などと言って、キャバクラの飲食代など計109万円を払わせていた。また県警のデータベースで交際女性の前科前歴などを不正に照会したり、「仲間の印だ」として後輩7人に3万円前後の自分と同じ時計を買わせたりしていた。さらに2016年12月に公用パソコン液晶画面を殴って壊したとして、5月18日、県警は器物損壊の疑いで那覇地方検察庁書類送検し、男性巡査部長を停職(6ヵ月)の懲戒処分とした。男性巡査部長は同日付で依願退職[2]
  • 2017年5月 - 糸満警察署地域課の男性巡査部長(30歳)が飲み会で後輩4人に計8万円を払わせていた。また2014年から2016年の間に後輩2人の顔を殴ったとして暴行の疑いで5月18日、県警は男性巡査部長を那覇地方検察庁に書類送検し、停職(1ヵ月)の懲戒処分とした、男性巡査部長は同日付で依願退職[2]
  • 2017年6月 - 糸満警察署警備課の男性巡査長(26歳)が那覇市内のホテルで18歳未満と知りながら県内に住む女子高校生(16歳)にみだらな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕された[3]。また2016年12月に女子中学生(14歳)に現金を渡す約束をしてみだらな行為をした疑いで県警は児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の容疑で男性巡査長を再逮捕[4]
  • 2017年6月 - 宮古島警察署の男性巡査長(26歳)が宮古島市内のアパートで、未成年と知りながら17歳の少女にみだらな行為をした疑いで、県警は男性巡査長を県青少年保護育成条例違反(みだらな性行為の禁止)の疑いで書類送検。。男性巡査長は略式起訴され、罰金30万円を納付。男性巡査は6月16日付で停職(1か月)の懲戒処分を受け、依願退職[5]
  • 2020年1月 - 機動隊の男性巡査(26歳)がうるま市の機動隊独身寮の同僚の部屋に侵入し、現金6,000円を盗んだとして県警は17日、住居侵入窃盗の両容疑で男性巡査を那覇地方検察庁沖縄支部に書類送検し、停職(3ヵ月)の懲戒処分とした。男性巡査は同日付で依願退職。男性巡査は2019年9月ごろから11月30日にかけ、計9万円を盗んだことを認めている[6]
  • 2020年5月 - 県警警備部所属で機動隊長の男性警視(50代)が飲み会後に酒に酔った状態で、「女の車に拉致された」と虚偽の110番通報を複数回行った。男性警視は29日付で警務部付に異動。県警内では新型コロナウイルス感染防止のため、飲み会の自粛中とされていた。県警は事実関係について非公表としつつ、「多量飲酒によって不適切な行為はあった」とコメントした[7]

脚注[編集]

  1. ^ 準暴力団対策を強化 沖縄県警が組織改編 拾得物対策や語学力向上も 沖縄タイムス 2018年3月28日
  2. ^ a b 「授業料だ」117万円おごらせた先輩警官処分 沖縄”. 朝日新聞 2017年5月18日 21時06分. 2020年7月23日閲覧。
  3. ^ 沖縄県警の巡査長逮捕、高校生とホテルでみだらな行為容疑”. 産経新聞 2017.5.26 17:48. 2020年7月23日閲覧。
  4. ^ 児童買春容疑、沖縄県警巡査長を再逮捕”. 朝日新聞 2017年6月16日 19時22分. 2020年7月23日閲覧。
  5. ^ 少女とみだらな行為 沖縄県警、巡査長を書類送検”. 沖縄タイムス 2017年6月16日 16:17. 2020年7月23日閲覧。
  6. ^ 同僚から6千円盗んだ疑いで警察官を書類送検 沖縄県警”. 朝日新聞 2020年1月17日 17時03分. 2020年7月23日閲覧。
  7. ^ 警察機動隊長が「女の車に拉致された」 沖縄県警警視、泥酔して嘘の110番通報”. 沖縄タイムス 2020年5月30日 08:30. 2020年7月23日閲覧。
  1. ^ 1945年(昭和20年)以前は他府県同様、沖縄県警察部が設置されていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]