成田緑夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
成田 緑夢
名前
本名 成田 緑夢
カタカナ ナリタ グリム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 フリースタイルスキー(ハーフパイプ)
スノーボード
生年月日 (1994-02-01) 1994年2月1日(24歳)
生誕地 大阪市住之江区
 
獲得メダル
男子スノーボード
日本の旗 日本
パラリンピック
2018 平昌 スノーボード 男子バンクドスラローム
2018 平昌 スノーボード 男子クロス

成田 緑夢(なりた ぐりむ、1994年2月1日 - )は大阪市住之江区出身のフリースタイルスキー(ハーフパイプ)、スノーボードトランポリン陸上選手。平昌パラリンピックの男子スノーボードバンクドスラローム金メダリスト。近畿医療専門学校所属、株式会社サニーサイドアップとアライアンス契約。

本人の夢は、「障害のある方や、ケガをした方、そして子どもたちに、 "夢"と"希望"をあきらめないことの大切さを伝えること。」

経歴[編集]

1998年の長野オリンピックではスノーボードのデモンストレーターを務め、小学校時代から国際大会に出場した。2010年の時点で、バンクーバーオリンピック金メダリストのショーン・ホワイトが見せた新技「ダブルマックツイスト1260」を一発で決める技術を持っていた[1]。平行してトランポリン競技もこなし、上宮高等学校2年時の2010年8月、全国高校選手権の男子個人で歴代最高得点16.3点で最高難度賞を受賞した[2]

2012年11月からフリースタイルスキー・ハーフパイプに取り組み始め、2013年1月、2月のFISワールドカップに3回出場した後、2013年フリースタイルスキー世界選手権の日本代表に選出され[3]出場。

しかし2013年4月、トランポリンの練習中の事故により左足の腓骨神経麻痺の重傷を負う(障害等級6)[4]。障害を克服してハーフ パイプ競技に復帰を果たし、さらに2020年開催の東京パラリンピックに出場するため、走り高跳びなどの障害者スポーツにも取り組むようになった。2017年12月、サニーサイドアップとアライアンス契約を結び、更に競技に集中できる環境を整えた。

2018年3月9日より開幕する平昌パラリンピックのスノーボード日本代表に選出[5]3月12日に行われたスノーボードクロスで銅メダルを獲得した。3月16日、今大会から実施されたスノーボードバンクドスラロームにおいて、3回の滑走すべてで1位をマークし日本勢2個目となる金メダルを獲得した[6]

2018年3月28日、スノーボード競技からの引退を発表した[7]

2018年春の褒章で紫綬褒章を受章[8]

主な成績[編集]

フリースタイルスキー[編集]

  • 2013年 - フリースタイルスキー世界選手権 ハーフパイプ・9位
  • 2013年 - フリースタイルスキー世界ジュニア選手権 ハーフパイプ・優勝

スノーボード[編集]

  • 2016-2017シーズン
    • IPC・スノーボードワールドカップ タホ大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝[9]
    • IPC・スノーボードワールドカップ 平昌大会 バンクドスラローム(SBLL-2)優勝[10]
    • 全国障害者スノーボード選手権大会 スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝[11]
  • 2017-2018シーズン
    • IPC・スノーボードワールドカップ フィンランド大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝[12]
    • IPC・スノーボードワールドカップ カナダ大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝/バンクドスラローム(SBLL-2)優勝
    • 全国障害者スノーボード選手権大会 スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝[13]
    • 平昌パラリンピック スノーボードバンクドスラローム(SBLL-2)金メダル[6]、スノーボードクロス(SBLL-2)銅メダル[14]

陸上[編集]

  • 2016年 - 日本パラ陸上選手権 走り高跳び(T44《下肢障がい》)2位[15]
  • 2017年 - 日本パラ陸上選手権 走り高跳び(T44《下肢障がい》)2位[16]走り幅跳び(T44《下肢障がい》)2位[17]

家族[編集]

父はスノーボードコーチの成田隆史。長兄の成田童夢と、姉の今井メロは、それぞれトリノオリンピック日本代表として出場している[2][18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 成田童夢 (2010年3月18日). “期待の真打ち…登場Σ( ̄□ ̄)!”. 2012年6月24日閲覧。
  2. ^ a b 成田緑夢、金メダル超えの技術/トランポリン”. HEAVY SNOWker (2010年8月17日). 2012年6月24日閲覧。
  3. ^ “【スキーHP】成田3きょうだい末っ子・緑夢、競技開始3か月で代表!”. スポーツ報知. (2013年2月27日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20130226-OHT1T00237.htm?from=related 2013年3月1日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “成田緑夢 夏冬五輪パラすべてに出場だ”. デイリースポーツ. (2015年1月8日). http://www.daily.co.jp/general/2015/01/08/0007640615.shtml 2016年5月3日閲覧。 
  5. ^ 平昌2018パラリンピック冬季競技大会 選手団名簿”. 日本パラリンピック委員会 (2018年2月21日). 2018年2月27日閲覧。
  6. ^ a b スノボ 成田緑夢が金 日本勢2個目”. 毎日新聞. 2018年3月16日閲覧。
  7. ^ “成田緑夢が冬季競技引退「次の1歩」東京五輪へ模索”. 日刊スポーツ. (2018年3月28日). https://www.nikkansports.com/olympic/paralympic/news/201803280000229.html 2018年4月9日閲覧。 
  8. ^ 紫綬褒章受章者 時事ドットコム、2018年4月28日
  9. ^ 2017 WORLD PARA SNOWBOARD WC TAHOE- USA MEN'S SNOWBOARD CROSS 1 LOWER LIMB 2 IMP. (PDF) (国際パラリンピック委員会)
  10. ^ 2017 WORLD PARA SNOWBOARD WC PYEONGCHANG MEN'S BANKED SLALOM FINAL (PDF) (国際パラリンピック委員会)
  11. ^ 第2回全国障害者スノーボード選手権大会&サポーターズカップ スノーボードクロス結果 (PDF) (一般社団法人 障害者スノーボード協会)
  12. ^ World Para Snowboard Athlete Sheet”. 国際パラリンピック委員会. 2018年3月12日閲覧。
  13. ^ “成田緑夢、スノボクロス連覇「ヒーローになりたい」”. 日刊スポーツ. (2017年2月19日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1781358.html 2017年2月25日閲覧。 
  14. ^ “成田緑夢、3決を圧勝し銅 悔やまれる準決での転倒”. 日刊スポーツ. (2018年3月12日). https://www.nikkansports.com/olympic/paralympic/pyeongchang2018/news/201803120000583.html 2018年3月12日閲覧。 
  15. ^ “成田緑夢 高跳びパラ標準記録突破!リオ視界に 童夢&メロの弟”. スポーツニッポン. (2016年5月1日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/05/01/kiji/K20160501012504720.html 2016年5月3日閲覧。 
  16. ^ “山本篤が制す…パラ陸上・日本選手権男子100”. 読売新聞. (2017年6月11日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20170611-OYT1T50088.html 2017年6月11日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ “パラスノーボードの成田緑夢、走り幅跳びでも2位”. 朝日新聞. (2017年6月10日). http://www.asahi.com/articles/ASK6761NQK67UTIL03S.html 2017年6月11日閲覧。 
  18. ^ アスリートメッセージ 成田夢露”. 日本オリンピック委員会 (2005年7月14日). 2012年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]