小野寺在二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野寺 在二郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市東成区
生年月日 (1971-09-27) 1971年9月27日(47歳)
身長
体重
169 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1989年 ドラフト外
初出場 1990年10月4日
最終出場 1990年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小野寺 在二郎(おのでら ざいじろう、1971年9月27日 - )は、大阪府大阪市出身[1]の元プロ野球選手内野手外野手)。

来歴・人物[編集]

小学4年生の時に野球を始め、中学時代に全国大会で3位になる[1]

上宮高では1年次からベンチ入りし、3年次に第61回選抜高校野球大会第71回高校野球選手権大会と春夏連続で甲子園に出場。春は山田喜久夫擁する愛知県東邦高に決勝で敗れ準優勝。夏は準々決勝で大越基擁する宮城県仙台育英高に敗れた[1]。先述のセンバツ決勝戦でのバックホームは、今でも語り草となっている。高校の同級生には元木大介(元巨人)、種田仁(元中日ほか)、ほっしゃん。(現・星田英利)がおり[1]、同高野球部では元木とクリーンアップを組んでいた。

1989年オフ、ドラフト外ロッテオリオンズに入団[1]。背番号は56

1993年内野手から外野手へ転向。

1994年限りで現役を引退した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1990 ロッテ 3 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
通算:1年 3 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000

記録[編集]

  • 初出場:1990年10月4日、対オリックス・ブレーブス23回戦(川崎球場)

背番号[編集]

  • 56 (1990年 - 1994年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、133ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]