広瀬慶輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広瀬 慶輔
ひろせ けいすけ
生年月日 (1970-08-31) 1970年8月31日(51歳)[1]
出生地 大阪府寝屋川市
出身校 明治大学大学院政治経済学研究科博士前期課程修了
前職 大阪府議会議員事務所職員
会社役員[2]
所属政党自由民主党→)
無所属
公式サイト 広瀬けいすけ事務所

寝屋川市旗 大阪府寝屋川市長
当選回数 1回
在任期間 2019年5月29日 - 現職

寝屋川市旗 寝屋川市議会議員
当選回数 3回
在任期間 1999年 - 2011年
テンプレートを表示

広瀬 慶輔(ひろせ けいすけ、1970年昭和45年)8月31日[1] - )は、日本政治家大阪府寝屋川市長(1期)[3]。元寝屋川市議会議員(3期)。

来歴・人物[編集]

大阪府寝屋川市生まれ、寝屋川市立成美小学校寝屋川市立第九中学校上宮高等学校明治大学政治経済学部卒業。明治大学大学院政治経済学研究科博士前期課程修了後、大阪府議会議員の北川法夫(後の第8代寝屋川市長)事務所に務める[4]

政治の世界に入ることを「高校時代から10年計画」で準備[5]し、1999年春の統一地方選挙に初出馬、寝屋川市議会議員に「史上最年少・最高得票」で当選。以後、3期連続でトップ当選。2010年には史上最年少で副議長に就任[6]

2011年4月24日に行われた寝屋川市長選挙に立候補。4選を目指す現職の馬場好弘連合大阪推薦[7])に敗れた[8][9]

※当日有権者数:193,723人 最終投票率:49.38%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
馬場好弘68無所属40,519票42.93%(推薦)連合大阪
広瀬慶輔40無所属36,582票38.76%
長野邦子67無所属17,286票18.31%

2015年4月の大阪府議会議員選挙自由民主党公認で出馬するが約1,500票差で次点で落選[10]

2019年4月22日に行われた寝屋川市長選挙に、現職の北川法夫市長の後継として[11]自由民主党推薦[12]で再び出馬、元市議長の南部創を破り初当選した[13]。5月29日に就任。

※当日有権者数:194,319人 最終投票率:50.44%(前回比:+0.9pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
広瀬慶輔48無所属53,056票57.92%(推薦)自由民主党
南部創55無所属38,545票42.08%

市政[編集]

  • 2019年6月の市議会定例会に、自身の月額給与を30%削減する条例案を提出。同年7月8日、同条例案は可決された[14]
  • 同年10月、全ての常勤職員を対象に、コアタイムなしの完全フレックスタイム制を全国で初めて導入[15]。職員の8割が利用した一方、職員の残業はさほど減っていないという課題も指摘された[16]
  • 2019年の市長就任後、弁当方式の中学校給食について、生徒から「おいしくなくて、いつも残してしまいます。なんとかしてください」との手紙が寄せられたことを受け、7月にtwitter上でアンケートを実施。中学生や卒業生ら約500人が回答を寄せ、「おいしくない」が77%にのぼったことや、食べ残し率が3割であったことから、11月からは主菜を保温機能のある食缶で運んで教室で取り分ける方法にし、給食費は据え置きとした[17]
  • 同年11月29日、市役所の窓口業務を翌年4月から午前8時~午後8時の12時間制に拡大すると発表した。証明書交付以外に相談や手続きなどを含むすべての窓口業務を12時間対応するのは全国で初めてとなる[18]
  • 2020年5月13日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の6月から11月までの月額給与の減額率を現行の30%から40%に変更する条例案を市議会臨時会に提出。副市長と教育長については同期間の月額給与の減額率を10%とする。同日、同条例案は可決された[19]
  • 同年5月28日、国の特別定額給付金(1人10万円)について、993世帯に二重に振り込むミスがあったと発表した。対象の市民に謝罪し、計2億1,960万円の回収を進めた[20]
  • 同年6月18日、寝屋川市立中央図書館につき、アスベスト対策を行うと共に解体し、寝屋川市駅前のアドバンスねやがわ1号館の4階、5階に移転新設すると発表した[21]
  • 同年6月には新型コロナウイルス対策の一環として、小中学校の児童生徒が登校かオンラインかを各家庭の希望に応じて選べる「選択登校制」を導入[22]。希望する家庭にSkypeなどで授業をライブ配信する形をとり、同年8月には不登校児童・生徒への支援策としても活用の場を広げた[23]
  • 2021年1月、新型コロナウイルスの感染が疑われる人の自宅にバイク便でPCR検査の検体容器を届け、検体となる唾液を採取してもらうデリバリー型のPCR検査支援事業を府内自治体で初めて開始した[24]
  • 2021年には新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食店への支援策として市臨時職員の採用を開始。休業中の市内の居酒屋経営者ら7人が採用された[25]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 広瀬けいすけ事務所 > 広瀬けいすけのプロフィール
  2. ^ “衆院12区補選・統一地方選投開票(その2止) 吹田市長選/寝屋川市長選/泉佐野市長選 /大阪”. 毎日新聞. (2019年4月22日). https://mainichi.jp/articles/20190422/ddl/k27/010/443000c 2021年4月24日閲覧。 
  3. ^ 歴代市長・助役(副市長)の紹介/寝屋川市ホームページ
  4. ^ 広瀬けいすけ事務所 > 広瀬けいすけのプロフィール
  5. ^ ひろせけいすけ > ひろせけいすけはなぜ議員を目指したの?
  6. ^ 広瀬けいすけ事務所 広瀬けいすけ図鑑
  7. ^ 2011年統一地方選挙〜推薦予定候補者一覧 連合大阪
  8. ^ 開票結果/寝屋川市ホームページ
  9. ^ 朝日新聞デジタルasahi.com(朝日新聞社):大阪府(一般 市長) - 候補者・開票情報 - 2011
  10. ^ 開票結果-道府県議選・大阪府【統一地方選2015】:読売新聞”. 読売新聞 (2015年4月13日). 2019年5月11日閲覧。
  11. ^ 産経新聞産経ニュース2019年4月14日大阪・寝屋川市長選に2氏が立候補 大阪12区補選に影響か
  12. ^ 寝屋川市 | 自民党大阪府連統一地方選挙
  13. ^ 寝屋川市長選 | 統一地方選挙 2019 | NHK選挙WEB - NHK オンライン
  14. ^ 寝屋川市議会 会議録 令和元年 6月定例会(第4日 7月 8日)。
  15. ^ “大阪・寝屋川市が完全フレックス制導入 10月から、全国初”. 毎日新聞. (2019年8月9日). https://mainichi.jp/articles/20190809/k00/00m/040/339000c 2021年4月24日閲覧。 
  16. ^ “大阪)職員8割超が利用 寝屋川市の完全フレックス制”. 朝日新聞. (2020年5月8日). https://www.asahi.com/articles/ASN57755GN4GPPTB003.html 2021年4月24日閲覧。 
  17. ^ “中学校給食「うまく」改革 生徒が直訴 大阪・寝屋川市長動く”. 産経新聞. (2019年10月30日). https://www.sankei.com/life/news/191030/lif1910300024-n1.html 2021年4月24日閲覧。 
  18. ^ “大阪・寝屋川市が「お役所仕事を卒業」宣言 窓口業務を来春から12時間制に拡大 全国初”. 毎日新聞. (2020年11月29日). https://mainichi.jp/articles/20191129/k00/00m/040/397000c 2020年6月2日閲覧。 
  19. ^ 令和2年5月市議会臨時会(第2回) 議案書 (PDF)”. 寝屋川市役所 (2020年5月13日). 2020年6月2日閲覧。
  20. ^ 堀之内健史 (2020年5月28日). “10万円給付、993世帯に二重払い 大阪・寝屋川市”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN5X45KWN5XPPTB001.html 2020年6月2日閲覧。 
  21. ^ 寝屋川市議会 令和2年6月 定例会 6月18日”. 寝屋川市議会会議録システム. 2020年11月10日閲覧。
  22. ^ “登校もオンラインもOK。「選択登校制」にした寝屋川市の取り組みに称賛の声。【新型コロナ】”. HUFFPOST. (2020年6月16日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ee881abc5b6ea293965f3ec 2021年4月24日閲覧。 
  23. ^ “授業ライブ配信、不登校児の支援に 寝屋川 コロナ対策を活用”. 毎日新聞. (2021年3月23日). https://mainichi.jp/articles/20210323/k00/00m/040/048000c 2021年4月24日閲覧。 
  24. ^ “デリバリー型PCR検査スタート、寝屋川市”. 産経新聞. (2021年1月15日). https://www.sankei.com/west/news/210115/wst2101150025-n1.html 2021年4月24日閲覧。 
  25. ^ “市が飲食店関係者らを『臨時職員』に採用 ワクチン対応など担当...“働く喜び”を実感”. MBS NEWS. (2021年6月14日). オリジナルの2021年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210614093527/https://www.mbs.jp/news/kansainews/20210614/GE00038764.shtml 

外部リンク[編集]