長崎県立大村工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長崎県立大村工業高等学校
大村工業高等学校.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 長崎県の旗長崎県
校訓 技術者たる前にまず人間たれ
設立年月日 1962年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 機械科
機械システム科
電気科
電子工学科
建築科
建設工業科
化学工学科
学期 3学期制
高校コード 42117A
所在地 856-0815
長崎県大村市森園町1079番地3
北緯32度55分19.1秒 東経129度56分29.4秒 / 北緯32.921972度 東経129.941500度 / 32.921972; 129.941500座標: 北緯32度55分19.1秒 東経129度56分29.4秒 / 北緯32.921972度 東経129.941500度 / 32.921972; 129.941500
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
長崎県立大村工業高等学校の位置(長崎県内)
長崎県立大村工業高等学校

長崎県立大村工業高等学校(ながさきけんりつ おおむらこうぎょうこうとうがっこう、Nagasaki Prefectural Omura Technical High School)は、長崎県大村市森園町に所在する公立工業高等学校。略称は「大工」(だいく)[1]

概要[編集]

設置課程・学科・学級数・定員[編集]

全日制課程

校訓[編集]

技術者たる前に まず人間たれ

校章[編集]

  • 校章

開校と同時に1962年(昭和37年)に制定

背景に電子の3つの輪、中央に「工高」の文字(縦書きで、「高」は俗字体のはしご高)
  • 略式ロゴマーク

校章の他に、2005年(平成17年)度に生徒・教職員への公募で決定した。

  • 放虎紋、謹厳のエンブレム

創立50周年を記念してつくられた虎をモチーフにした紋章

虎を囲んだ7角形は7つの学科を表している

校歌[編集]

同窓会[編集]

大村工業高等学校同窓会(本部) - 校舎敷地内に同窓会館がある。

  • 関東支部
  • 中京支部
  • 関西支部
  • 九州支部
  • 長崎支部
  • 県央支部
  • 大村支部

沿革[編集]

昭和

  • 1962年(昭和37年)
    • 4月1日 - 長崎県立大村工業高等学校(現校名)が開校。(設置課程・学科 - 全日制課程3学科(機械科・電気科・化学工学科))
    • 10月30日 - 開校式を挙行(以降、10月30日を開校記念日とする)。
  • 1963年(昭和38年)
4月1日 - 建設工業科を新設。合計4学科。
4月1日 - 電子工学科を新設。合計5学科。

平成

3月28日 - 情報処理実習棟が完成。
4月1日 - 建築科を新設。合計6学科。
  • 2000年(平成12年)
    • 2月3日 - 武道館が完成。
    • 9月27日 - 新管理棟が完成。
  • 2002年(平成14年)
    • 1月18日 - 新実習棟が完成。
    • 11月8日 - 創立40周年記念式典を挙行。
  • 2005年(平成17年)度
学校略式ロゴマークを生徒・教職員公募で決定。
機械システム科を新設。合計7学科。
第一種電気工事士資格試験合格者数(61人)が高校日本一となる。[4]
11月3日 - 創立50周年記念式典挙行
7月24日 - 野球部が第98回全国高等学校野球選手権長崎大会で初の決勝進出を果たすが、惜しくも長崎商業に0-1で惜敗。初の甲子園出場を逃す。[5]

部活動[編集]

運動部 文化部 技術部

著名な卒業生[編集]

その他[編集]

7つの学科をそれぞれアルファベット1文字で表すと次のようになる。

  • M - 機械科
  • S - 機械システム科
  • E - 電気科
  • D - 電子工学科
  • A - 建築科
  • K - 建設工業科
  • C - 化学工学科

脚注[編集]

  1. ^ 「だいこう」と読むと、大村高等学校の略称「大高」と同じ読み方になる。
  2. ^ 大村高校、長崎南高校、波佐見高校大村城南高校西彼農業高校長崎工業高校の校歌の作詞も行っている。
  3. ^ 読み方は「おきふかし」。作詞の福田清人とともに、長崎南高校、大村城南高校、西彼農業高校、長崎工業高校の校歌の作曲を行っている。
  4. ^ 本県公立高校工業科生徒の「第一種電気工事士」試験合格者数11年連続「日本一」について (PDF) - 長崎県教育委員会ウェブサイト
  5. ^ 長崎商、堅守で甲子園切符 大村工に得点許さず”. 西日本新聞社 (2016年7月25日). 2017年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]