遊澤亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遊澤亮
選手情報
生年月日 1976年10月7日(37歳)
最高世界ランク 65位
利き腕
グリップ シェークハンド
戦型 異質速攻型
フォア面ラバー 裏ソフト
バック面ラバー 表ソフト
テンプレートを表示

遊澤 亮(ゆざわ りょう、1976年10月7日 - )は、東京都立川市出身の卓球選手。明治大学を経て、実業団の東京アートに選手及び選手兼任監督として所属していた。

異質速攻型のサウスポーで、堅いバックハンドのブロックを得意とする。明治大学時代、関東学生リーグ戦で32勝0敗(30勝はストレート勝ち)の記録を残した。卒業後は東京アートへ所属。大森隆弘韓陽とともに、日本卓球リーグに新規参加した東京アート初期における主力選手の一人であった。

1996年アトランタオリンピック・男子ダブルス(ペア・田崎俊雄)、2004年アテネオリンピック・男子シングルス・男子ダブルス(ペア・新井周)と2回のオリンピックに出場している。

また、動体視力が非常に優れており、ある調査によると、アトランタオリンピックに出場した日本選手の中で最も動体視力が良い[1]とされている。

2009年頃から日本卓球リーグでの試合出場が減少。翌2010年には後任の大森隆弘が東京アートの監督に就任。以降、卓球選手としての目立った活動はほとんど無い。

主な戦績[編集]

DVD[編集]

  • 卓球ノウハウDVD「遊澤亮の驚異の卓球上達法」(株式会社Catch the Web 2010年10月)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]