シェークハンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェークハンドのラケット

シェークハンドは、卓球におけるラケットの握り方(“グリップ”と呼ぶ)、あるいはラケットの種別名。現在、多くの選手がシェークハンドであり、握り方の主流であるといえる。おもにヨーロッパで発展され、ヨーロッパの卓球選手はほぼ100%シェークハンドを使っている。日本や韓国、中国などのアジア諸国でも、近年使用率が多くなってきている。

概要[編集]

握り方としては、握手をするように手全体でラケットを握る持ち方を指す[1]。また、これに向くよう作られたラケットをもこう呼ぶ。

シェークハンドでの戦型は主に5つでドライブ主戦型異質攻守型前陣速攻型オールラウンド型カット主戦型である。中でもドライブ主戦型は現在最も多い戦型である。

特徴[編集]

両面にラバーを貼って使用する。

シェークハンドはペンホルダー方式に比べバックハンドで上手く振れるとされる。また、様々なプレイスタイルが存在する点も特徴である。反面、ミドルを処理しにくいと言う弱点がある。

グリップ[編集]

ストレート(ST)
真直ぐになっているグリップ
フレア(FL)
ブレードから曲線になって広がっているグリップ
コニック(CO)
直線で広がっているグリップ
アナトミック(AN)
樽形の様なグリップ
ストレートインクライングリップ(SI)
ブレードからグリップエンドにかけて徐々に厚くなっているグリップ

脚注[編集]

  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、156頁。