ペンホルダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペンホルダー

ペンホルダーは、卓球においてラケットペンを持つようにして握るグリップのことである。 ヨーロッパにはこのラケットを使用する選手はほとんどおらず、中国韓国日本をはじめとしたアジア特有のグリップといえる。

歴史[編集]

1980年代までは、アジアの選手は大半がペンホルダーで、日本もペンホルダーの選手が主力であった。しかし、1990年代になって、ヨルゲン・パーソンヤン=オベ・ワルドナーといったシェークハンドの選手が旋風を巻き起こし、アジア諸国の考え方に大きな影響を与え、ペンホルダーの選手は減少していった。

特徴[編集]

スナップを利かせた台上での操作性に優れ、ミドルを比較的処理しやすいのが特徴である。

その反面、ラケット角度等を微調整しやすいが、感覚がずれるとミスにつながりやすいといった面がある。また、構造上ラケットの両面を使うのが難しく、表面のみのラバーでフォアハンド・バックハンドを打つのが基本である。そのため、シェークハンドに比べてバックハンドの攻撃力に欠けることがペンホルダーの一番の弱点である。しかし、中国がペンホルダーラケットの裏面に貼ったラバーを使う裏面打法を実戦レベルで使用できる技術として開発し、劉国梁が裏面打法を使用して実績を残したことにより、以後バックハンドの弱点を克服する方法として中国式ペンホルダーの選手に広く受け入れられている。

種類[編集]

日本式[編集]

ブレードは角ばった形(「角型」と呼ばれることが多い)や角を落とした楕円形に近い形(「角丸型」と呼ばれることが多い)が主に見られ、円形の「丸型」も存在している。反転しやすいグリップ部になった「反転式」も存在する。表面のグリップ周辺部と裏面の半分程度にはコルクシートが貼られ、グリップの人差し指を引っ掛ける部分にはコルクが用いられている。グリップをコルクではなく木材を使っていたり、木材とコルク両方を併せて使っているラケットもある。主に日本・韓国の選手が使用し、韓国では角型が選択されることが多い。この形式で裏面打法を使う選手は少なく、世界レベルになると皆無である。

日本式では、吸い付くような独特の打球感と弾みから単板が人気だが、国内の質の良い檜が減少し、高品質の檜単板が少なくなってきている。それに伴い、檜単板ペンホルダーは価格の高騰化も進んでいる。また、単板などその他の材木で作られるラケットも増えてきている。

日本の全盛期、世界卓球選手権優勝時などに日本人選手に使用されていたタイプのラケットであり、1990年代以降シェークハンドの使用率が高くなってきたこともあり、現在では日本式ペンホルダーを使用して世界的に活躍している日本人選手はほとんど目にすることはなくなってしまった。

角型ペンホルダー
ブレード先端は角ばった形。重心が先端部寄りなため、角丸型や丸型に比べて強力なフォアハンドを出しやすい。日本式ペンドライブ主戦型は主にこのタイプのラケットが用いられ、競技レベルになるとテンション系などのスピード重視の裏ソフトラバー使用者が主となる。
角丸型ペンホルダー
ブレード先端は角を落とした楕円形に近い形。角型と比較すると切り替えや細かい技術が出しやすく、丸型に比べて強力なフォアハンドを出しやすい。扱いやすいため、選手レベルを問わず使用されているという点では、使われるラバーや戦型も多岐にわたる。
丸型ペンホルダー
ブレード先端は円形の形。角型や角丸型、中国式に比べると攻撃力で劣るが、日本式の中では最も切り替えや細かい技術がしやすい。基本的に表ソフトラバー使用者が主となる。
反転式ペンホルダー
ブレードの両面使用を前提としているため、反転しやすいグリップ部になっており、通常の日本式とはグリップ部が異なっている。基本的に両面に異なった性質のラバーを貼ることが多い。

中国式[編集]

シェークハンドの柄を短く切り落とした形に近いラケットで、主に中国の選手が使用している。以前(1960年頃~)は表ソフトを貼った前陣速攻の代名詞のラケットであった。前述のようにペンホルダーながら裏面での打球も比較的容易となっているため、日本でもその理由から中国式を使用する場合もある。また、吉田海偉のように裏面には貼らず、片面のみで打つ選手もいる。

日本式との大きな違いは、ブレードの厚さと形状である。ブレードの厚さはシェークハンドと同様に薄く、ブレード先端が円形であるため、角型や角丸型のような強力なフォアハンドが打ちにくいという短所があるが、丸型と同様に切り替えや細かい技術がしやすく裏面打法も容易である。近年は特殊素材を用いるラケットが開発されており高威力のドライブが打ちやすくなった。

角丸型と同様に戦型や使われるラバーも多岐に渡る。使用されるラバーの組み合わせも選手個人や選手のレベルによって異なる。反転式ペンホルダー同様に、中国式を反転させて使用する選手もいる。世界的に活躍するレベルとなると、裏面には裏ソフトラバーが使用されている。

ラバーの貼り方は、他のラケットタイプと比べて独特である。グリップから少し離してラバーを貼る方法と、シェークハンドと同様に貼る方法に大別される。馬琳韓陽のように表面、裏面で上記を組み合わせた方法で貼る選手もいる。

関連項目[編集]