西浦克拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西浦 克拓
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府南河内郡狭山町(現:大阪狭山市
生年月日 (1974-11-12) 1974年11月12日(43歳)
身長
体重
184 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1992年 ドラフト5位
初出場 NPB / 1995年8月31日
最終出場 NPB / 2004年7月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大阪ゴールドビリケーンズ (2009 - 2010)
  • 06BULLS (2012)

西浦 克拓(にしうら かつひろ、1974年11月12日 - )は、大阪府南河内郡狭山町(現:大阪狭山市)出身の元プロ野球選手外野手内野手、右投右打)・コーチ

来歴・人物[編集]

上宮高校では黒田博樹筒井壮と同期。1年夏から4番を打ち、高校通算23本塁打を記録。3年時はエースで、黒田が控えであった。1992年度ドラフト会議にて日本ハムファイターズから5位指名を受けて入団。パンチ力のある打撃が魅力で、特に1997年に落合博満が日本ハムへ移籍した際には4番打者の座を争う選手として注目された。

1998年には打力が衰えていた落合に競り勝ちレギュラーを獲得、前半戦で17本塁打を記録しシーズン途中からは4番も任されるようになった。しかし、オールスター後は弱点のインコースを徹底して攻められ成績も下降、トータルでは20本塁打に終わる。首位を走っていたチームの低迷にもつながってしまい、4番の座も他の打者に明け渡すこととなった。走塁技術は非凡なものがありこの年は18盗塁をマークし、「走れる中距離砲」としての地位を確立した。

1999年は開幕戦から4番を任されるも、打順を意識しすぎてか打撃フォームを崩し、極度の不振に陥ってしまう。結局このシーズンは前年の豪快な打撃が嘘のように本塁打はわずか2本という屈辱的なものとなった。それ以降は本来の打撃フォームを取り戻せないまま、故障もあって出場機会は減っていき、一軍出場がなかった2005年シーズン終了後に戦力外通告を受けて現役を引退。

2009年大阪ゴールドビリケーンズ(2009年は関西独立リーグ、2010年はジャパン・フューチャーベースボールリーグ)のコーチに就任。関西独立リーグの公式サイトによれば身長は176cmとなっている。2010年7月、選手登録され選手兼任コーチとして現役復帰。これは選手8人が野球賭博に関与した疑いで解雇されたこと[1]に伴う選手不足を補う目的であった。

2010年はビリケーンズの試合のない日を中心に、GAORAプロ野球中継に出演したが、翌年以降は出演していない。

2012年関西独立リーグの新球団である06BULLSのコーチをシーズン途中から務めた[2]

その後は球界から退き、2016年現在は大阪市内の整骨院に勤務している[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 日本ハム 7 12 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .000 .083 .000 .083
1996 6 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1997 17 55 53 7 12 3 0 4 27 9 0 0 0 0 2 0 0 12 1 .226 .255 .509 .764
1998 134 562 485 83 119 24 4 20 211 62 18 6 2 5 67 2 3 109 14 .245 .338 .435 .773
1999 66 208 187 21 44 8 1 2 60 22 7 2 0 1 16 0 4 31 5 .235 .308 .321 .629
2000 20 62 52 10 12 0 0 1 15 5 1 0 1 0 7 0 2 14 0 .231 .344 .288 .633
2001 18 47 41 3 8 2 0 1 13 5 0 1 1 0 5 0 0 11 1 .195 .283 .317 .600
2002 14 37 35 2 8 0 0 1 11 2 0 0 1 0 1 0 0 12 1 .229 .250 .314 .564
2003 44 102 91 15 26 6 0 6 50 13 0 0 2 0 9 1 0 22 2 .286 .350 .549 .899
2004 20 27 21 2 2 1 0 0 3 1 0 0 2 0 3 0 1 6 2 .095 .240 .143 .383
通算:10年 346 1118 982 143 231 44 5 35 390 119 26 9 9 6 111 3 10 222 26 .235 .317 .397 .714

記録[編集]

独立リーグでの打撃成績[編集]















































O
P
S
2010 大阪 3 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 3 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 49 (1993年 - 1995年)
  • 66 (1996年 - 2005年、2009年 - 2010年)
  • 86 (2012年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 野球の花道第17回 - SPORTS COMMUNICATIONS(2010年8月24日。執筆は監督の村上隆行
  2. ^ コーチ登録のお知らせ”. 2012年 ニュース一覧. 06BULLS ゼロロクブルズ (2012年5月13日). 2017年11月10日閲覧。
  3. ^ “同級生だった元日本ハム・西浦氏が語る黒田の高校時代 ひと晩中走らされたノーコンの“クロ””. ZAKZAK (産業経済新聞社). (2016年7月27日). http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20160727/bbl1607271140003-n1.htm 2017年11月10日閲覧。 

外部リンク[編集]