山田知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山田 知
やまだ さとる
生年月日 1934年2月9日
没年月日 (2011-04-05) 2011年4月5日(満77歳没)
出身校 関西学院大学法学部[1]
前職 西宮市
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2000年11月23日 - 2010年4月1日
テンプレートを表示

山田 知(やまだ さとる、1934年2月9日 - 2011年4月5日)は、日本政治家。元兵庫県西宮市長(3期)。

略歴[編集]

  • 1956年4月、西宮市職員採用。
  • 1981年4月、財政局税務部長。
  • 1987年4月、土木局土木部長。
  • 1988年1月、財政局長。
  • 1992年12月、西宮市教育委員会委員。
  • 1993年1月、西宮市教育長。
  • 2000年11月23日、西宮市長就任。
  • 2004年11月、2期目就任。
  • 2008年11月、3期目就任。
  • 2010年4月1日、健康上の理由により辞職。
  • 2011年4月5日、肺腺がんのため神戸市の病院で死去。77歳没[2]

2000年西宮市長選挙[編集]

2000年11月19日投開票の西宮市長選挙に、前馬場順三市長の後継指名を受けて無所属で出馬。さらには自民党民主党公明党社民党の4党の推薦を得ての出馬だったが、次点の元兵庫県議会議員の大前繁雄を28票差で振り切って初当選、接戦を制した。

各候補者の得票数は、山田:40,768票、大前:40,740票、共産党公認の川内一男:13,569票、元西宮市議の武内純子:12,764票、自由業の竹林伸幸:5,736票。投票率は34.34%[1]。同年11月23日、市長に就任。

脚註[編集]

  1. ^ a b 西宮市長に山田氏 28票差、継承訴え初当選神戸新聞 記事特集 2013年11月30日閲覧
  2. ^ 訃報:山田知さん 毎日新聞 2011年4月6日閲覧

関連項目[編集]

先代:
1992 - 2000
馬場順三
西宮市長
2000 - 2010
山田知
次代:
2010 -
河野昌弘