今村岳司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
今村 岳司
いまむら たけし
生年月日 (1972-11-28) 1972年11月28日(45歳)
出生地 日本の旗 兵庫県西宮市
出身校 京都大学法学部
所属政党 無所属
公式サイト 今村岳司 活動日記

当選回数 1回
在任期間 2014年5月16日 - 2018年2月20日

Flag of Nishinomiya, Hyogo.svg 西宮市議会議員
当選回数 4回
在任期間 1999年6月11日[1] - 2014年4月12日
テンプレートを表示

今村 岳司(いまむら たけし、1972年11月28日 - )は、日本政治家。元兵庫県西宮市長(1期)、元西宮市議会議員(4期)。

来歴[編集]

兵庫県西宮市生まれ。神戸大学附属住吉小学校甲陽学院中学校・高等学校京都大学法学部卒業。大学在学中は、進学塾「浜学園」で算数科の講師を務めていた[2]。大学卒業後、就職面接で「いずれ政治家になるので時期が来たら辞める」と宣言した上で[3]リクルートに入社し[2]、その目途がついた1999年に退社。

同年4月25日投開票の西宮市議会議員選挙に無所属で出馬し、最年少の26歳でトップ当選した[4]

初当選後、6月に開かれた西宮市議会初日に「茶髪、ピアス、ひげヅラ」という格好で市議会に現れ、話題となる[3]。選挙戦とはまったく異なる姿であったことについて問われると「(写真は)あの方が選挙に通ると思ったから。こっちが本来の自分です」とコメントした[3]。人目を引く出で立ちの意義については、「政治の業界には…若いやつが政治に目を向けたくなるような同世代のヒーローがいない。じゃ、おれが興味の対象になってやろう」と語った[3]

以後、4期連続で西宮市議に当選し、うち初当選を含む3回は得票数トップで当選した。

2013年11月28日、西宮市長選挙に出馬する意向を表明。市長選挙告示前日の2014年4月12日、西宮市議会議長に辞職願を提出し、市議を辞職した[5]。西宮市長選には既成政党の推薦や支持を受けず、無所属で立候補し、自民民主公明3党の推薦を受けて出馬した現職の河野昌弘市長、前市議の高橋倫恵ら2候補を破り、初当選した[6]。同年5月16日、市長就任[7]

2018年2月19日、辞職願を提出し、2月20日付で辞職した[8]

人物[編集]

  • 尊敬するものとして、小沢一郎の哲学と野中広務の手腕を挙げている[3]
  • 身長166cm。
  • 有権者を「お客」と呼ぶ[3]。今村によれば、これは社会人時代に営業マンとして身につけた「社会のリアルな感覚」を政治に反映させたものであるという[3]。市議時代、「道路を広げたりカーブミラーを付けたりする政治に『お客さんが飽きてる』政治状況を根本から変えたい」「こっちも客を選ぶ」「『道路を作って』なんておれに言わないで」等のコメントを残している[3]
  • 1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、西宮市の生家が全焼する被害を受ける。その時、震災対応に当たる自衛官消防士の活動に感銘を受け、国や地域に尽くすために政治家を志望した[2]
  • 2011年の東日本大震災当時西宮市議会議員であった今村は、自身の3月13日付ブログで阪神・淡路大震災での感想として「ボランティアの連中」について「被災していない人間に被災者の気持ちが分かるわけがない」「ボランティアは、被災者が食うべきものを食い、被災者が飲むべき水を飲み、被災者が寝るべきところで寝る」等と罵倒した。「要はプロに任せること」「被災地に必要なのは、プロだけです」と一方的なボランティア不要・迷惑論を展開した[9]
  • 趣味は料理、ギター演奏、サッカー。好きな言葉は「照見五蘊皆空 度一切苦厄」(般若心経の一節)。オフィシャルサイトのデザインは今村自身の手によるものである[2]
  • フジテレビアナウンサー佐々木恭子は、小学校時代の同級生である。

物議を醸した出来事[編集]

2014年
  • 3月、市長選を控えた今村の政治団体は政策チラシ「レコンキスタ12号」を発行。同号に掲載されている人物写真に添えられたコメントの大半がその写真の人物の発言ではなかった。また、表紙に写っている、「私はまだ十代だから投票には行けません。ハタチ以上のオトナのひとたちは、どうか、ちゃんと投票に行ってください」というコメントが添えられた女性は今村の事務所のスタッフであったが、西宮市民ではなかった[10]
  • 6月23日、上記チラシの問題につき、市議会定例会で市議から「過剰な演出ではないか」と指摘を受ける。このとき今村は「メッセージのイメージに合う人物をモデルに使ったにすぎず、記事は写真本人のメッセージではない」と認めた上で、「(掲載)人物の年齢や住所を掲載していないのに、なぜその情報を知っているのか」と反論した[10]
2015年
  • 1月15日阪神・淡路大震災の被災者に対して市が提供した借り上げ復興住宅に関する報道が、在京テレビ局の番組で放送される。この報道に対し、市は「住み替えに対する市の支援策を紹介せず、追い出していると受け止められる内容で、公正さに欠ける偏向報道だ」として抗議し、テレビ局側が謝罪。これを受ける形で今村は1月23日の定例会見で、「重要政策の報道に関し、市が『偏向報道』と判断した場合、メディア名と抗議文を広報誌とホームページ上に掲載する。改善されない場合、今後その報道機関の取材には一切応じない」と発表した[11][12]
  • 1月26日、今村は記者会見を開き、3日前に行った自身の発言につき、「市に批判的な報道」を対象とするものと誤解される恐れがあるとして、「重大な誤解を与える報道をした場合には抗議し、改善を求める」との表現に改めた[13]
  • 1月28日、表現は改めたものの、ブログで「取材拒否の方針は撤回していない」ことを強調。また、26日の記者会見を取り上げた新聞6紙の記事を比較し、「毎日・神戸・朝日は、ほぼ正確に記者会見の内容を報道してくれているようです。他の事業者の商品では、さっそく完全な事実歪曲もあって笑えました」と、残り3紙を挑発した[14][15]
  • 2月4日同志社大学名誉教授渡辺武達は新聞の取材に対し、「(今村の態度は)報道の萎縮につながる危険性があり、憲法21条に違反する」と述べた。
  • 10月21日宝塚市長の中川智子は、記者会見よりもホームページでの文書掲載を優先する西宮市の方針に対し「ご自身中心の情報発信で、同じ首長として怒りに震える」と述べた。これに対し今村は「そんな方がいるのかと驚きに震えた」と返答した[16][17]
  • 11月16日、市長選で唯一応援を受けていた自身の出身会派「蒼士会」が「市長との信頼関係で疑義を持たざるを得ない問題が生じた」として解散。これにより市議会の6会派すべてが反市長派に回った[18]
  • 11月27日、市議会12月定例会に、市は、借り上げ復興住宅の住民7世帯を相手取り、住宅の明け渡しを求め提訴する議案を提出[19]
  • 12月15日、今村は自身のブログに「継続入居を認めるという方針変更は絶対にありません」「報道で西宮市当局の方針がぶれるようなことは絶対にないので、ご安心ください」と書き記した[20]
  • 12月25日、大川原成彦市議会議長はこれを受けて「議会の判断を全く理解していない。市民の声に耳を傾けながらかじを取るべきだ」と批判する声明を出した[21][22]
2016年
  • 5月28日、議会からの強い反発があったにもかかわらず、市は、市内青木町の借り上げ復興住宅の住民に対し明け渡しと損害賠償を求める訴訟を起こした。自治体による同種の訴訟は神戸市に次いで2例目[23]
  • 6月25日、西宮市が参議院選挙への投票を呼び掛ける目的で配布した広報誌「西宮市政ニュース」6月25日発行分に、「政治家は『国民の代表』ではなく『投票した人』の代表に過ぎない」との内容が記載された。記載内容が憲法43条違反であるとして市議会から追及を受ける。県選挙管理委員会からも「誤解を与える表現で不適切だ」と指摘されるが[24]、今村は「投票に行くことの意義・責任・正当性を訴える内容であり、不適切な表現ではない」と反論した[25]
  • 7月2日、上記問題につき、神戸市長の久元喜造は自身のブログで「明確な憲法違反であり、早急にこのようなふざけた見解を撤回すべき」と述べた[26]。これに対し今村は「近隣市長として、よその市長にあれこれ言うのはいかがなものか」と不快感を示した[27]
  • 7月8日、市議会の八木米太朗議長が「広報を私物化している」と批判し、「市長は『裸の王様』のようになっている」とコメントした[28]
  • 10月4日、前述の八木米太朗議長は記者会見を開き、9月7日の市議会における今村の様子を明らかにした。市議の一人がマニフェストの進捗状況について今村に質問したところ、今村は登壇した議員をずっとにらみつけていたという。八木は「いかがなものかと言わざるを得ない」と今村を批判した[29]
  • 11月27日、中高生を対象にした催し「中高生3万人の夢プロジェクト」が西宮市立子育て総合センターで開催[30]。中高生18人が市職員と議論するさなか、今村は突然「中高生のころ、教室の鍵を盗み、授業を抜け出してたばこを吸っていた」「教室の合鍵を作り、面白くない授業を抜け出して、たばこを吸い、マージャンをした」「見回りのガードマンにはエロ本やお酒を渡して味方に付けた」と過去の犯罪行為を肯定する発言を行った[31]
  • 12月8日、上記イベントを傍聴した一色風子市議は市議会12月定例会において次のように述べた。「話の内容は私の耳を疑うようなものだった」「市長には、教育大綱をつくった方々の思いを裏切ることのないように振る舞っていただきたい」[32][31]
  • 同日、今村は自身のブログで「ピンクのダサいスーツに黒縁眼鏡で『お下品ザマス!』って言っている女教師みたい」「キレイゴトは中高生を子ども扱いし、敬意を欠いている」と一色に反論した[33]
  • 12月19日、市議会最大会派は「議員を揶揄し、愚弄している」「中高生に模範を示すべき立場なのに問題」とし[34]、市議会はブログの削除と発言の撤回と謝罪を求める決議案を全会一致で可決した。今村は発言の撤回は拒否したが、ブログについては「コースが悪すぎて、当てちゃったという感じ。反省している」と述べた[35]
2017年
  • 3月、前年12月幹部会議での今村の発言を聞きつけた市議が3月定例会で問題視。同月に行われた幹部会議で今村は、情報漏えいについて幹部らにくぎを刺した後、数人の議員を名指しして批判を行った[36]
2018年
  • 1月4日、西宮市の仕事始め式で、期満了に伴う市長選に立候補しない考えと5月に退任する意向を表明した[37]。そのあと、市役所東館のホール出入り口で退任の意向について確認しようとした読売新聞の男性記者に対し「殺すぞ」「このくそがき」「支局長に落とし前つけさすからな」と発言した[38][39]
  • 1月12日、今村の上記発言について「恥ずべき言動で、市の名誉と品位を著しく傷つけた」として、西宮市議会議長の田中正剛及び副議長の渋谷祐介が揃って今村に対し5月の任期満了を待たずに辞職する考えはないかを問う声明文を提出した[40]。今村は早期辞職について「毛頭ない」と拒み、1月19日の定例記者会見で改めて、神戸市北区の自宅取材を試みた当該記者について言及、「私有地に数十分間何もせずとどまることは一般的には変質者」と話した[41][42]
  • 2月6日、市議会は、市長の退職金を減額する議案を2月20日開会の定例会に議員提案する方針で一致した[43]
  • 2月13日、市議会は、議会運営委員会を開き、同定例会で今村の施政方針演説や市議の代表質問を行わないことを決めた。また、田中正剛議長は今村の退職金を3割減額する条例案を提示した[44]。市によると、条例案が市議会で成立した場合、市長が5月まで働いた時の退職金は約1980万円、2月中に辞職すると退職金は約2710万円となる[37]
  • 2月19日、午前10時半ごろ、松永博副市長と掛田紀夫副市長に対し、5月の任期満了を待たず辞職する意向を伝え[45][46]、同日、代理の市職員を通じて田中議長に「退任願」を提出した。退任願は午後2時半ごろに受理された[46]。今村は退職の理由について公に説明することなく、正午ごろ退庁[45]。これに対し井戸敏三知事は同日の定例会見で「市政を投げ出したような感じを市民に与えることになり、残念だ」と述べた[42]
  • 2月20日、市議会は今村の辞職に全会一致で同意した[8]。今村は「体調不良」を理由に登庁せず、市議会本会議を欠席した[47]。夕方に自身のブログを更新。「どうせ三月は議会、四月は新年度当初で現場での引き継ぎや走り出しが中心」だから辞職したとつづった。そして「blogの更新もこれが最後です。Facebookのアカウントもしばらくしたら閉じます」「政治や新聞と永遠に関係のない人生を送ります」と述べた[48]。松永副市長と掛田副市長はこうした今村の姿勢について、「子どものよう。情けない」と批判した[49]
  • 4月15日、今村の辞職にともなう市長選挙が行われ、市長退職金の廃止を公約とした石井登志郎が当選した[50]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 20. 兵庫県知事・市町長・議会議員任期満了日一覧/参考資料:兵庫県市町要覧
  2. ^ a b c d 今村岳司オフィシャルサイト - いまむらたけし・history
  3. ^ a b c d e f g h 関西じつわ & 1999年10月号 No.65, p. 72.
  4. ^ 西宮市議会議員選挙 結果 - ザ選挙(1999年4月)
  5. ^ 今村岳司オフィシャルサイト - 活動日記 2014年4月12日
  6. ^ “西宮市長選 41歳今村氏が初当選”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2014年4月20日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201404/0006880137.shtml 2015年1月22日閲覧。 
  7. ^ “「市民とともに改革進める」今村・西宮市長が初登庁 兵庫”. 産経ニュース (産経新聞). (2014年5月17日). http://www.sankei.com/region/news/140517/rgn1405170020-n1.html 2015年1月22日閲覧。 
  8. ^ a b “暴言・西宮市長の辞職、市議会が同意 市長は姿見せず”. 朝日新聞. (2018年2月20日). https://www.asahi.com/articles/ASL2M76ZPL2MPIHB02Y.html 2018年2月20日閲覧。 
  9. ^ あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。 - 今村岳司 活動日記(2011-03-13)
  10. ^ a b “西宮市長のチラシに演出?写真とコメント「無関係」”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞). (2014年6月23日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201406/0007081754.shtml 2015年1月22日閲覧。 
  11. ^ 西宮市長:「偏向報道」は取材拒否 機関名や内容公表 Archived 2015年1月26日, at the Wayback Machine. 毎日新聞 2015年1月23日
  12. ^ “西宮市長「偏向報道」なら取材拒否 市が判断、メディア名も公表”. 神戸新聞. (2015年1月23日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201501/0007683876.shtml 2016年7月19日閲覧。 
  13. ^ 西宮市の「偏向報道」対応に論議 市、取材拒否を削除朝日新聞2015年1月27日
  14. ^ “「偏向報道には取材拒否」元リクルートの市長、メディアと全面対決…在京テレビ局の「謝罪」で怒り収まらず”. 産経WEST. (2015年2月4日). http://www.sankei.com/west/news/150204/wst1502040004-n1.html 2016年7月19日閲覧。 
  15. ^ 今村岳司 活動日記(2015-01-28)
  16. ^ “西宮市長「驚きに震える」 宝塚市長「怒りに震える」に反論”. 神戸新聞. (2015年11月26日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201511/0008598883.shtml 2016年7月19日閲覧。 
  17. ^ “「怒りに震える人いることに驚きに震える」と西宮市長 HP優先の方針固持 批判の宝塚市長と“応酬””. 産経WEST. (2015年11月27日). http://www.sankei.com/west/news/151127/wst1511270032-n1.html 2016年7月19日閲覧。 
  18. ^ “条例否決、批判決議… 激化する西宮市長VS議会”. 神戸新聞. (2016年3月22日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201603/0008917569.shtml 2016年7月19日閲覧。 
  19. ^ 西宮市議会だより 第126号 平成28年2月10日
  20. ^ 今村岳司 活動日記(2015-12-15)
  21. ^ 西宮市議長が異例の市長批判 Archived 2015年12月26日, at the Wayback Machine.神戸新聞2015年12月25日
  22. ^ “「議会判断理解してない」 西宮市長を議長が批判”. 産経WEST. (2015年12月25日). http://www.sankei.com/west/news/151225/wst1512250075-n1.html 2016年7月19日閲覧。 
  23. ^ “借り上げ復興住宅明け渡し求め提訴 西宮市”. 神戸新聞. (2016年5月30日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201605/0009134286.shtml 2016年7月19日閲覧。 
  24. ^ “兵庫・西宮市広報紙「政治家は投票者の代表」、県選管は「誤解与える」”. 産経WEST. (2016年6月30日). http://www.sankei.com/west/news/160630/wst1606300090-n1.html 2016年7月20日閲覧。 
  25. ^ 参院選広報に「政治家は投票者の代表」、西宮市[リンク切れ] 読売新聞 2016年6月30日
  26. ^ 西宮市「政治家は投票した人の代表」 – 久元 喜造ブログ
  27. ^ “選挙ミス連発で西宮市長謝罪 広報批判には不快感”. 神戸新聞. (2016年7月14日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201607/0009285185.shtml 2016年7月20日閲覧。 
  28. ^ “「西宮市長は裸の王様」広報紙表現問題で市会議長”. 神戸新聞. (2016年7月8日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201607/0009266100.shtml 2016年7月19日閲覧。 
  29. ^ “議長が再び市長批判「議員にらみつける」 西宮”. 神戸新聞. (2016年10月4日). http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201610/0009553673.shtml 2016年12月2日閲覧。 
  30. ^ 西宮市政ニュースWEB版 2016年10月10日 第1490号 中学生・高校生の皆さんナマの声を聴かせて! 君の挑戦を支援する “中高生30,000人の夢project”始動
  31. ^ a b “過去の“不良”行為 市長が中高生に自慢 西宮”. 神戸新聞. (2016年12月13日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201612/0009749442.shtml 2016年12月14日閲覧。 
  32. ^ 西宮市議会会議録検索システム
  33. ^ Smokin' in the boys room 今村岳司活動日記 2016年12月8日
  34. ^ 西宮市長、ブログで議員をやゆ「ダサいスーツの女教師」 共同通信2016年12月14日
  35. ^ “西宮市長「不良自慢」発言の撤回拒否”. 神戸新聞. (2016年12月19日). https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201612/0009765031.shtml 2017年5月17日閲覧。 
  36. ^ “今村市長就任3年 西宮市政を検証(上)”. 神戸新聞. (2017年5月17日). https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201705/0010193836.shtml 2017年5月17日閲覧。 
  37. ^ a b 西宮市長が退任願 退職金700万円減額の条例成立前に朝日新聞、2018年2月19日
  38. ^ “西宮市長・今村氏が記者に「殺すぞ」と取材拒否”. 神戸新聞. (2018年1月4日). https://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20180104007.html 2018年1月4日閲覧。 
  39. ^ “西宮市長・今村氏「寄るな」「くそがき」 記者とのやりとり”. 神戸新聞. (2018年1月4日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201801/0010868772.shtml 2018年1月4日閲覧。 
  40. ^ “「情けない…」西宮市長の発言問題で市議会議長が声明”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. (2018年1月12日) 
  41. ^ “西宮市長、改めて記者を批判「殺すぞ」発言に関連し”. 京都新聞. 京都新聞社. (2018年1月19日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180119000093 2018年1月19日閲覧。 
  42. ^ a b “「退任願」職員に託し退庁… 暴言の西宮市・今村市長”. 神戸新聞. (2018年2月20日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201802/0011001407.shtml 2018年2月20日閲覧。 
  43. ^ “西宮市長の退職金減額、提案へ 市会、暴言問題で”. 神戸新聞. (208-02-06). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201802/0010962920.shtml 2018年2月20日閲覧。 
  44. ^ “暴言市長の施政方針演説「させぬ」 西宮市会、異例の定例会へ”. 神戸新聞. (2018年2月13日). https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201802/0010983440.shtml 2018年2月20日閲覧。 
  45. ^ a b “副市長が会見「振る舞い問題あった」 西宮市長、退任願”. 朝日新聞. (2018年2月20日). https://www.asahi.com/articles/ASL2M4K3QL2MPIHB011.html 2018年2月20日閲覧。 
  46. ^ a b “西宮市長、辞職の意向 議会が退職金の減額条例案調整中”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. (2018年2月19日). https://www.asahi.com/articles/ASL2M4FLDL2MPTIL00N.html?iref=comtop_8_05 2018年2月19日閲覧。 
  47. ^ “「殺すぞ」暴言・西宮市長辞職に市議会同意、本人は「体調不良」で姿見せず…退職金削減案は見送り、2710万円受け取り可”. 産経新聞. (2018年2月20日). http://www.sankei.com/west/news/180220/wst1802200036-n1.html 2018年2月20日閲覧。 
  48. ^ 最後に 今村岳司活動日記 2018年2月20日
  49. ^ “今村氏のブログ内容「子どものよう」 西宮副市長”. 神戸新聞. (2018年2月20日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201802/0011003838.shtml 2018年2月20日閲覧。 
  50. ^ 西宮市長に元衆院議員石井氏 自公推薦候補ら破る神戸新聞、2018/4/16

参考文献[編集]

  • 「茶髪ピアスの市会議員 今村岳司さん」、『関西じつわ 1999年10月号 No.65』、日本ジャーナル出版1999年10月、 72頁。

外部リンク[編集]


先代:
河野昌弘
Flag of Nishinomiya, Hyogo.svg 兵庫県西宮市長
第13代:2014年 - 2018年
次代:
石井登志郎