八木米次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八木 米次(やぎ よねじ、1913年5月17日 - 1992年12月5日)は、日本の政治家である。兵庫県西宮市長。兵庫県西宮市出身。息子は紙すき職人の八木米太朗

略歴[編集]

昭和高等商業学校(現大阪経済大学)卒業。1951年から8期にわたり西宮市議会議員を務め、議長も歴任。

1980年11月の西宮市長選挙に立候補し当選。3期12年にわたり市長を務め、全国初となる24時間ドクターカー制度の設置や、兵庫イアーバンクに整備など多くの業績を残した。

また、JR宝塚線西宮名塩駅設置にも貢献し、同駅の駅前広場には、記念碑がある。

従四位、勲三等旭日中綬章を受章。

先代:
第8代:1975年 - 1980年
奥五一
西宮市長
第9代:1980年 - 1992年
八木米次
次代:
第10代:1992年 - 2000年
馬場順三