戸浦六宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とうら ろっこう
戸浦 六宏
本名 東良 睦宏(とうら むつひろ)
生年月日 (1930-04-30) 1930年4月30日
没年月日 (1993-03-25) 1993年3月25日(満62歳没)
出生地 大阪府大阪市
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1960年 - 1993年
主な作品
『薮の中の黒猫』/『竹山ひとり旅』
『沈黙』/『とべない沈黙』

戸浦 六宏(とうら ろっこう、1930年4月30日 - 1993年3月25日)は、日本俳優大阪府大阪市出身。本名は東良 睦宏(とうら むつひろ)。

代表作に『薮の中の黒猫』、『竹山ひとり旅』、『沈黙』、『とべない沈黙』など。

ライター・編集者・AV監督の東良美季は息子[1][2]

来歴・人物[編集]

京都大学文学部英文学科在学中から演劇志望であり、大学内の劇団「風波」で活動していた。映画監督野田幸男も、在学中に同劇団に参加している。また、同窓生の大島渚らと学生運動にも参加していた。

卒業後に大阪高等学校 (私立)英語教師をしながらセミプロの劇団活動を行っていた。

1960年、大島演出の『太陽の墓場』で、大島から「関西弁がうまい役者」を探すよう依頼され、紹介しているうちに自身も出演することになり映画デビューする。冷酷なやくざの親分役で、個性的な悪役としての評価を得た。同年の『日本の夜と霧』にも出演し、高校の英語教師を退職して俳優となる。

1961年に大島が設立した創造社に参加し、『飼育』から『白昼の通り魔』『儀式』に至る大島作品に出演、『戦場のメリークリスマス』にもかつての大島組から唯一出演している。一般的には1961年TBSドラマ『新選組始末記』の土方歳三役で広く知られるようになる。

鋭い目と深い隈の特徴的な顔立ち、知性的でありながら残忍さがあふれる個性的な名悪役で知られているが、その演技力は幅広く、テレビドラマ『野性の証明』(1979年MBS / 東映)では柔和な笑顔を見せる温厚な編集局長を演じ、多くの映画やテレビドラマに出演した。

人間ドックに入っていた1993年3月25日、多発性動脈瘤のため東京・文京区の東京大学医学部附属病院で死去。62歳没。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 東良美季『AV黄金列伝』文庫ぎんが堂、2010年、pp.251-252
  2. ^ 東良美季『東京ノアール 消えた男優太賀麻郎の告白』イースト・プレス、2011年、p.632

外部リンク[編集]