興譲館高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
興譲館高等学校
Kouujyoukan High School.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人興譲館
設立年月日 1853年嘉永6年)
創立記念日 10月1日
創立者 阪谷朗廬
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 33515A
所在地 715-0006
岡山県井原市西江原町2257番地1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

興譲館高等学校(こうじょうかんこうとうがっこう)は、岡山県井原市西江原町にある私立高等学校である。

特色[編集]

1853年嘉永6年)、後月郡西江原村に創立。2004年平成16年)度から「普通科スーパー進学コース」を設置。2006年(平成18年)度、普通科のみのコース制に移行するなどの「興譲館革命」と称した学科再編を実施。

学科[編集]

  • 全普通科
    • 国公立特別進学コース(現3年生のみ)
    • 特別進学コース
    • トータル進学コース(現1・2年生のみ)
    • キャリアデザインコース
      • 工業系
      • 商業系
    • スポーツコース

クラブ活動[編集]

歴史[編集]

年表[編集]

  • 1853年嘉永6年)
  • 1900年明治33年)
    • この年、漢学・数学2学科併設の私立学校となる。
  • 1936年昭和11年)
    • この年、中学校令による修業5ヶ年の中学校となる。
  • 1944年(昭和19年)
    • この年、商業学校を併設。
  • 1948年(昭和23年)
    • この年、工業学校を併設。学制改革により普通、商業、工業3学科の高等学校となる。
  • 1964年(昭和39年)
    • この年、電気科新設。
  • 2000年平成12年)
    • この年、学科改編。普通科、情報ビジネス科、情報技術科の3学科となる。
  • 2004年(平成16年)
    • この年、普通科スーパー進学コース新設。
  • 2006年(平成18年)
    • この年、全普通科に改編。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月11日、井原市東江原町に野球練習場が完成[1]
    • 3月21日、男子寮「小松安弘記念教育寮」が竣工。エフピコ会長の小松安弘が建設費を寄付、敷地は化繊ノズル製作所が無償提供。これにより運動部以外の生徒の入寮が可能となる[2]
    • 5月11日、野球練習場の落成式および記念試合を行う[3]
  • 2014年(平成26年)
    • この年の新入生から、国公立特別進学コース、特別進学コース、地域産業コース、文化・スポーツコースに改編。
    • 12月12日、来春から笠岡市飛島の廃校となった笠岡市立飛島小学校・中学校を活用し、通信制課程を始めることが報じられる[4][5]
  • 2015年(平成27年)
    • この年の新入生から、トータル進学コースが追加。
    • 1月15日、井原市井原町にあった特定医療法人天敬会井原中央病院(2014年末に自主廃業)の土地建物が本校に寄付されることとなり、譲渡契約を結ぶ[6][7]

著名な出身者[編集]

著作物[編集]

  • 『興譲館・長距離ランナー走りのつくりかた 安定した走りを生みだす、補強運動と動きづくり』(指導・解説 : 森政芳寿(興譲館高校陸上部監督)、実技 : 興譲館高校女子陸上部、ジャパンライム、2010年12月、DVD

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ “待望のグラウンドで初練習 井原、興譲館高野球部”. 山陽新聞朝刊 笠岡・井原圏版 (山陽新聞社): p. 26. (2013年3月13日). オリジナル2013年5月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130515192944/http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013031310231976/ 2014年8月12日閲覧。 
  2. ^ 宗宮正行 (2013年3月22日). “興譲館高の新男子寮完成 運動部以外も利用可能”. 山陽新聞朝刊 笠岡・井原圏版 (山陽新聞社): p. 32 
  3. ^ “野球部OBが専用球場プレゼント 井原・興譲館高が記念試合”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2013年5月11日). オリジナル2013年6月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130605050458/http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013051120102060/ 2014年8月12日閲覧。 
  4. ^ “興譲館高 笠岡・飛島拠点に通信制 15年4月新設 廃校使い面接授業”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2014年12月13日). http://www.sanyonews.jp/article/107809/1/?rct=igasa 2014年12月17日閲覧。 
  5. ^ “興譲館高が離島の廃校で通信教育”. 中国新聞 (中国新聞社). (2014年12月13日). オリジナル2014年12月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141217035902/http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=113551&comment_sub_id=0&category_id=110 2015年9月22日閲覧。 
  6. ^ “旧井原中央病院の土地建物寄付 運営の医療法人、興譲館高に”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2015年1月15日). http://www.sanyonews.jp/article/120936/1/?rct=igasa 2015年1月19日閲覧。 
  7. ^ “元井原中央病院を興譲館に譲渡”. 中国新聞 (中国新聞社). (2015年1月16日). オリジナル2015年1月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150119163749/http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=121956&comment_sub_id=0&category_id=112 2015年9月22日閲覧。 
  8. ^ a b c 【挑め-リオに出場する郷土勢】<1>陸上女子1万メートル 高島由香(資生堂、岡山・興譲館高出)”. 中国新聞 (2016年7月12日). 2016年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]