この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

青木沙弥佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木沙弥佳 Portal:陸上競技
Sayaka Aoki (athlete) In 400m Hurdles competitors (cropped).jpg
選手情報
フルネーム 青木沙弥佳
国籍 日本の旗 日本
種目 400m400mH
所属 東邦銀行
生年月日 (1986-12-15) 1986年12月15日(31歳)
生誕地 岐阜県岐阜市
身長 163cm
体重 51kg
自己ベスト
400m 53秒34 (2014年)
400mハードル 55秒94 (2008年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

青木 沙弥佳(あおき さやか、1986年12月15日 - )は、日本の陸上競技選手。岐阜県岐阜市出身。専門は400mと400mハードル。北京オリンピック日本代表、2007年2009年世界選手権日本代表。東邦銀行所属。

来歴

岐阜市立境川中学校で陸上を始めた。陸上部に入部してしばらくは走高跳を専門としていたが、2年生になって200m、3年生になってハードルを始めた。中学時代は全日本中学校選手権の4×100mリレーで8位入賞を果たしている[1]

岐阜県立岐阜商業高等学校に入学後は100mや4×100mリレーを専門としていたが、2年生の時に400mハードルを始めた。高校時代はインターハイ国体の400mハードルでそれぞれ3位と2位の実績を残した[1]

2005年に岐阜県立岐阜商業高等学校・国際コミュニケーション科を卒業後、福島大学に入学。川本和久の指導を受け日本のトップ選手へと成長した。

2006年日本インカレで400mハードルに出場し、日本歴代3位となる57秒08の好タイムをマークした。

2007年日本選手権400mハードルで元日本記録保持者の吉田真希子を押さえ、現日本記録保持者の久保倉里美に次いで準優勝。日本インカレでは、400mで学生歴代2位となる53秒40を記録し、日本記録保持者の丹野麻美に次ぐ準優勝、400mハードルでは優勝した。これらの活躍が認められ、マイルリレー要員として大阪世界選手権代表に選出された。

2008年北京オリンピックでもマイルリレーにて初の出場を果たす。大分県で行われた国民体育大会400mハードルで55秒94の日本学生新記録を樹立する。

人物・エピソード

  • 中学の部活選びの時に陸上部と卓球部で迷ったが、卓球部では球拾いなどをしないといけないため、すぐに走ることができる陸上部を選択した[1]
  • 400mハードルを始めたきっかけは、100m専門の友人が記録会で400mを走るというので、それなら自分は400mハードルを走るという「ノリ」だったという。なお、その年の国体で出られそうなのが400mハードルくらいしかなかったこともあったという[1]
  • 陸上と水泳以外のスポーツは苦手。好きなことは絵を描くこと[1]

記録

脚注

  1. ^ a b c d e 「マイプライバシー (青木沙弥佳)」、『月刊陸上競技』第42巻第1号、講談社、2008年1月号、 141頁。

関連項目

外部リンク