清水将也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 将也(しみず まさや、1980年11月12日 - )は、兵庫県豊岡市出身の日本陸上競技長距離マラソン)選手である。日本大学卒業。旭化成陸上部を経て、旭化成延岡陸上部所属。双子の弟である清水智也もマラソン・長距離の元選手。

略歴[編集]

弟の影響で小5のときに陸上を始めた。高校は兄弟揃って県内の名門西脇工業高校に進み、ともに全国高校駅伝に出場し、大会2連覇に貢献。将也は2年連続区間賞を獲得している。日大進学後も兄弟揃って4年連続で箱根駅伝に出場した。

大学卒業後は旭化成に入社。一方、弟は佐川急便に入社しており社会人で初めて兄弟別のチームとなった。

2005年のびわ湖毎日マラソンで初マラソンも14位と惨敗。その後もマラソンでは奮わなかったが、2008年の延岡西日本マラソンで初優勝を果たす。

2009年のびわ湖毎日マラソンで初の兄弟直接対決が実現。日本人トップとなる4位で世界選手権切符を手にした。本大会では11位に入り国別対抗銅メダルを獲得した。

2012年3月に現役を引退した。引退後は旭化成で社業に専念している[1]。…はずだったが2014年に青島太平洋マラソンに出場し優勝した。2019年に招待選手として姫路城マラソンを走り、12位になった。現在は旭化成延岡に所属する現役選手である。

主な戦績[編集]

  • 2005年 びわ湖毎日マラソン 14位
  • 2006年 びわ湖毎日マラソン 7位
  • 2007年 福岡国際マラソン 11位
  • 2008年 延岡西日本マラソン 優勝 2時間13分07秒
  • 2008年 北海道マラソン 3位 2時間15分29秒
  • 2009年 びわ湖毎日マラソン 4位 2時間10分50秒
  • 2014年 青島太平洋マラソン 優勝 2時間24分51秒
  • 2015年 静岡マラソン 2時間25分45秒 招待選手のため順位無し
  • 2015年 九州実業団毎日駅伝 7区 区間10位 45分00秒
  • 2016年 世界遺産姫路城マラソン 優勝 2時間22分27秒
  • 2016年 九州実業団毎日駅伝 7区 区間9位 45分39秒
  • 2016年 青島太平洋マラソン 優勝 2時間24分14秒
  • 2017年 南九州駅伝 1区 区間4位 37分51秒
  • 2017年 九州実業団毎日駅伝 7区 区間11位 45分45秒
  • 2018年 南九州駅伝 7区 区間7位 35分50秒
  • 2018年 九州実業団毎日駅伝 7区 区間13位 50分37秒
  • 2018年 西都市ロードレース 10km 2位 31分15秒
  • 2019年 南九州駅伝 4区 区間3位 22分44秒
  • 2019年 世界遺産姫路城マラソン 12位 2時間37分18秒

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会員200人が選手ら激励 夕刊デイリーWeb ヘッドラインニュース(2012年3月31日)

外部リンク[編集]