小林史和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小林 史和(こばやし ふみかず、1978年3月21日 - )は、日本の元陸上競技選手。1000m1500m1マイル(室内)、2000m日本記録保持者。岐阜県高山市出身。中京商業高等学校(現中京学院大学附属中京高等学校)、拓殖大学卒業。NTN所属。現在は愛媛銀行女子陸上部監督。

経歴[編集]

1993年4月、中京商業高等学校入学。中京商業の選手として3年連続、全国高等学校駅伝競走大会に出場。1年生時(1993年)は、2区(3 km)区間8位(8分31秒)、2年生時(1994年)は、1区(10 km)区間13位(30分36秒)、3年生時(1995年)は、1区(10 km)区間9位(30分8秒)の成績を修める。中京商業3年時(1995年)に鳥取インターハイ5000m13位、ふくしま国体少年A5000m4位入賞。 1996年4月、拓殖大学に入学。拓殖大学時代は箱根駅伝に4年連続で出場したが、3年時は4区で区間最下位の大ブレーキを起こすなど、あまり目だった活躍は無かった[1]。2000年3月、拓殖大学卒業。

2000年4月にNTNに入社。入社時に、小林の中距離の適性を感じていた拓殖大学監督の米重修一からNTN監督の愛敬重之に『奴をもう一度短い距離に戻してくれ』という要請がある。以来、監督と二人で1500m中心の練習を行う。同年の日本選手権1500mで5位入賞。この成績で意を強くし、その練習を継続すると翌01年には日本選手権1500mで優勝。日本一になった小林は、日本記録をターゲットに定める。それまでの3分49秒73(2000年)から01年3分42秒44、02年3分39秒86、03年3分39秒15とタイムを短縮する。 2004年7月31日ベルギーヒュースデン=ゾルダーで開催されたナイトオブアスレチックスにおいて3分37秒42の自己新記録を樹立し、石井隆士が保持していた男子陸上1500mの日本記録を27年ぶりに更新した。2007年世界陸上競技選手権大阪大会で1500mに出場し準決勝進出の快挙を成し遂げた。2008年には第92回日本選手権1500mを3分49秒96の記録で制し、4年連続となる6度目の優勝を飾った。

2016年4月、現役を退き、愛媛銀行女子陸上部の監督に就任した[2]

主な戦績[編集]

大会 距離 順位 記録 備考
2001 第85回日本選手権 1500m 優勝 3分44秒46
2002 第86回日本選手権 1500m 優勝 3分51秒56
2002 アジア競技大会 1500m 6位 3分49秒18
2003 第87回日本選手権 1500m 3位 3分49秒86
2003 アジア選手権 1500m 3位 3分42秒96
2004 第88回日本選手権 1500m 3位 3分46秒45
2005 第89回日本選手権 1500m 優勝 3分40秒14
2005 世界陸上競技選手権 1500m 予選 3分51秒76
2006 第90回日本選手権 1500m 優勝 3分41秒37
2006 アジア競技大会 1500m 5位
2007 第91回日本選手権 1500m 優勝 3分49秒86
2007 アジア選手権 1500m 10位
2007 世界陸上競技選手権 1500m 準決勝 3分43秒64
2008 第92回日本選手権 1500m 優勝 3分49秒96
2009 第93回日本選手権 1500m 2位 3分44秒34
2010 第94回日本選手権 1500m 9位 3分49秒56

駅伝成績[編集]

大会名 区間 距離 順位 記録 備考
第73回箱根駅伝 6区 20.7 km 区間8位 1時間01分27秒
第74回箱根駅伝 6区 20.7 km 区間7位 1時間01分05秒
第75回箱根駅伝 4区 20.9 km 区間15位 1時間11分01秒
第76回箱根駅伝 6区 20.7 km 区間6位 1時間00分18秒

自己ベスト[編集]

  • 1000m - 2分19秒65(2005年)日本記録
  • 1500m - 3分37秒42(2004年)日本記録
  • 1マイル(屋外) - 3分59秒06(2002年)
  • 1マイル(室内) - 4分04秒76(2005年)日本記録
  • 2000m - 5分07秒24(2006年)日本記録
  • 5000m - 13分45秒65(2004年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]