この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

千葉麻美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
丹野麻美から転送)
移動先: 案内検索
千葉 麻美 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 千葉 麻美
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
所属 東邦銀行
生年月日 (1985-09-25) 1985年9月25日(32歳)
生誕地 福島県西白河郡矢吹町
居住地 福島市
身長 162cm
体重 48kg
引退 2016年
自己ベスト
100m 11秒76
200m 23秒64
400m 51秒75(日本記録)
800m 2分02秒64
編集 テンプレートのヘルプを表示する

千葉 麻美(ちば あさみ、旧姓丹野1985年9月25日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は短距離で、女子400mの日本記録保持者。

来歴

自己ベスト

種目 記録 年月日 場所 大会 備考
個人種目
100m 11秒76 (+1.1m/s) 2007年9月8日 日本の旗 平塚市 全日本学生チャンピオンシップ
200m 23秒64 (0.0m/s) 2007年6月10日 日本の旗 新宿区 日本インカレ 元日本学生記録
400m 51秒75 2008年5月3日 日本の旗 袋井市 静岡国際 日本記録
400m (室内) 53秒64 2005年3月1日 中華人民共和国の旗 天津市 日中対抗室内 室内日本記録
800m 2分02秒64 2009年10月4日 日本の旗 新潟市 国民体育大会
リレー種目
4x100mR 44秒37 (2走) 2012年10月27日 日本の旗 横浜市 日本選手権リレー
4x200mR 1分35秒36 (2走) 2015年10月17日 日本の旗 福島市 ふくしまリレーズ 日本記録
4x400mR 3分28秒91 (3走) 2015年8月29日 中華人民共和国の旗 北京市 世界選手権 日本記録
メドレーR 2分05秒81 (3走) 2012年10月14日 日本の旗 小田原市 実業団・学生対抗 日本記録

主要大会成績

国際大会

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2002 アジアジュニア選手権 タイ王国の旗 バンコク 400m 2位 54秒72
4x400mR 3位 3分44秒48 (2走)
2004 アジア室内選手権 イランの旗 テヘラン 200m 3位 24秒99
アジアジュニア選手権 マレーシアの旗 イポー 400m 2位 52秒88 当時日本記録
4x100mR 優勝 46秒01 (2走)
世界ジュニア選手権 イタリアの旗 グロッセート 400m 6位 53秒34
4x400mR 予選1組5着 45秒80 (2走)
2005 世界選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 400m 予選2組6着 52秒80 世界選手権同種目に日本選手初となる出場
ユニバーシアード トルコの旗 イズミル 400m 4位 52秒91
アジア選手権 大韓民国の旗 仁川 400m 3位 52秒91
4x400mR 3位 3分33秒54 (2走)
東アジア大会 中華人民共和国の旗 マカオ 400m 優勝 52秒69
4x400mR 2位 3分36秒64 (4走)
2006 ワールドカップ ギリシャの旗 アテネ 4x400mR 9位 3分38秒85 (1走) アジア代表
アジア大会 カタールの旗 ドーハ 400m 3位 53秒04
4x400mR 4位 3分35秒08 (4走)
2007 アジア選手権 ヨルダンの旗 アンマン 400m 2位 53秒20
4x400mR 2位 3分33秒82 (4走)
世界選手権 日本の旗 大阪 400m 準決勝1組8着 51秒81 世界選手権の女子短距離種目で日本選手初となる準決勝進出[注 1]
4x400mR 予選2組6着 3分30秒17 (2走) 当時日本記録
2008 オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 400m 予選5組4着 52秒60 オリンピック同種目で日本選手44年ぶりとなる出場[注 2]
4x400mR 予選1組8着 3分30秒52 (2走) オリンピック同種目で日本勢初となる出場
2009 世界選手権 ドイツの旗 ベルリン 400m 予選6組5着 53秒30
4x400mR 予選2組8着 3分34秒46 (2走)
アジア選手権 中華人民共和国の旗 広州 400m 優勝 53秒32
4x400mR 3位 3分31秒95 (4走)
2010 コンチネンタルカップ クロアチアの旗 スプリト 400m 8位 53秒38 アジア・太平洋代表
アジア大会 中華人民共和国の旗 広州 400m 2位 52秒68
4x400mR 4位 3分31秒81 (2走)
2013 アジア選手権 インドの旗 プネー 4x400mR 3位 3分35秒72 (1走)
2014 アジア大会 大韓民国の旗 仁川 4x400mR 2位 3分30秒80 (4走)
2015 世界リレー バハマの旗 ナッソー 4x400mR B決勝2位 3分34秒65 (2走)
アジア選手権 中華人民共和国の旗 武漢 400m 7位 54秒71
4x400mR 4位 3分35秒93 (2走)
世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 4x400mR 予選2組7着 3分28秒91 (3走) 日本記録

日本選手権

リレー種目は日本選手権リレーの成績

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2004 日本選手権 鳥取市 200m 5位 24秒28 (+0.4)
400m 優勝 53秒62
前橋市 4x100mR 優勝 45秒83 (4走)
4x400mR 優勝 3分36秒73 (1走) 当時日本学生記録
2005 日本選手権 東京都 200m 2位 24秒02 (+0.5)
400m 優勝 51秒93 当時日本記録
前橋市 4x400mR 優勝 3分38秒36 (2走)
2006 日本選手権 神戸市 200m 準決勝棄権 DNS 予選5組1着:24秒43 (0.0)
400m 決勝棄権 DNS 準決勝2組2着:54秒12
横浜市 4x100mR 優勝 44秒80 (2走) 日本学生記録
4x400mR 優勝 3分36秒93 (4走)
2007 日本選手権 大阪市 200m 2位 23秒83 (0.0)
400m 優勝 52秒48
横浜市 4x100mR 2位 45秒73 (2走)
4x400mR 優勝 3分34秒70 (2走) 日本学生記録
2008 日本選手権 川崎市 400m 優勝 52秒68
横浜市 4x100mR 優勝 44秒75 (4走)
4x400mR 優勝 3分38秒13 (4走)
2009 日本選手権 広島市 400m 優勝 52秒96
2010 日本選手権 丸亀市 400m 3位 54秒64
2012 日本選手権 大阪市 400m 予選3組3着 56秒06
横浜市 4x100mR 優勝 44秒37 (2走)
4x400mR 優勝 3分35秒90 (3走)
2013 日本選手権 調布市 400m 4位 53秒76
横浜市 4x100mR 優勝 45秒49 (2走)
2014 日本選手権 福島市 400m 3位 54秒83
横浜市 4x100mR 優勝 45秒38 (2走)
4x400mR 3位 3分41秒33 (4走)
2015 日本選手権 新潟市 400m 5位 53秒65
横浜市 4x100mR 2位 44秒48 (2走)
2016 日本選手権 名古屋市 400m 予選2組7着 55秒80
横浜市 4x100mR 2位 45秒08 (4走)
4x400mR 2位 3分42秒09 (2走) 現役最後のレース

その他

大会 場所 種目 結果 記録 備考
中学生時代
2000 ジュニアオリンピック 横浜市 100m 優勝 12秒47 (-0.6)
高校生時代
2001 インターハイ 熊本市 4x100mR 準決勝2組7着 51秒09 (2走)
国民体育大会 宮城郡 400m 3位 57秒22
4x100mR 準決勝1組6着 46秒68 (1走)
2002 インターハイ 那珂市 400m 2位 55秒64
国民体育大会 高知市 400m 優勝 55秒10
2003 日本ジュニア選手権 前橋市 400m 優勝 55秒56
インターハイ 長崎市 200m 優勝 24秒24 (+0.3)
400m 優勝 54秒24
4x400mR 5位 3分50秒93 (2走)
国民体育大会 袋井市 400m 優勝 53秒59
2004 日中対抗室内横浜 横浜市 200m 2位 24秒44 室内ジュニア日本記録
大学生時代
2004 織田記念国際 広島市 400m 優勝 54秒48
静岡国際 袋井市 200m 4位 24秒09 (+2.0)
日本ジュニア選手権 神戸市 400m 優勝 54秒11
日本インカレ 東京都 200m 優勝 23秒95 (+0.4)
400m 優勝 53秒20
4x400mR 優勝 3分37秒30 (2走) 当時日本学生記録
日本学生ジュニア選手権 平塚市 100m 優勝 12秒09 (-0.4)
アジア・オールスター選手権 シンガポール 400m 2位 53秒58
実業団・学生対抗 小田原市 400m 優勝 53秒79
メドレーR 優勝 2分11秒40 (4走)
国民体育大会 熊谷市 400m 優勝 54秒76
4x100mR 3位 46秒34 (2走)
2005 日中対抗室内天津 天津市 400m 53秒64 室内日本記録
織田記念国際 広島市 400m 優勝 53秒09
静岡国際 静岡市 200m 3位 24秒01 (-1.1)
国際グランプリ大阪 大阪市 4x400mR 優勝 3分36秒36 (2走)
日本インカレ 東京都 200m 優勝 23秒73 (+0.7) 当時日本学生記録
400m 優勝 52秒76
4x400mR 優勝 3分39秒32 (4走)
南部記念 札幌市 400m 優勝 53秒00
日本学生チャンピオンシップ 平塚市 800m 優勝 2分07秒31
スーパー陸上 横浜市 400m 4位 51秒80 当時日本記録
実業団・学生対抗 平塚市 400m 優勝 53秒66
メドレーR 優勝 2分07秒35 (4走) 当時日本記録
国民体育大会 岡山市 800m 優勝 2分04秒60
4x100mR 4位 46秒34 (2走)
2006 出雲陸上 出雲市 300m 優勝 39秒11
織田記念国際 広島市 400m 優勝 54秒81
静岡国際 静岡市 200m 2位 23秒55 (+2.5)
国際グランプリ大阪 大阪市 400m 優勝 51秒84
日本インカレ 横浜市 200m 優勝 24秒16 (-0.4)
400m 優勝 52秒39
4x100mR 優勝 45秒01 (2走) 当時日本学生記録
4x400mR 優勝 3分39秒89 (4走)
南部記念 札幌市 400m 2位 53秒82
スーパー陸上 横浜市 400m 2位 53秒54
国民体育大会 神戸市 400m 優勝 52秒65
4x100mR 5位 46秒01 (2走)
実業団・学生対抗 小田原市 メドレーR 優勝 2分06秒51 (4走) 当時日本記録
2007 織田記念国際 広島市 400m 優勝 53秒29
国際グランプリ大阪 大阪市 400m 2位 52秒17
4x400mR 優勝 3分30秒53 (2走) 日本記録
日本インカレ 東京都 200m 優勝 23秒64 (0.0) 当時日本学生記録
400m 優勝 52秒32
4x100mR 優勝 45秒59 (2走)
4x400mR 優勝 3分37秒68 (4走)
南部記念 札幌市 400m 優勝 52秒97
全日本学生チャンピオンシップ 平塚市 100m 2位 11秒76 (+1.1)
スーパー陸上 横浜市 200m 3位 24秒20 (-3.8)
400m 3位 52秒94
国民体育大会 秋田市 800m 優勝 2分05秒69
4x100mR 2位 46秒59 (2走)
実業団・学生対抗 平塚市 400m 優勝 53秒57
メドレーR 2位 2分08秒76 (4走)
社会人時代
2008 静岡国際 袋井市 400m 2位 51秒75 日本記録
国際グランプリ大阪 大阪市 400m 3位 52秒55
4x400mR 2位 3分35秒29 (2走)
南部記念 函館市 400m 優勝 52秒94
アジア・オールスター選手権 ボパール 400m 優勝 53秒00
全日本実業団選手権 天童市 200m 優勝 23秒98 (+2.0)
400m 優勝 54秒31
4x100mR 優勝 45秒23 (2走)
国民体育大会 大分市 200m 6位 24秒01 (+0.7)
4x100mR 優勝 45秒66 (2走)
2009 静岡国際 袋井市 400m 優勝 53秒21
国際グランプリ大阪 大阪市 400m 3位 52秒10
南部記念 札幌市 400m 優勝 52秒21
スーパー陸上 川崎市 400m 優勝 53秒32
全日本実業団選手権 岡山市 200m 2位 23秒68 (+1.9)
400m 優勝 52秒61
4x100mR 優勝 44秒97 (4走)
国民体育大会 新潟市 800m 優勝 2分02秒64
2010 全日本実業団選手権 新潟市 200m 2位 24秒42 (-0.1)
400m 優勝 54秒04
4x100mR 優勝 45秒25 (2走)
国民体育大会 千葉市 400m 3位 53秒83
4x100mR 7位 46秒46 (4走)
実業団・学生対抗 小田原市 400m 優勝 53秒32
メドレーR 2位 2分06秒64 (4走)
2012 静岡国際 袋井市 400m 決勝3組7着 55秒65 TR総合11位
4x400mR 優勝 3分33秒64 (4走)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 400m 6位 56秒29
全日本実業団選手権 福岡市 200m 5位 24秒45 (-0.2)
400m 3位 54秒67
4x100mR 優勝 45秒15 (2走)
国民体育大会 岐阜市 800m 4位 2分05秒71
実業団・学生対抗 小田原市 400m 優勝 54秒22
メドレーR 優勝 2分05秒81 (3走) 日本記録
2013 静岡国際 袋井市 400m 7位 55秒36
全日本実業団選手権 熊谷市 200m 3位 24秒05 (+0.6)
400m 優勝 53秒81
4x100mR 優勝 45秒89 (2走)
国民体育大会 調布市 400m 優勝 54秒14
4x100mR 5位 45秒85 (2走)
2014 静岡国際 袋井市 400m 4位 54秒82
ゴールデングランプリ東京 東京都 4x400mR 優勝 3分34秒31 (2走)
日中韓3カ国交流 金華市 4x400mR 優勝 3分32秒46 (2走)
全日本実業団選手権 山口市 200m 4位 24秒15 (+0.6)
400m 2位 54秒05
4x100mR 優勝 45秒40 (2走)
国民体育大会 諫早市 400m 3位 54秒21
4x100mR 8位 46秒64 (2走)
2015 織田記念国際 広島市 400m 3位 54秒78
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 400m 6位 54秒27
4x400mR 優勝 3分34秒87 (2走)
日中韓3カ国交流 札幌市 4x400mR 優勝 3分38秒18 (2走)
全日本実業団選手権 岐阜市 200m 5位 24秒46 (-0.2)
400m 優勝 54秒00
4x100mR 優勝 45秒00 (2走)
国民体育大会 和歌山市 400m 3位 54秒74
ふくしまリレーズ 福島市 4x200mR 優勝 1分35秒36 (2走) 日本記録
2016 静岡国際 袋井市 4x400mR 優勝 3分34秒58 (3走)
全日本実業団選手権 大阪市 400m 5位 54秒65
4x100mR 優勝 45秒08 (4走)

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ハードル種目も含む
  2. ^ 1964年東京大会の小川清子(準決勝1組8着)以来。

出典

  1. ^ 女子400メートルの日本記録保持者、丹野麻美が婚約”. 2010年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月8日閲覧。 - 産経新聞(2010年2月7日)
  2. ^ 丹野が結婚、千葉性に=800メートルにも挑戦 [リンク切れ] - 時事通信(2010年2月7日)
  3. ^ 丹野麻美、着物姿で婚約発表!今後は「千葉」です - スポーツニッポン(2010年2月8日)
  4. ^ ナチュリルアスリートクラブ廃部のお知らせ”. 2012年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月9日閲覧。 - ナチュリルアスリートクラブ
  5. ^ “「東邦銀行陸上競技部」の創設について” (PDF) (プレスリリース), 株式会社東邦銀行, (2011年3月31日), http://www.tohobank.co.jp/release/date/23-0331.pdf 2012年8月7日閲覧。 
  6. ^ ナチュリルの選手の転籍について”. TEAM 川本 (2011年3月31日). 2012年8月7日閲覧。
  7. ^ “日本記録保持者も 福島 東邦銀行が陸上部設立 復興へ支援活動”. スポーツニッポン (スポーツニッポン). (2011年4月1日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/04/01/kiji/K20110401000542590.html 2012年8月7日閲覧。 
  8. ^ 千葉麻美 大テレ妊娠報告…出産後はロンドン目指す - スポーツニッポン(2011年4月8日)
  9. ^ 日本、女子4×400メートルリレーで銀メダル アジア大会
  10. ^ アジア大会 陸上女子1600リレーで日本は銀
  11. ^ 千葉麻美選手の引退について”. 東邦銀行 (2016年10月25日). 2017年2月19日閲覧。
  12. ^ <千葉麻美>ラストラン「幸せな気持ち」”. 河北新報 (2016年10月31日). 2017年2月19日閲覧。

関連項目

外部リンク

記録
先代:
柿沼和恵
(52秒95)
400m日本記録保持者
(52秒88 - 51秒75)

2004年6月13日 -
次代:
未定