ハードル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハードル

  • 木枠に編んだ小枝で覆った簡易な垣根。編み垣。
  • 障害走のコース設営に用いられる器具。本項で解説する。

ハードル

ハードル(hurdle)とは、陸上競技障害走において使用される道具。10kg以上の重さがあり、高さの変更が可能となっており、3.6kg以上の力で押されると倒れる仕組みになっている。バーの長さは118~120cm、高さ70mm厚さ10~25mmで、ハードルの基底の長さは700mm以下で、基底には位置の調節が可能なおもりがついている。

ハードル競走[編集]

ハードルはハードル競走の際、競技レーンに一定の間隔をおいて設置される。選手は競技の際にこれらのハードルを跳躍しながらゴールを目指すこととなる。競技規則第168条(7),(8)により、故意にハードルを倒したと審判長が判断した場合は失格になるが、跳躍の流れの中でハードルが倒れた場合は失格にならず、記録も認められる。ただしハードルに当たりながら進んだ場合は反動で走行スピードが低下するため、選手は極力ハードルを倒さないようにして走行するのが一般的である。また選手がハードルの横を通り抜けたりくぐったり、あるいは隣のレーンのハードルを倒したりした場合は失格となる。

ハードルを飛び越えながらの走行となるため、ハードル跳躍のない他のトラック競技とはストライドや走行フォームなどのノウハウが大きく異なる。

使用される種目と高さ[編集]

競技場に設置されたハードル

このように、ハードルの高さは、元来イギリスの単位であるインチフィートヤードに基づいて作られているため、現在使われているメートル法において半端な数字となる。なお、これは、ハードルの高さにおいてだけでなく、ハードル競走の長さ(110mHのインターバル、110mHのスタート~1台目)、テニスのネットの高さなどにおいても同様である。

  • 762mm → 2.50フィート
  • 840mm → 2.75フィート
  • 914mm → 3.00フィート
  • 991mm → 3.25フィート
  • 1067mm → 3.50フィート(3フィート6インチ)

日本語における用法[編集]

日本語の日常会話においては、「集客の難しさがハードルとなっている。」など、物事の達成の障害となる要素の意で用いられる。

また、競技において高さが異なるハードルがあることから、「この機械は初心者にはハードルが高い。」など、ハードルの高さを物事の達成の難易度に比喩する。

また、平成期には走高跳のバーとの混同でハードルの高さを自由に調節できるとの認識から、物事の許容水準あるいは評価水準を高くすることを「ハードルを上げる」などと表現することもあった。