110メートルハードル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

110メートルハードル(英語: 110 metres hurdles)は、陸上競技障害走の一種で、10台のハードルを跳び越えながら110メートルを走るタイムを競う競技。主に男子の競技であり、女子では100メートルハードルが行われる。略してトッパ(ー)とも呼ばれる。

概要[編集]

  • 最初のハードルまでの距離13.72メートル。(45ft)
  • ハードル間の距離9.14メートル。(30ft)
  • 最後のハードルからゴールまでの距離14.02メートル。(46ft) -「インターバル」と呼ばれる。
  • ハードルの高さ
区分 表記 高さ フィート(実寸)
一般 110mH
106.7cm
3.5(106.68cm)
少年B 110mJH
99.0cm
3.25(99.06cm)
中学 110mYH
91.4cm
3(91.44cm)

一般に99.1cmの高さのハードルをジュニアハードルと言い、日本では主に少年B(中学3年生と高校1年生)が対象で、国体ジュニアオリンピック等で採用されている。世界ジュニア選手権でも、2006年から採用されている。なお、99.06cmを切り下げて99.0と表記されることもある。また、91.4cmのハードルをミドルハードルと言うこともある(2008年から表記は110mMH→110mYHに変更)。ミドルハードルは男子400メートルハードルで用いられる高さである。

なお、ハードルの高さ・長さが、それぞれ半端な数字になるのは、もともとイギリスの一般的な単位であるインチフィートヤードからきているからである。 もともと、ハードルの高さは、3.5フィート(3フィート6インチ)であり、それをもとに現在のジュニアハードルの高さは3.25フィート(3フィート3インチ)、ミドルハードルは3フィートになった。

また、110mHのスタートから1台目のハードルの長さである13.72mは15ヤード(45フィート)、インターバルの9.14mは10ヤード(30フィート)が元になっている。110mHが110mというほかの競技と違いきりのいい数字ではない理由も、120ヤードがもとであり、その後メートル法になる際、120ヤードは109.7mと110mにほぼ同じなので、110mHとなったからである。

インターバルの歩数は一般的に「3歩」と表現されるが、これは振り上げた前足がハードルを超えて着地するのを「0歩目」と換算していることによる。それに対して反対の足が1歩目および3歩目を担当し、3歩目がそのまま次のハードルの踏み切り足となるので、常に同じ足で踏み切っている状態が3歩と表現されている。スタートから1台目までの歩数は男女とも長らく8歩が主流であったが、特に男子のこの種目では長身で足の長い選手が活躍しやすいこともあり、近年では7歩に短縮を図った選手の台頭も目立つ。

男子・世界歴代10傑[編集]

タイム 風速 名前 所属 場所 日付
1 12秒80 +0.3 アリエス・メリット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ブリュッセル 2012年9月7日
2 12秒87 +0.9 ダイロン・ロブレス  キューバ オストラヴァ 2008年6月12日
3 12秒88 +1.1 劉翔 中華人民共和国の旗 中国 ローザンヌ 2006年7月11日
4 12秒89 +0.5 デビッド・オリバー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サン=ドニ 2010年7月16日
5 12秒90 +1.1 ドミニク・アーノルド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ローザンヌ 2006年7月11日
5 12秒90 +0.7 オマール・マクレオド ジャマイカの旗 ジャマイカ キングストン 2017年6月24日
7 12秒91 +0.5 コリン・ジャクソン イギリスの旗 イギリス シュトゥットガルト 1993年8月20日
8 12秒92 -0.1 ロジャー・キングダム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 チューリッヒ 1989年8月16日
8 12秒92 +0.9 アレン・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アトランタ 1996年6月23日
+0.2 ブリュッセル 1996年8月23日
10 12秒93 -0.2 レナルド・ニアマイア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 チューリッヒ 1981年8月19日

男子・エリア記録[編集]

エリア タイム 風速 名前 所属 場所 日付
アフリカ 13秒11 +1.8 アントニオ・アルカナ英語版  南アフリカ共和国 プラハ 2017年6月5日
アジア 12秒88 +1.1 劉翔 中華人民共和国の旗 中国 ローザンヌ 2006年7月11日
ヨーロッパ 12秒91 +0.5 コリン・ジャクソン イギリスの旗 イギリス シュトゥットガルト 1993年8月20日
北アメリカ 12秒80 +0.3 アリエス・メリット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ブリュッセル 2012年9月7日
南アメリカ 13秒27 +1.6 Paulo Villar  コロンビア グアダラハラ 2011年10月28日
オセアニア 13秒29 +0.6 カイル・バンダー=カイプ オーストラリアの旗 オーストラリア ヨーテボリ 1995年8月11日

男子・ジュニア世界歴代10傑[編集]

タイム 風速 名前 所属 場所 日付
1 13秒12 +1.6 劉翔 中華人民共和国の旗 中国 ローザンヌ 2002年7月2日
2 13秒23 0.0 レナルド・ニアマイア アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 チューリッヒ 1978年8月16日
3 13秒32 +0.7 De'Jour Russell ジャマイカの旗 ジャマイカ キングストン 2017年6月24日
4 13秒40 -1.0 史冬鵬 中華人民共和国の旗 中国 上海 2003年9月14日
5 13秒44 -0.8 コリン・ジャクソン イギリスの旗 イギリス アテネ 1986年7月19日
6 13秒46 +1.8 ジョナサン・リジオン英語版 イギリスの旗 イギリス コトブス 1985年8月23日
6 13秒46 -1.6 ダイロン・ロブレス  キューバ ウィンザー 2005年7月29日
8 13秒47 +1.9 ホルガー・ポーランドドイツ語版 東ドイツの旗 東ドイツ ケムニッツ 1982年7月10日
8 13秒47 +1.2 アリエス・メリット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オースティン 2004年6月11日
8 13秒47 +0.2 謝文駿 中華人民共和国の旗 中国 上海 2008年9月20日

男子・アジア歴代10傑[編集]

タイム 風速 名前 所属 場所 日付
1 12秒88 +1.1 劉翔 中華人民共和国の旗 中国 ローザンヌ 2006年7月11日
2 13秒19 +1.7 史冬鵬 中華人民共和国の旗 中国 大阪 2007年8月31日
3 13秒23 -0.3 謝文駿 中華人民共和国の旗 中国 上海 2014年5月18日
3 13秒25 -0.1 李トウ英語版 中華人民共和国の旗 中国 リンツ 1994年7月4日
4 13秒27 +1.8 セルゲイ・ウソフ  ウズベキスタン レニングラード 1988年6月11日*
6 13秒37 +1.9 陳雁浩英語版 中華人民共和国の旗 中国 上海 2001年5月6日
7 13秒38 +0.8 尹靖 中華人民共和国の旗 中国 ベオグラード 2009年7月11日
8 13秒39 +1.5 谷川聡 日本の旗 日本 アテネ 2004年8月24日
8 13秒39 -0.1 アブドゥルアズィーズ・アル=マンディール クウェートの旗 クウェート クウェート 2017年4月18日
8 13秒39 +0.3 金秉俊 大韓民国の旗 韓国 バンコク 2017年6月12日

*記録を出した当時はソビエト連邦

男子・日本歴代10傑[編集]

タイム 風速 名前 所属 場所 日付
1 13秒39 +1.5 谷川聡 ミズノ アテネ 2004年8月24日
2 13秒40 0.0 増野元太 ヤマダ電機 大阪 2017年6月24日
3 13秒43 +1.7 内藤真人 ミズノ 熊谷 2007年5月19日
4 13秒44 +0.6 高山峻野 ゼンリン 大阪 2017年6月24日
5 13秒47 +1.4 矢澤航 デサント 鳥取 2016年6月5日
6 13秒48 +1.7 大室秀樹 大塚製薬 つくば 2017年4月15日
+1.5
7 13秒53 +1.8 金井大旺 法政大学 平塚 2017年7月22日
8 13秒55 +2.0 田野中輔 富士通 千葉 2006年4月15日
8 13秒55 +2.0 大橋祐二 ミズノ 札幌 2007年7月15日
10 13秒58 +1.5 岩崎利彦 富士通 東京 1991年8月27日
10 13秒58 +1.7 八幡賢司 モンテローザ 熊谷 2007年5月19日

男子・日本歴代パフォーマンス10[編集]

タイム 風速 名前 所属 場所 日付
1 13秒39 +1.5 谷川聡 ミズノ アテネ 2004年8月24日
2 13秒40 0.0 増野元太 ヤマダ電機 大阪 2017年6月24日
3 13秒43 +1.7 内藤真人 ミズノ 熊谷 2007年5月19日
4 13秒44 +1.6 内藤真人 ミズノ サラゴサ 2007年7月28日
4 13秒44 +0.6 高山峻野 ゼンリン 大阪 2017年6月24日
6 13秒45 -0.2 高山峻野 ゼンリン 大阪 2017年6月25日
7 13秒46 +1.8 内藤真人 ミズノ ラッペーンランタ 2006年7月13日
8 13秒47 +1.0 内藤真人 ミズノ 名古屋 2003年7月20日
8 13秒47 +1.4 矢澤航 デサント 鳥取 2016年6月5日
10 13秒48 +1.7 大室秀樹 大塚製薬 つくば 2017年4月15日
10 13秒48 +1.5 大室秀樹 大塚製薬 つくば 2017年4月15日

男子・学生歴代10傑[編集]

タイム 風速 名前 所属 日付
1 13秒50 +0.1 内藤真人 法政大学 2001年10月17日
2 13秒53 +1.8 金井大旺 法政大学 2017年7月22日
3 13秒54 +2.0 大室秀樹 筑波大学 2012年6月23日
4 13秒57 -0.1 大橋祐二 筑波大学 2005年6月25日
5 13秒58 +0.4 増野元太 国際武道大学 2014年6月8日
5 13秒58 +1.4 高山峻野 明治大学 2016年8月20日
7 13秒59 +1.3 矢澤航 法政大学 2013年6月9日
8 13秒60 +1.8 栗城アンソニー 国際武道大学 2017年7月22日
9 13秒62 +2.0 佐藤大志 青山学院大学 2012年5月13日
9 13秒62 +1.3 野本周成 早稲田大学 2017年6月9日

男子・日本ジュニア歴代10傑[編集]

  • 樹立年の12月31日時点で年齢が20歳未満であるジュニア選手のみが対象となる。
タイム 風速 名前 所属 日付
1 13秒73 +0.4 古谷拓夢 早稲田大学 2016年6月25日
2 13秒85 +1.4 金井直 川崎市立橘高等学校 2015年8月2日
3 13秒88 -0.3 中村兼希 日本体育大学 2004年11月3日
4 13秒91 +1.5 大室秀樹 筑波大学 2009年9月5日
4 13秒91 +1.1 森戸信陽 船橋市立船橋高等学校 2017年10月29日
6 13秒92 0.0 小苗久信 順天堂大学 1991年6月2日
6 13秒92 +0.8 増野元太 国際武道大学 2012年10月8日
8 13秒93 +0.9 泉谷駿介 武相高等学校 2017年10月15日
9 13秒94 +1.2 平松パプデンバ 日本大学 2016年6月10日
10 13秒97 +0.5 矢澤航 法政大学 2010年10月15日

男子・高校歴代10傑[編集]

  • 一般規格(高さ106.7cm)で実施された記録に限る。
タイム 風速 名前 所属 日付
1 13秒83 +0.7 古谷拓夢 相洋高等学校 2014年10月3日
2 13秒85 +1.4 金井直 川崎市立橘高等学校 2015年8月2日
3 13秒91 +1.1 森戸信陽 船橋市立船橋高等学校 2017年10月29日
4 13秒93 +0.9 泉谷駿介 武相高等学校 2017年10月15日
5 13秒98 -0.1 大橋祐二 埼玉県立浦和高等学校 2001年8月6日
5 13秒98 +1.2 加藤拓馬 新潟県立新発田高等学校 2016年8月2日
7 13秒99 -0.3 岩船陽一 東海大学付属第四高等学校 2003年8月2日
7 13秒99 +1.6 川村直也 東海大学付属仰星高等学校 2014年6月22日
9 14秒01 +1.3 大室秀樹 埼玉県立松山高等学校 2008年10月17日
10 14秒02 +1.6 中村仁 洛南高等学校 2007年8月6日

男子・学年別歴代記録[編集]

男子・高校1年歴代5傑
タイム 風速 名前 所属 日付
1 14秒50 -0.3 古谷拓夢 相洋高等学校 2012年10月27日
2 14秒57 +1.9 菅谷拓海 さくら清修高等学校 2017年6月19日
3 14秒59 +1.8 金井直 川崎市立橘高等学校 2013年8月3日
4 14秒60 +0.6 白田耕平 東京高等学校 2009年11月3日
4 14秒60 +0.5 曽我賢太郎 新潟明訓高等学校 2017年10月29日
男子・高校2年歴代5傑
タイム 風速 名前 所属 日付
1 13秒92 +0.4 古谷拓夢 相洋高等学校 2013年8月3日
2 14秒12 +0.2 川村直也 東海大学付属仰星高等学校 2013年10月7日
3 14秒14 +0.2 矢澤航 法政大学第二高等学校 2008年5月25日
4 14秒18 -1.2 安部孝駿 岡山県立玉野光南高等学校 2008年11月3日
4 14秒18 +1.2 勝田築 開星高等学校 2016年8月2日
男子・高校3年歴代5傑
タイム 風速 名前 所属 日付
1 13秒83 +0.7 古谷拓夢 相洋高等学校 2014年10月3日
2 13秒85 +1.4 金井直 川崎市立橘高等学校 2015年8月2日
3 13秒91 +1.1 森戸信陽 船橋市立船橋高等学校 2017年10月29日
4 13秒93 +0.9 泉谷駿介 武相高等学校 2017年10月15日
5 13秒98 -0.1 大橋祐二 埼玉県立浦和高等学校 2001年8月6日
5 13秒98 +1.2 加藤拓馬 新潟県立新発田高等学校 2016年8月2日

男子・中学歴代10傑[編集]

  • 中学規格(高さ91.4cm)で実施された記録。
タイム 風速 名前 所属 日付
1 13秒84 +0.6 矢澤航 横浜市立岩崎中学校 2006年8月21日
2 13秒85 +1.3 芳賀智文 江東区立東陽中学校 2003年7月12日
2 13秒85 +0.8 久保田倖輔 播磨町立播磨南中学校 2016年7月17日
4 13秒92 +0.7 樋口陸人 奈良市立平城東中学校 2014年8月20日
5 13秒95 +2.0 田辺将大良 江東区立第三亀戸中学校 2009年7月25日
6 13秒99 +0.8 倉林和宏 高崎市立高南中学校 2000年8月23日
7 14秒01 +2.0 中村仁 播磨町立播磨南中学校 2004年7月29日
7 14秒01 -0.4 岡雄大 香川県立高松北中学校 2008年8月21日
7 14秒01 +1.0 上村竜司 岡山市立芳泉中学校 2011年8月22日
7 14秒01 +0.1 飯牟田空良 播磨町立播磨中学校 2017年7月27日
  • 高さ99.1cmで実施された記録。
タイム 風速 名前 所属 日付
1 14秒24 +0.5 仲田祥平 西脇市立西脇中学校 2007年10月28日
2 14秒26 +1.8 加藤誠也 さいたま市立宮原中学校 2007年10月28日
3 14秒32 +1.0 白田耕平 葛飾区立高砂中学校 2008年9月13日
3 14秒32 +0.9 金井直 川崎市立稲田中学校 2012年10月28日
5 14秒39 -0.8 片岡巧 川崎市立塚越中学校 2017年10月29日
6 14秒43 +0.2 樋口陸人 川崎市立稲田中学校 2014年10月20日
7 14秒44 +0.7 平賀健太郎 同志社中学校 2014年10月20日
8 14秒46 -0.7 江口悠貴 米沢市立第三中学校 2009年10月4日
9 14秒49 +0.8 矢澤航 横浜市立岩崎中学校 2006年10月29日
9 14秒49 +0.5 渡辺直人 横浜市立潮田中学校 2007年10月28日
9 14秒49 +0.7 高橋直生 福島第一中学校 2015年10月4日

男子・学年別歴代記録[編集]

  • 以下、中学規格(高さ91.4cm)で実施された記録。
男子・中学1年歴代3傑
タイム 風速 名前 所属 日付
1 15秒00 0.0 原稜介 枚方市立枚方中学校 2016年11月19日
2 15秒44 1.7 近藤翠月 柏崎市立東中学校 2015年9月21日
3 15秒57 -1.7 中村仁 播磨町立播磨南中学校 2003年3月27日
男子・中学2年歴代5傑
タイム 風速 名前 所属 日付
1 14秒41 +1.5 久保田倖輔 播磨町立播磨南中学校 2016年3月26日
2 14秒49 +1.6 原稜介 枚方市立枚方中学校 2017年10月21日
3 14秒50 +1.5 成瀬元気 横浜市立田奈中学校 2007年10月6日
3 14秒50 -0.3 鹿田真翔 丸亀市立飯山中学校 2017年10月27日
5 14秒52 +1.3 和田一晃 神戸市立玉津中学校 2017年8月26日
男子・中学3年歴代5傑
タイム 風速 名前 所属 日付
1 13秒84 +0.6 矢澤航 横浜市立岩崎中学校 2006年8月21日
2 13秒85 +1.3 芳賀智文 江東区立東陽中学校 2003年7月12日
2 13秒85 +0.8 久保田倖輔 播磨町立播磨南中学校 2016年7月17日
4 13秒92 +0.7 樋口陸人 奈良市立平城東中学校 2014年8月20日
5 13秒95 +2.0 田辺将大良 江東区立第三亀戸中学校 2009年7月25日
  • 以下、高さ99.1cmで実施された記録。
男子・中学3年歴代5傑
タイム 風速 名前 所属 日付
1 14秒24 +0.5 仲田祥平 西脇市立西脇中学校 2007年10月28日
2 14秒26 +1.8 加藤誠也 さいたま市立宮原中学校 2007年10月28日
3 14秒32 +1.0 白田耕平 葛飾区立高砂中学校 2008年9月13日
3 14秒32 +0.9 金井直 川崎市立稲田中学校 2012年10月28日
5 14秒39 -0.8 片岡巧 川崎市立塚越中学校 2017年10月29日

関連項目[編集]