アレン・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレン・ジョンソン Portal:陸上競技
Allen Johnson Istaf Berlin.jpg
選手情報
フルネーム アレン・ケネス・ジョンソン
愛称 ハードルなぎ倒し男
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 110メートルハードル
生年月日 (1971-03-01) 1971年3月1日(47歳)
生誕地 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
居住地 アメリカ合衆国サウスカロライナ州
身長 178cm
体重 70kg
自己ベスト 110mH : 12秒92(1996年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する
2005年世界陸上競技選手権大会でのジョンソン(中央)

アレン・ジョンソンAllen Kenneth Johnson, 1971年3月1日 - )は、アメリカ合衆国の陸上競技選手である。1996年アトランタオリンピック男子110メートルハードル金メダルを獲得した。ハードルなぎ倒し男の異名を持ち、倒して通過することを得意としている。彼自身、腿で引っ掛けて倒すことを意識しており、自分は最良の倒し方をしているとも話している。

経歴[編集]

ワシントンD.C.に生まれ、ノースカロライナ大学に通っていたジョンソンは万能選手であり、走高跳走幅跳十種競技でも専門種目であるハードルに近い実力を持っていた。

1995年から1997年にかけて、ジョンソンは男子110mハードルを席巻する記録を残した。1995年3月の世界室内選手権60メートルハードルを7秒39の大会新記録(当時)で制すると、その年の世界選手権でも、トニー・ジャレットイギリス)、ロジャー・キングダム(アメリカ)といった強豪を抑えて優勝した。更に同年、自己記録を12秒98まで伸ばしている。1996年には、6月の全米選手権で当時世界歴代2位となる12秒92をマークすると、地元開催のアトランタオリンピックでも2位に大差をつけ、12秒95のオリンピック新記録(当時)で優勝。8月には2度目の12秒92をマークするなど、この年だけで3度の12秒台を記録した[1]。1997年には、世界選手権でのコリン・ジャクソン(イギリス、当時の世界記録保持者)との対決が注目されたが、ジョンソンが難なく勝利し、2連覇を達成した。

1999年2000年には故障に悩まされた。1999年世界選手権では、2次予選4位と辛うじての通過であったが、準決勝を棄権。2000年シドニーオリンピック決勝はハードル全台なぎ倒し、4着でフィニッシュし、メダル獲得を逃した。ハードルを倒した台数には満足したが、結果には不満足であった。

2001年となり、ジョンソン自身の30歳という年齢、アニエル・ガルシアキューバ)やテレンス・トランメル(アメリカ)といった若手の台頭などから、ジョンソンの限界説が囁かれるようになった。しかし、この年からジョンソンは、かつての強さを取り戻すかのような結果を残している。2001年世界選手権グッドウィルゲームズでは、ガルシアとの直接対決に続けて勝利した。2003年世界選手権において、2連覇を達成するとともに、世界選手権4回目の優勝を果たした。これにより、グレッグ・フォスター(アメリカ)が保持していた最多優勝回数を上回った。また、世界室内選手権でも2003年、2004年と2連覇。特に2004年大会では、当時33歳にして60メートルハードルで7秒36の自己ベストをマークし、大会記録をも更新した。この快進撃から、アテネオリンピック金メダルの大本命であったが、2次予選でハードルにつまずきフィニッシュできず、決勝へ進めなかった。

2006年、35歳になったジョンソンは、IAAF陸上ワールドカップにおいて、劉翔中国)、ダイロン・ロブレス(キューバ)らを破り、12秒96を記録して優勝。更に2008年には世界室内選手権で銀メダルを獲得している。ジョンソンは、110メートルハードルにおいて12秒台の記録を11回マークしており、これは史上最多である[2]

自己ベスト[編集]

種目 記録 風速 場所 日付 備考
60m 6秒62 (室内) マドリードスペイン 1998年2月3日
200m 20秒26 +1.9m/s ストックホルムスウェーデン 1997年7月7日
60mハードル 7秒36 (室内) ブダペストハンガリー 2004年3月6日 世界歴代3位
110mハードル 12秒92 +0.9m/s アトランタアメリカ合衆国 1996年6月23日 世界歴代7位
12秒92 +0.2m/s ブリュッセルベルギー 1996年8月23日
走幅跳 8m14 (室内) ジョンソンシティアメリカ合衆国 1993年2月19日

主な成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1994 IAAF陸上ワールドカップ ロンドンイギリス 110mH 2位 13秒29
1995 世界室内選手権 バルセロナスペイン 60mH 1位 7秒39
1995 世界選手権 イェーテボリスウェーデン 110mH 1位 13秒00
1995 IAAFグランプリファイナル モンテカルロモナコ 110mH 2位 13秒09
1996 オリンピック アトランタアメリカ合衆国 110mH 1位 12秒95
1997 世界選手権 アテネギリシャ 110mH 1位 12秒93
2000 オリンピック シドニーオーストラリア 110mH 4位 13秒23
2001 世界選手権 エドモントンカナダ 110mH 1位 13秒04
2001 IAAFグランプリファイナル メルボルンオーストラリア 110mH 2位 13秒28
2002 IAAF陸上ワールドカップ マドリードスペイン 110mH 2位 13秒45
2003 世界室内選手権 バーミンガムイギリス 60mH 1位 7秒47
2003 世界選手権 パリフランス 110mH 1位 13秒12
2003 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロモナコ 110mH 1位 13秒11
2004 世界室内選手権 ブダペストハンガリー 60mH 1位 7秒36
2004 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロモナコ 110mH 1位 13秒16
2005 世界選手権 ヘルシンキフィンランド 110mH 3位 13秒10
2005 IAAFワールドアスレチックファイナル モンテカルロモナコ 110mH 1位 13秒09
2006 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルトドイツ 110mH 3位 13秒01
2006 IAAF陸上ワールドカップ アテネギリシャ 110mH 1位 12秒96
2007 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルトドイツ 110mH 6位 13秒36
2008 世界室内選手権 バレンシアスペイン 60mH 2位 7秒55

脚注[編集]

  1. ^ 当時のシーズン最多記録。現在では世界記録保持者アリエス・メリット(アメリカ)が2012年シーズンに12秒台を8度記録している。
  2. ^ All-time men's best 110m hurdles

外部リンク[編集]