フォレスト・スミスソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォレスト・スミスソン Portal:陸上競技
Forrest Smithson 1908.jpg
フォレスト・スミスソン
選手情報
フルネーム フォレスト・カスター・スミスソン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 110m障害走
所属 Multnomah Athletic Club
生年月日 1884年9月26日
生誕地 アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド
没年月日 1962年11月24日(満78歳没)
死没地 アメリカ合衆国カリフォルニア州 
身長 183cm
体重 81kg
自己ベスト 100m走:11秒2(1908年)
110m障害:15秒0(1908年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1908 ロンドン 男子110m障害
編集 テンプレートのヘルプを表示する

フォレスト・カスター・スミスソン(Forrest Custer Smithson, 1884年9月26日- 1962年11月24日)は、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身の陸上競技選手。1908年ロンドンオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

スミスソンは110mハードルを得意とした選手で、1908年ロンドンオリンピックに出場。同僚であるジョン・ギャレルズと、アルビン・クレンツレーンが持っていた世界記録(15.2秒)にいち早く並んだアーサー・ショウが大会でのライバルであった。当時の110mハードルは一般的にはトラックで行われず、競技場のの上に特別にレーンを設けて行われていた。アメリカ人ばかり4人が進出した決勝レースはオリンピックの最終日に行われた。スミスソンは絶妙のスタートを見せ、ハードルをクリアするごと差を拡げてゆき、世界新記録(15.0秒)で2位のギャレルズを押さえ金メダルを獲得した。

レース後に、スミスソンは安息日日曜日に決勝を行うことに対して抗議するため、左手に聖書を持って走ったといううわさが広まった。しかし、このような事実は当時の新聞にも公式資料にも残されていない。しかし、レース後のスミスソンを撮った写真には聖書を持った姿が写されているのでうわさが広まったと思われる。実際、スミスソンは大変信心深い人間であった。

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]