ノースカロライナ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノースカロライナ大学
UNC system logo.png
ラテン語: Universitas Carolinae Septentrionalis
種別 公立大学
大学システム
設立年 1789 (チャペルヒル校)
1972 (現行)
学長 ピーター・ハンス英語版[1]
運営 ノースカロライナ大学理事会
教員数
13,564 (2008年 秋季)[2]
職員数
30,664 (2008年 秋季)[2]
学生総数 239,987 (2019年 秋季)[3]
学部生 182,462 (2016年 秋季)[4]
大学院生 46,062 (2016年 秋季)[4]
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州の旗ノースカロライナ州チャペルヒル
キャンパス 17 キャンパス
公式サイト www.northcarolina.edu
The University of North Carolina System
テンプレートを表示

ノースカロライナ大学(ノースカロライナだいがく、英語: University of North Carolina)は、ノースカロライナ州に所在する複数のキャンパスを持つ公立大学であり、州内の16の公立大学とNC School of Science and Mathematicsを統括している。旗艦校であるノースカロライナ大学チャペルヒル校と区別するため、一般的にUNCシステムとも呼ばれている。

UNCシステムには239,987人の学生が在籍しており[いつ?]、2008年にはノースカロライナ州の全学士号の75%以上を取得した[5][6]2008年から2009年にかけて、UNCの各キャンパスは43,686名の学生に学位を授与し、そのうち31,055名が学士の学位を授与された[7]

沿革[編集]

設立[編集]

1789年に設立されたノースカロライナ大学チャペルヒル校は、アメリカに現存する州立大学の中で最古の大学の3校のうちの1つである。チャペルヒル校は、再建時に深刻な財政問題と入学者問題に直面し、1871年から1875年まで閉鎖された。1877年、ノースカロライナ州は高等教育機関スポンサーとなることを決定し、その後、女子大学(現在のノースカロライナ大学グリーンズボロ校)、ランドグラント大学ノースカロライナ州立大学)、5つの歴史的黒人大学英語版ノースカロライナA&T州立大学ノースカロライナ・セントラル大学ウィンストン・セーラム州立大学フェイエットビル州立大学エリザベス・シティ州立大学)、アメリカインディアンを教育する機関(ノースカロライナ大学ペムブローク校)などが設立された。その他にも、公教育のための教師を養成するため、パフォーミング・アーティストを指導するために設立された大学などもある。

初期の統合[編集]

世界恐慌の中、ノースカロライナ州議会は州政府のコスト削減を目指していた。1931年、コスト削減の一環として、当時チャペルヒル校のノースカロライナ大学のみを指していたノースカロライナ大学を再定義し、チャペルヒルのノースカロライナ大学、ノースカロライナ州立大学、女子大学(現在のノースカロライナ大学グリーンズボロ校)の既存キャンパスを含んで統合した新しいノースカロライナ大学を設立した。3つのキャンパスは、1つの評議員会と1人の学長の指導下に置かれ、ディーンが3つのキャンパスの日常的な監督者となった。1945年、ディーンは大学総長(chancellor)に変更された。1969年までに、立法措置により、ノースカロライナ大学シャーロット校ノースカロライナ大学アッシュビル校ノースカロライナ大学ウィルミントン校の3つのキャンパスがノースカロライナ大学に加わった。

統合[編集]

1971年、ノースカロライナ州は、学士号を授与する16の公立教育機関をすべてノースカロライナ大学に統合する法案を可決した。この統合で、各構成校に独自の理事長と評議員会が設けられた。1985年に、全米初の公立の全寮制英才高校であるNorth Carolina School of Science and Mathematicsが大学の附属校となり、2007年に、同校は大学の正式な構成校となった。

州規模の閉鎖[編集]

2020年3月、新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響で、UNCシステムはすべてのキャンパスで対面式の授業を無期限に中止した。世界的流行の拡大を抑えるために、各大学は可能な限り多くの学生をキャンパス内の住居から帰省させ、可能な限りテレワークを導入し、オンライン学習環境に移行するよう求められた。[8]

総長[編集]

総長 就任年
ジョセフ・コールドウェル英語版 1804–1812
ロバート・ヘット・チャップマン英語版 1812–1816
ジョセフ・コールドウェル英語版 1816–1835
エリシャ・ミッチェル英語版 * 1835
デイビット・ローリー・スウェイン英語版 1835–1868
ソロモン・プール英語版 1869–1872
チャールズ・フィリップス 1875–1876
ケンプ・P・バトル英語版 1876–1891
ジョージ・T・ウィンストン英語版 1891–1896
エドウィン・オーダーマン英語版 1896–1900
フランシス・プレストン・ヴェナブル英語版 1900–1914
エドワード・キダー・グラハム英語版 1914–1918
マービン・ヘンドリクス・ステイシー 1918–1919
ハリー・ウッドバーン・チェイス英語版 1919–1930
フランク・グレアム英語版 1930–1949
(1931年の統合)
ウィリアム・カーマイケル・ジュニア * 1949–1950
ゴードン・グレイ英語版 1950–1955
ハリス・パークス * 1955–1956
ウィリアム・C・フライデー英語版 1956–1986
(1957年まで総長代行)
クレミー・スパングラー英語版 1986–1997
モリー・コーベット・ブロード英語版 1997–2006
アースキン・ボウルズ英語版 2006–2011
トーマス・W・ロス英語版 2011–2016
ユニウス・J・ゴンザレス英語版 * 2016
マーガレット・スペリングス 2016–2019
ウィリアム・L・ローパー英語版 * 2019–2020[9]
ピーター・ハンス英語版 2020- [1]

* 印は総長代行を示す。

関連法令[編集]

ノースカロライナ大学シャーロット校
同校は、1960年代から1970年代にかけて大きく発展した。

ノースカロライナ大学の法的権限と義務は、州憲法(1776年)に規定されており[10]、その第41条には次のように規定されている。

That a school or schools shall be established by the Legislature, for the convenient instruction of youth, ... and all useful learning shall be duly encouraged, and promoted, in one or more universities,

(日本語)青少年の教育のために、立法府によって学校が設立され、(中略)また、すべての学問は、1つまたは複数の大学で適切に奨励され、促進されなければならず、

1789年 州議会が大学の設立許可と資金援助を行った[11]

1971年の州憲法第9条は、州内のあらゆる形態の公教育を扱っている。また、同条の第8項および第9項は高等教育を扱っている[12]

  • 第8項 高等教育(Higher education)

The General Assembly shall maintain a public system of higher education, comprising The University of North Carolina and such other institutions of higher education as the General Assembly may deem wise. The General Assembly shall provide for the selection of trustees of The University of North Carolina and of the other institutions of higher education, in whom shall be vested all the privileges, rights, franchises, and endowments heretofore granted to or conferred upon the trustees of these institutions. The General Assembly may enact laws necessary and expedient for the maintenance and management of The University of North Carolina and the other public institutions of higher education.

(日本語)州議会は、ノースカロライナ大学および州議会が賢明と考えるその他の高等教育機関からなる高等教育の公的システムを維持する。州議会は、ノースカロライナ大学およびその他の高等教育機関の評議員を選出するための規定を設ける。この評議員には、これらの機関の評議員にこれまでに付与された、または付与されるすべての特権、権利、権限および基金が帰属するものとする。総会は、ノースカロライナ大学およびその他の公立高等教育機関の維持・管理のために必要かつ適切な法律を制定することができる。
  • 第9項 公立高等教育機関の福利厚生(Benefits of public institutions of higher education.)

The General Assembly shall provide that the benefits of The University of North Carolina and other public institutions of higher education, as far as practicable, be extended to the people of the State free of expense.

(日本語)州議会は、ノースカロライナ大学およびその他の公的高等教育機関の恩恵を、可能な限り、州民に無償で提供する。

法令により、現在のノースカロライナ大学の機能と学生の負担が定められている[13]

構成校[編集]

ノースカロライナ大学には17のキャンパスがあり、2つの医学部と1つの教育病院、10の看護プログラム、2つの歯学部、1つの獣医学部と病院、1つの薬学部のほか、2つの法学部、15の教育学部、3つの工学部、パフォーミング・アーティストのための学校などがある[5]。最も古いノースカロライナ大学チャペルヒル校は、1795年に初めて学生を受け入れた。最も小規模で新しい構成校は、1980年に設立された全寮制の2年制高校であるNorth Carolina School of Science and Mathematicsで、2007年から大学の正式な構成校となった。最大の大学はノースカロライナ州立大学で、2012年秋季の時点で34,340人の学生が在籍している。

各キャンパスの正式名称はノースカロライナ州議会で決定されるが、略称は各校で決定する[14]

正式名称
(以前の名称)
略称 所在地 在籍数
2019年 秋季
カーネギー高等教育機関分類 設立年 スポーツ・チーム 加盟年 脚注
アパラチア州立大学英語版
(Appalachian State Teacher's College, 1967年まで)
ASU,
App State
(for athletics)
ブーン, ワタウガ郡 19,280 修士号授与機関 1899 Mountaineers 1972 [15][16]
イーストカロライナ大学英語版
(East Carolina College, 1967年まで)
ECU,
East Carolina
(for athletics)
グリーンビル, ピット郡 28,651 博士号授与機関
研究大学
1907 Pirates 1972 [17][18]
エリザベスシティ州立大学英語版
(Elizabeth City State College, 1969年まで)
ECSU エリザベスシティ, パスクォタンク郡 1,772 学士号授与機関 1891 Vikings 1972 [19][20]
ファイエットビル州立大学英語版
(Fayetteville State College, 1969年まで)
FSU ファイエットビル, カンバーランド郡 6,551 修士号授与機関 1867 Broncos 1972 [21][22]
ノースカロライナ・アグリカルチュラル・アンド・テクニカル州立大学英語版
(The Agricultural and Technical College of North Carolina, 1969年まで)
NC A&T グリーンズボロ, ギルフォード郡 12,556 博士号授与機関
(研究大学)
1891 Aggies 1972 [23][24]
ノースカロライナ・セントラル大学英語版
(North Carolina College at Durham, 1969年まで)
NCCU,
NC Central
(for athletics)
ダーラム, ダーラム郡 8,011 修士号授与機関 1909 Eagles 1972 [25][26]
ノースカロライナ州立大学
(North Carolina State College of Agriculture and Engineering, 1963年まで)
NCSU,
NC State or State
(for athletics)
ローリー, ウェイク郡 36,304 博士号授与機関
(研究大学)
1887 Wolfpack 1932 [27][28]
ノースカロライナ大学アッシュビル校英語版
(Asheville-Biltmore College 1969年まで)
UNCA or
Asheville
アッシュビル, バンコム郡 3,600 学士号授与機関 1927 Bulldogs 1969 [29][30]
ノースカロライナ大学チャペルヒル校
(University of North Carolina, 1963年まで)
UNC-Chapel Hill,[31][32]
UNC-CH, North Carolina, or Carolina
(for athletics)
チャペルヒル, オレンジ郡 29,877 博士号授与機関
(研究大学)
1789 Tar Heels 1932 [33][34]
ノースカロライナ大学シャーロット校英語版
(Charlotte College, 1965年まで)
UNC Charlotte,
Charlotte
(for athletics)
シャーロット, メクレンバーグ郡 29,615 博士号授与機関
(研究大学)
1946 49ers 1965 [35][36]
ノースカロライナ大学グリーンズボロ校英語版
(The Woman's College of the University of North Carolina, 1963年まで)
UNCG グリーンズボロ, ギルフォード郡 20,196 博士号授与機関
(研究大学)
1891 Spartans 1932 [37][38]
ノースカロライナ大学ペムブローク校英語版
(Pembroke State University, 1996年まで)
UNCP ペンブローク, ロブソン郡 7,698 修士号授与機関 1887 Braves[39] 1972 [40][41]
ノースカロライナ大学ウィルミントン校英語版
(Wilmington College, 1969年まで)
UNCW ウィルミントン, ニューハノバー郡 17,499 博士号授与機関
(研究大学)
1947 Seahawks 1969 [42][43]
ノースカロライナ州立芸術大学英語版
(North Carolina School of the Arts, 2008年まで)
UNCSA ウィンストン・セーラム, フォーサイス郡 1,086 特別専門教育機関 1963 The Fighting Pickle 1972 [44][45]
ウエスタンカロライナ大学英語版
(Western Carolina College, 1967年まで)
WCU,
Western Carolina
(for athletics)
カラウィ, ジャクソン郡 12,167 修士号授与機関 1889 Catamounts 1972 [46][47]
ウィンストン・セーラム州立大学英語版
(Winston-Salem Teacher's College, 1969年まで)
WSSU ウィンストン・セーラム, フォーサイス郡 5,124 学士号授与機関 1892 Rams 1972 [48][49]
North Carolina School of Science and Mathematics英語版 NCSSM ダーラム, ダーラム郡 680 全寮制高校 1980 Unicorns 2007 [50][51]

補足[編集]

入学者数は、ノースカロライナ大学のウェブサイトに掲載されている公式人数(フルタイム学生、パートタイム学生英語版、学部生、大学院生のすべてを含む)である[52]。NCSSMの人数については同校のウェブサイトから引用したもので、NCSSMの人数は含まれていない[53]

以下の大学は創立後に4年制大学になった大学である(カッコ内はそれぞれの4年制大学になった日付)[要出典]

  • East Carolina University (1920)
  • North Carolina Central University (1925)
  • Winston-Salem State University (1925)
  • Western Carolina University (1929)
  • Appalachian State University (1929)
  • Elizabeth City State University (1937)
  • University of North Carolina at Pembroke (1939)
  • Fayetteville State University (1939)
  • University of North Carolina at Asheville (1963)
  • University of North Carolina at Charlotte (1963)
  • University of North Carolina at Wilmington (1963)

ノースカロライナ大学ペンブローク校とノースカロライナ大学芸術学部を除き、1972年にUNCに加盟した大学は、現在の名称で加盟している。1972年現在、ノースカロライナ州のすべての公立4年制大学がUNCの構成校となっている[要出典]

関係機関[編集]

関係機関 所在地 設立年
North Carolina Arboretum アッシュビル, バンコム郡 1989
North Carolina Center for International Understanding ローリー, ウェイク郡
North Carolina Center for Nursing ローリー, ウェイク郡
North Carolina State Approving Agency ローリー, ウェイク郡
North Carolina State Education Assistance Authority ローリー, ウェイク郡
UNC Center for Public Media (PBS NC) リサーチ・トライアングル, ダーラム郡 1955
UNC Faculty Assembly チャペルヒル, オレンジ郡
University of North Carolina Press チャペルヒル, オレンジ郡 1922
UNC Staff Assembly チャペルヒル, オレンジ郡

脚注[編集]

  1. ^ a b Seltzer, Rick (2020年6月22日). “UNC System Names New President” (英語). Inside Higher Ed. https://www.insidehighered.com/quicktakes/2020/06/22/unc-system-names-new-president 2020年7月2日閲覧。 
  2. ^ a b UNC Employees”. UNC System. 2010年8月14日閲覧。
  3. ^ Facts & Figures”. UNC System. 2010年8月14日閲覧。
  4. ^ a b Facts & Figures”. Northcarolina.edu. 2010年8月14日閲覧。
  5. ^ a b University Facts”. University of North Carolina (2008年1月10日). 2008年3月18日閲覧。
  6. ^ About UNC”. UNC General Administration. 2011年2月16日閲覧。
  7. ^ Facts & Figures”. UNC General Administration. 2010年8月14日閲覧。
  8. ^ UNC System Updates Guidance to Constituent Institutions | UNC System Office”. www.northcarolina.edu. 2020年3月26日閲覧。
  9. ^ “UNC Health CEO, William Roper, named interim president of UNC system” (英語). ABC11 Raleigh-Durham. (2018年11月1日). https://abc11.com/education/unc-health-ceo-william-roper-named-interim-president-of-unc-system/4590141/ 2020年7月2日閲覧。 
  10. ^ Constitution of North Carolina: December 18, 1776”. avalon.law.yale.edu. 2019年12月21日閲覧。
  11. ^ About the University”. unc.edu. University of North Carolina at Chapel Hill. 2019年12月21日閲覧。
  12. ^ Article IX”. North Carolina Constitution. North Carolina General Assembly (2006年). 2008年6月9日閲覧。
  13. ^ Chapter 116 – Higher Education”. North Carolina General Statutes. North Carolina General Assembly (2006年). 2008年3月29日閲覧。
  14. ^ Wootson, Cleve R. Jr. (2002年1月8日). “UNC Leaders Want Abbreviation Change”. The Daily Tar Heel. http://media.www.dailytarheel.com/media/storage/paper885/news/2002/01/08/UndefinedSection/Unc-Leaders.Want.Abbreviation.Change-1346331.shtml 2008年6月19日閲覧。 
  15. ^ Appalachian State University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  16. ^ Appalachian State University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  17. ^ East Carolina University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  18. ^ East Carolina University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  19. ^ Elizabeth City State University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  20. ^ Elizabeth City State University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  21. ^ Fayetteville State University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  22. ^ Fayetteville State University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  23. ^ North Carolina Agriculture and Technical State University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  24. ^ North Carolina Agriculture and Technical State University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  25. ^ North Carolina Central University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  26. ^ North Carolina Central University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  27. ^ North Carolina State University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  28. ^ North Carolina State University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  29. ^ University of North Carolina at Asheville”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  30. ^ University of North Carolina at Asheville”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  31. ^ “Serving UNC students and the community since 1893”. The Daily Tar Heel. (2010年7月8日). http://www.dailytarheel.com/content/unc-leaders-want-abbreviation-change 2010年8月14日閲覧。 [リンク切れ]
  32. ^ Oh, Four Oh Four[リンク切れ]. Media.www.dailytarheel.com. Retrieved on 2013-07-29.
  33. ^ University of North Carolina at Chapel Hill”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  34. ^ University of North Carolina at Chapel Hill”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  35. ^ University of North Carolina at Charlotte”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  36. ^ University of North Carolina at Charlotte”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  37. ^ University of North Carolina at Greensboro”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  38. ^ University of North Carolina at Greensboro”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  39. ^ Archived copy”. 2015年2月15日閲覧。
  40. ^ University of North Carolina at Pembroke”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  41. ^ University of North Carolina at Pembroke”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  42. ^ University of North Carolina at Wilmington”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  43. ^ University of North Carolina at Wilmington”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  44. ^ North Carolina School of the Arts”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  45. ^ North Carolina School of the Arts”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  46. ^ Western Carolina University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月8日閲覧。
  47. ^ Western Carolina University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月8日閲覧。
  48. ^ Winston-Salem State University”. Institutional Profiles. University of North Carolina (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  49. ^ Winston-Salem State University”. Carnegie Classifications. The Carnegie Foundation for the Advancement of Teaching (2007年). 2008年3月18日閲覧。
  50. ^ North Carolina School of Science and Mathematics”. 2008年3月29日閲覧。
  51. ^ NCSSM Fast Facts”. North Carolina School of Science and Math. 2010年8月14日閲覧。
  52. ^ University of North Carolina Facts”. 2010年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。
  53. ^ North Carolina School of Science and Mathematics Facts”. 2008年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • McGrath, Eileen, and Linda Jacobson. "The Great Depression and Its Impact on an Emerging Research Library: The University of North Carolina Library, 1929–1941," Libraries and the Cultural Record, (2011), 46#3 pp 295–320.

外部リンク[編集]

  • "North Carolina, University of" . Collier's New Encyclopedia (英語). 1921.

座標: 北緯35度54分31秒 西経79度2分57秒 / 北緯35.90861度 西経79.04917度 / 35.90861; -79.04917