増野元太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
増野 元太 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ますの げんた
ラテン文字 Genta Masuno
愛称 ますげん[1]
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (障害走)
種目 110mハードル
所属 ヤマダ電機陸上競技部
大学 国際武道大学
生年月日 (1993-05-24) 1993年5月24日(26歳)
出身地 北海道北斗市
身長 182cm
体重 75kg
成績
世界選手権 110mH : 準決勝1組7着 (2017年)
地域大会決勝 アジア大会
110mH : 4位 (2014年)
国内大会決勝 日本選手権
110mH : 優勝 (2014年)
自己ベスト
60mハードル 7秒86 (2015年)
110mハードル 13秒40 (2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

増野 元太(ますの げんた、1993年5月24日 - )は、北海道北斗市出身の元陸上競技選手。専門は110mハードル。自己ベストは日本歴代3位の13秒40。2017年ロンドン世界選手権のセミファイナリスト。

経歴[編集]

高校生時代まで[編集]

北海道函館市出身、血液型はO型、北斗市立久根別小学校北斗市立上磯中学校函館大学付属有斗高等学校国際武道大学モンテローザヤマダ電機

陸上は小学3年生の時に学校の陸上クラブに入って始める。ハードルは4年生の時から経験し、6年生の時には全国小学生交流大会の80mハードルに出場している。しかし、6年生の秋から中学1年生の夏まで駅伝と長距離をやったり、中学3年生の時には腰骨の分離症になったりするなどして、中学時代は全国大会に出場することができなかった[2]

高校では、インターハイ日本インカレの100mを制した実績がある西川康秀の指導を受け、インターハイには3年連続で出場を果たした[2]。3年生の時のインターハイ110mハードルでは予選で14秒37(+0.9)、準決勝で14秒22(+1.2)と自己ベスト(当時)をマークし、決勝を14秒01(+2.4)で制して初の全国タイトルを獲得した[3]

大学生時代[編集]

2012年[編集]

4月に国際武道大学へ進学。1999年世界選手権110mハードル日本代表であり、スプリントハードルの専門家である櫻井健一から指導を受ける。10月の国民体育大会110mハードルでは自身初の13秒台およびジュニア歴代3位タイ(当時)の記録となる13秒92(+0.4)で4位に入った。

2013年[編集]

6月の日本選手権110mハードルに初出場を果たし、準決勝で13秒77(+1.5)の自己ベスト(当時)をマークした。

2014年[編集]

4月に織田記念国際110mハードル予選で自己ベスト(当時)の13秒73(+0.5)をマーク。5月に水戸招待陸上110mハードル予選で日本歴代10位タイ(当時)の記録となる13秒61(+2.0)をマーク[4]。6月の日本選手権110mハードルでは準決勝で自己ベストタイ(当時)の13秒61(+0.2)、決勝で日本歴代6位タイ(当時)の記録となる13秒58(+0.4)をマークし、日本選手権初優勝を飾るとともに9-10月開催のアジア大会日本代表の座を射止めた[5]。初めてシニアの日本代表となったアジア大会110mハードルでは決勝まで進出するも、決勝は13秒66(+0.4)の4位(3位と0秒05差)で惜しくもメダルを逃した。

2015年[編集]

5月に関東インカレ(1部)110mハードルを大会記録となる13秒64(+1.0)で制した。7月のユニバーシアード110mハードルでは3位に入り、同大会の110mハードルにおいて日本勢初となるメダルを獲得した[6]。また、これは主要世界大会(オリンピックユースオリンピック世界選手権世界ジュニア選手権世界ユース選手権ユニバーシアード)の110mハードルにおいて日本勢が獲得した初のメダルでもあった[7]

社会人時代[編集]

2016年[編集]

4月にモンテローザへ入社。6月5日の布勢スプリント110mハードルで自己ベスト(13秒58)に迫る13秒59(+1.4)をマークすると、同月25日の日本選手権110mハードル準決勝でも13秒59(-0.5)をマークして決勝に進出した。翌日の決勝では追い風参考記録ながら自己ベストを上回る13秒51(+2.4)をマークしたが、矢澤航に0秒03差で敗れ2大会ぶりの優勝を逃した。

2017年[編集]

3月末で所属するモンテローザ陸上競技部の廃部に伴い、4月にヤマダ電機陸上競技部へ移籍[8]。6月には4日の布勢スプリント110mハードル決勝で追い風参考記録ながら13秒43(+3.2)をマークすると、24日の日本選手権110mハードル予選で自己ベスト(13秒58)と大会記録(13秒55)を大幅に更新する日本歴代2位の13秒40(0.0)をマークし、ロンドン世界選手権の参加標準記録(13秒48)を突破。日本記録に0秒01と迫る好タイムで予選は突破したものの、準決勝は13秒54(+0.3)、翌日の決勝は13秒61(-0.2)とタイムを落とし、2位と同タイム着差ありの3位に終わった[9][10]。優勝してロンドン世界選手権日本代表の内定を勝ち取ることはできなかったが、大会後に日本代表に選出された[11]。8月のロンドン世界選手権110mハードルには、高山峻野、大室秀樹と共にこの種目日本勢8年ぶり(2009年ベルリン大会以来)の出場を果たすと、6日の予選で13秒58(+1.3)をマークし着順で準決勝に進出できる組4着に入った。この種目では2007年大阪大会内藤真人田野中輔以来、10年ぶり史上3人目の日本人セミファイナリストになったが、準決勝は隣のレーンの選手が転倒した影響もあり、13秒79(+0.2)の組7着で敗退した[12][13]

2019年[編集]

2019年4月16日、現役引退を表明。引退の理由は故障が原因ではなく、結果を出しても生活が良くならなかったから。ヤマダ電機陸上部は2018年冬に退部していた[14]

人物・エピソード[編集]

  • 2006年3月6日に第8回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会に出場し、4区を走ってチーム対抗は3位、区間記録は3位タイ、個人総合は24位タイという成績を残している[15]
  • 趣味は散歩。好きな食べ物はオムライス、嫌いな食べ物は漬物。好きなアーティストは安室奈美恵[1]

家族[編集]

  • 父・芳幸は高校時代に200mハードルでインターハイ出場経験を持つ[16]
  • 2歳年の離れた兄・太郎とは小学校の陸上クラブから函館大学付属有斗高等学校まで一緒だった[2]。太郎も110mハードルの選手で、2013年の日本選手権では予選1組で兄弟対決が実現した(結果は元太が0秒18差で太郎に先着)。

自己ベスト[編集]

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
110mハードル 13秒40 (0.0) 2017年6月24日 日本の旗 大阪市 日本歴代3位
室内
60mハードル 7秒86 2015年2月7日 日本の旗 大阪市

主な成績[編集]

  • 種目欄のJHは高さ99.1cmのハードルを意味する
  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2011 (高3) 日韓中ジュニア交流競技会 日本の旗 名古屋 110mJH 優勝 14秒19 (-0.1)
110mJH 2位 14秒17 (-1.6)
4x100mR 2位 41秒36 (1走)
4x100mR 2位 41秒52 (1走)
2012 (高3) 日台交流ジュニア室内 日本の旗 大阪 60mJH 3位 7秒87
2012 (大1) アジアジュニア選手権 スリランカの旗 コロンボ 110mJH 5位 14秒00 (-2.5)
2014 (大3) アジア大会 大韓民国の旗 仁川 110mH 4位 13秒66 (+0.4)
2015 (大4) ユニバーシアード (en 大韓民国の旗 光州 110mH 3位 13秒69 (+0.7) 日本勢初のメダル獲得
2016 (社1) 日中韓3カ国交流陸上 大韓民国の旗 金泉 110mH 4位 13秒77 (+1.7)
2017 (社2) 世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 110mH 準決勝 13秒79 (+0.2) 全体20位
2018 (社2) 世界室内選手権 イギリスの旗 バーミンガム 60mH 予選 7秒97 全体32位

日本選手権[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2013 (大2) 第97回 調布市 110mH 6位 13秒78 (+1.3)
2014 (大3) 第98回 福島市 110mH 優勝 13秒58 (+0.4) 日本歴代6位タイ
2015 (大4) 第99回 新潟市 110mH 3位 13秒85 (-1.4)
2016 (社1) 第100回 名古屋市 110mH 2位 13秒51 (+2.4)
2017 (社2) 第101回 大阪市 110mH 3位 13秒61 (-0.2) 予選13秒40 (0.0):日本歴代2位
2018 (社3) 第102回 山口市 110mH 7位 13秒82 (+0.7)

その他の主要大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2005 (小6) 全国小学生陸上 東京都 80mH 準決勝 13秒09 (-1.5)
2009 (高1) インターハイ 奈良市 110mH 予選 15秒28 (+0.9)
国民体育大会 新潟市 110mJH 4位 14秒77 (-0.7)
2010 (高2) インターハイ 沖縄市 110mH 8位 14秒75 (+0.0)
日本ユース選手権 名古屋市 110mJH 2位 14秒10 (+0.9)
2011 (高3) インターハイ 北上市 110mH 優勝 14秒01 (+2.4)
日本ジュニア選手権 名古屋市 110mH 2位 14秒12 (+0.7) 高校歴代9位
2012 (大1) 関東インカレ (2部) 東京都 110mH 2位 14秒22 (+2.0)
日本学生個人選手権 平塚市 110mH 予選 14秒73 (+1.9)
南部記念 札幌市 110mH 7位 14秒52 (-1.1)
トワイライト・ゲームス 東京都 110mH 7位 14秒61 (0.0)
国民体育大会 岐阜市 110mH 4位 13秒92 (+0.8) ジュニア歴代3位タイ
日本ジュニア選手権 名古屋市 110mH 2位 14秒09 (+0.4)
2013 (大2) 織田記念 広島市 110mH B決勝7位 14秒29 (+0.5)
関東インカレ (1部) 東京都 110mH 3位 14秒01 (+0.4)
日本学生個人選手権 平塚市 110mH 3位 13秒97 (+3.3)
日本インカレ 東京都 110mH 2位 13秒83 (+0.7)
南部記念 札幌市 110mH 優勝 14秒19 (-0.6)
国民体育大会 調布市 110mH 2位 13秒81 (-1.2)
実業団・学生対抗 平塚市 110mH 3位 13秒71 (+6.7)
2014 (大3) 織田記念 広島市 110mH 2位 13秒75 (+1.3)
水戸招待 水戸市 110mH 優勝 13秒63 (+0.9)
関東インカレ (1部) 熊谷市 110mH 優勝 13秒84 (-1.5) 同着
日本インカレ 熊谷市 110mH 優勝 14秒10 (-1.3)
国民体育大会 諫早市 110mH 3位 13秒88 (-0.5)
2015 (大3) 日本ジュニア室内
(オープン)
大阪市 60mH 2位 7秒86 自己ベスト
60mH 3位 7秒89
2015 (大4) 静岡国際 袋井市 110mH 優勝 13秒80 (-0.8)
関東インカレ (1部) 横浜市 110mH 優勝 13秒64 (+1.0) 大会記録
国民体育大会 和歌山市 110mH 予選 14秒19 (+2.5)
2016 (社1) 織田記念 広島市 110mH 2位 13秒86 (-0.5)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 110mH 4位 13秒67 (-0.6)
布勢スプリント 鳥取市 110mH 2位 13秒59 (+1.4)
田島記念 山口市 110mH 5位 14秒16 (-1.2)
2017 (社2) 木南記念 大阪市 110mH 3位 13秒69 (-0.8)
110mH 2位 13秒74 (-1.5)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 110mH 6位 13秒72 (-1.8)
布勢スプリント 鳥取市 110mH 優勝 13秒43 (+3.2)
Spitzen Leichtathletik Luzern ルツェルン 110mH Bレース5位 13秒88 (-0.2)
全日本実業団選手権 大阪市 110mH 優勝 13秒61 (+1.1)
国民体育大会 松山市 110mH 優勝 13秒47 (+2.2)
2018 (社3) 織田記念 広島市 110mH 8位 13秒88 (+2.6)
木南記念 大阪市 110mH 優勝 13秒64 (+1.6)
全日本実業団選手権 大阪市 110mH 2位 13秒79 (-0.7)
国民体育大会 福井市 110mH 2位 13秒50 (+1.2)

脚注[編集]

  1. ^ a b 増野 元太 / インタビュー”. ヤマダ電機陸上競技部 (2017年4月). 2017年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c 「Go for INCHEON 2014 仁川アジア大会代表 Close-up No.3 増野元太」『月刊陸上競技』第48巻第9号、講談社、2014年8月号、 51-53頁。
  3. ^ 男子110メートル障害・増野V…インターハイ”. 函館新聞 (2011年8月8日). 2015年4月23日閲覧。
  4. ^ 陸上競技部増野元太君110mHで日本歴代10位の好記録で快走”. 国際武道大学 (2014年5月8日). 2015年4月23日閲覧。
  5. ^ 北斗出身の増野選手、陸上・日本選手権110メートル障害でV”. 函館新聞 (2014年6月10日). 2015年4月23日閲覧。
  6. ^ かつうらトピック ~日本人初のメダル獲得!~”. 勝浦市公式サイト (2015年7月14日). 2015年8月20日閲覧。
  7. ^ Beijing 2015 Statistics Handbook(RESULTS FROM PAST MAJOR CHAMPIONSHIPS / 79-488ページ参照)”. 国際陸上競技連盟 (2015年). 2015年10月7日閲覧。
  8. ^ ヤマダ電機陸上競技部へのモンテローザ陸上競技部7名の移籍および名称変更に関するお知らせ (PDF, 306 KB) ヤマダ電機 2017年03月18日閲覧
  9. ^ 第101回日本陸上競技選手権大会2日目 結果”. ヤマダ電機陸上部・公式ブログ(トラック&フィールド) (2017年6月24日). 2017年6月25日閲覧。
  10. ^ 第101回日本陸上競技選手権大会3日目 結果”. ヤマダ電機陸上部・公式ブログ(トラック&フィールド) (2017年6月25日). 2017年6月25日閲覧。
  11. ^ サニブラウン、多田らが世界陸上代表に選出 桐生は400メートルリレー代表候補に”. スポーツナビ (2017年6月26日). 2017年6月26日閲覧。
  12. ^ 2017年ロンドン世界選手権ガイドブック / 世界選手権日本人選手全結果(P.20参照) (PDF, 3.45 MB) 日本陸上競技連盟 2017年08月07日閲覧
  13. ^ 増野、隣の転倒に「びっくり」 日本勢10年ぶり準決勝も7着に終わる/世界陸上”. サンケイスポーツ (2017年8月7日). 2017年8月7日閲覧。
  14. ^ 110m障害の増野が引退「夢が見られなくなった」 日刊スポーツ2019年4月16日閲覧
  15. ^ “日清食品カップ” 第8回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会リザルト (PDF, 1.2 MB) 日本陸上競技連盟 2015年4月23日閲覧
  16. ^ 増野、国際武道大合格…陸上”. スポーツ報知 (2011年11月26日). 2011年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]