カイル・バンダー=カイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイル・バンダー=カイプ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム カイル・バーナード・バンダー=カイプ
ラテン文字 Kyle Bernard Vander-Kuyp
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
競技 陸上競技 (障害走)
種目 60mH, 110mH
生年月日 (1971-05-30) 1971年5月30日(47歳)
出身地 オーストラリアの旗 ニューサウスウェールズ州, シドニー, パディントン英語版
身長 184cm
体重 81kg
成績
オリンピック 110mH 7位 (1996年)
世界選手権 110mH 5位 (1995年)
地域大会決勝 英連邦競技大会
110mH 5位 (1994年, 1998年)
自己ベスト
100m 10秒47 (1994年)
60mハードル 7秒73 (1995年, 1997年) 室内オセアニア記録
110mハードル 13秒29 (1995年) オセアニア記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

カイル・バーナード・バンダー=カイプKyle Bernard Vander-Kuyp1971年5月30日 ‐ )は、アボリジニの血を引くオーストラリアの元陸上競技選手。専門は障害走110mハードルで13秒29、室内60mハードルで7秒73の自己ベストを持つ、両種目のオセアニア記録保持者。110mハードルでは1996年アトランタオリンピックで7位、1995年ヨーテボリ世界選手権で5位、60mハードルでは1995年バルセロナ世界室内選手権で8位の実績を持つ。

経歴[編集]

アボリジニ(ウォリミ族とユイン族)の血を引く両親の下、1971年5月30日にシドニーパディントン英語版で生まれたが、生後5週間で白人の夫婦の下に養子に出された[1][2]

初出場となった1995年3月のバルセロナ世界室内選手権男子60mハードルでは、予選を7秒74、準決勝を7秒73と、両ラウンドでオセアニア記録を樹立して決勝に進出し、この種目でオーストラリア勢初のファイナリストとなった[3]。決勝でも7秒73のオセアニアタイ記録をマークしたが8位に終わった[4]

2度目の出場となった1995年8月のヨーテボリ世界選手権男子110mハードルでは、2次予選で自身の持つオセアニア記録を更新する13秒29(+0.6)をマークすると、準決勝も13秒36(-0.1)の好タイムで突破して、この種目でオーストラリア勢初のファイナリストとなった[5]。迎えた決勝では2次予選で樹立したオセアニア記録に0秒01差と迫る13秒30(-0.1)をマークしたが、3位のロジャー・キングダムとは0秒11差の5位に終わり、メダル獲得はならなかった[6]

オリンピックデビューとなった1996年7月のアトランタオリンピック男子110mハードルでは、この種目のオーストラリア勢としては1952年ヘルシンキ大会以来のファイナリストとなった[7]。決勝は13秒40(+0.6)の7位に終わった[8]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒47 (+1.5) 1994年2月20日 オーストラリアの旗 メルボルン
110mハードル 13秒29 (+0.6) 1995年8月11日 スウェーデンの旗 ヨーテボリ オセアニア記録
室内
60mハードル 7秒73 1995年3月11日
1995年3月12日
1997年3月8日
スペインの旗 バルセロナ
スペインの旗 バルセロナ
フランスの旗 パリ
オセアニア記録

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1990 英連邦競技大会 (en ニュージーランドの旗 オークランド 110mH 6位 14秒07 (+0.5)
1992 世界ジュニア選手権 ブルガリアの旗 プロヴディフ 110mH 3位 13秒85 (-0.1)
ワールドカップ (en キューバの旗 ハバナ 110mH 5位 13秒83 (+0.3) オセアニア代表
1993 世界選手権 ドイツの旗 シュトゥットガルト 110mH 準決勝 13秒48 (-0.3) オセアニア記録
1994 英連邦競技大会 (en カナダの旗 ビクトリア 110mH 5位 13秒75 (+1.6)
4x100mR 予選 39秒49 (4走) 決勝進出[9]
ワールドカップ (en イギリスの旗 ロンドン 110mH 6位 13秒71 (-1.6) オセアニア代表
1995 世界室内選手権 スペインの旗 バルセロナ 60mH 8位 7秒73 オセアニア記録
世界選手権 スウェーデンの旗 ヨーテボリ 110mH 5位 13秒30 (-0.1) 2次予選13秒29 (+0.6):オセアニア記録
1996 オリンピック アメリカ合衆国の旗 アトランタ 110mH 7位 13秒40 (+0.6)
1997 世界室内選手権 フランスの旗 パリ 60mH 予選 7秒73
世界選手権 ギリシャの旗 アテネ 110mH 準決勝 13秒49 (+1.1)
1998 英連邦競技大会 (en マレーシアの旗 クアラルンプール 110mH 5位 13秒67 (-0.1)
1999 世界選手権 スペインの旗 セビリア 110mH 2次予選 13秒56 (-0.2)
2000 オリンピック オーストラリアの旗 シドニー 110mH 準決勝 13秒63 (+0.4)
2006 英連邦競技大会 (en オーストラリアの旗 メルボルン 110mH 予選 14秒22 (+1.4)

脚注[編集]

  1. ^ Vander-Kuyp reflects 20 years on from record run”. オーストラリアオリンピック委員会 (2015年8月11日). 2017年3月21日閲覧。
  2. ^ Aboriginal athletes facing added pressures”. オーストラリア放送協会 (2010年2月28日). 2017年3月21日閲覧。
  3. ^ World Indoor Championships Portland 2016 Athletics Statistics Handbook(RESULTS FROM PAST MAJOR INDOOR CHAMPIONSHIPS / P.79以降参照) 国際陸上競技連盟 (PDF, 24.76 MB) 2017年03月20日閲覧
  4. ^ 第5回世界室内選手権男子60mハードル決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2017年3月21日閲覧。
  5. ^ World Championships Beijing 2015 Athletics Statistics Handbook(RESULTS FROM PAST MAJOR CHAMPIONSHIPS / P.131以降参照) 国際陸上競技連盟 (PDF, 70.89 MB) 2017年03月20日閲覧
  6. ^ 第5回世界選手権男子110mハードル決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2017年3月21日閲覧。
  7. ^ Rio 2016 Olympic Games Athletics Statistics Handbook(OLYMPIC ATHLETICS FINALS / P.124以降参照) 国際陸上競技連盟 (PDF, 36.73 MB) 2017年03月20日閲覧
  8. ^ 第26回オリンピック男子110mハードル決勝リザルト”. 国際陸上競技連盟. 2017年3月21日閲覧。
  9. ^ 予選のみ出場。決勝のオーストラリアは38秒88で銀メダル獲得

外部リンク[編集]