永尾嘉章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永尾 嘉章(ながお よしふみ、1963年2月9日 - )は、兵庫県三木市出身の日本車いす陸上競技選手 (T54) 。神戸市在住。ANAORI Athlete Club(アナオリアスリートクラブ)に所属。

短距離選手としてパラリンピック6大会連続出場を果たした、車いす陸上界のパイオニア。2012年まで自己記録の更新をし続けるなど、メディアからは『超人』『ラストサムライ』などと言われている。アテネパラリンピック選手団主将を務め、400×4mで自身初、リレー初の銅メダルを獲得。パラリンピック車いす陸上選手最多出場選手で、T54クラスという層の厚いクラスで、すべての大会において決勝進出を果たしている。

人物[ソースを編集]

5歳でポリオ(小児麻痺)を発症、兵庫県内の養護学校高等部在籍中に車いす陸上を始めた。1980年栃木国体に100m、スラロームで出場し、その一方で1982年から車いすバスケットボールを始め、1990年ゴールドカップ(ベルギー)の日本代表選手としての出場を果たした。しかしこれを最後に車いすバスケットボールを引退し、陸上競技に専念することとなった。1991年にソウルパラリンピック、スラローム金メダリストの伊藤由美と結婚した。

上記パラリンピックに陸上競技で6大会連続出場を果たす。また、アテネパラリンピックの翌年2005年世界陸上ヘルシンキ大会に招待され出場し、5位入賞を果たした。

アテネパラリンピック後、引退もささやかれたが現在も妻の由美のコーチの下、競技を続けながらジュニアや次世代の育成にも力を注いでいる。

主な表彰[ソースを編集]

  • 厚生労働大臣賞
  • 内閣総理大臣顕彰
  • 兵庫県優秀スポーツ選手賞
  • 神戸市優秀スポーツ選手賞
  • 神戸新聞スポーツ賞

関連記事[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]