第99回日本陸上競技選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第99回日本陸上競技選手権大会
Niigata-Stadium20130911-04.JPG
主催 日本陸上競技連盟
開催地 新潟県新潟市
日程 2015年6月26日 - 28日
競技場 デンカビッグスワンスタジアム
実施種目 トラック, フィールド
種目数 36
サイト http://www.jaaf.or.jp/jch/99/

第99回日本陸上競技選手権大会第15回世界陸上競技選手権大会代表選手選考競技会(だい99かいにほんりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい)は、2015年6月26日から6月28日まで3日間の日程でデンカビッグスワンスタジアムを会場に開催された[1]。主催は日本陸上競技連盟。日本選手権の新潟県内開催は初めて。例年通りなら開催される6月上旬にはアジア陸上競技選手権大会が開催されるため、6月下旬にずれ込んだ[2]

大会結果[編集]

本大会と他種目の日本選手権、マラソンの第15回世界選手権代表選考会大会結果を扱う。表中の選手名・所属名は便宜上略称を含む。陸上競技の日本記録一覧も参照。

男子[編集]

優勝 2位 3位
100m
(-0.9 m/s)
高瀬慧
富士通
10.28 サニブラウン・アブデル・ハキーム
城西大学附属城西高校
10.40 川面聡大
ミズノ
10.40
200m
(+0.8 m/s)
藤光謙司
ゼンリン
20.32 サニブラウン・アブデル・ハキーム 城西大学附属城西高校
高瀬慧 富士通
20.57
400m 金丸祐三
大塚製薬
46.10 佐藤拳太郎
城西大学
46.12 田村朋也
住友電工
46.58
800m 川元奨
スズキ浜松AC
1:49.02 横田真人
富士通
1:49.16 田中匠瑛
盛岡市役所
1:50.60
1500m 新井七海
東海大学
3:43.47 廣瀬大貴
大阪ガス
3:43.86 高谷将弘
JR東日本
3:44.04
5000m 村山紘太
旭化成
13:37.22 大迫傑
Nike Oregon Project
13:37.72 出口和也
旭化成
13:39.52
10000m 鎧坂哲哉
旭化成
28:18.53 設楽悠太
Honda
28:31.32 星創太
富士通
28:37.37
110mH
(-1.4 m/s)
高山峻野
明治大学
13.81 古谷拓夢
早稲田大学
13.81 増野元太
国際武道大学
13.85
400mH 松下祐樹
チームミズノアスレティック
49.76 岸本鷹幸
富士通
49.81 小西勇太
住友電工
50.06
3000mSC 潰滝大記
中央学院大学
8:32.89 篠藤淳
山陽特殊製鋼
8:36.61 山下洸
NTN
8:36.61
走高跳 戸邉直人
つくばTP
2m26 衛藤昂
AGF
2m26 平松祐司
筑波大学
2m23
棒高跳 荻田大樹
ミズノ
5m50 土井翔太
三観陸協
5m40 山本聖途
トヨタ自動車
5m30
走幅跳 菅井洋平
ミズノ
7m88
(-0.1 m/s)
嶺村鴻汰
モンテローザ
7m81
(-1.8 m/s)
小田大樹
日本大学
7m79
(+0.3 m/s)
三段跳 石川和義
長野吉田AC
16m30
(+0.2 m/s)
山本凌雅
順天堂大学
16m24
(+1.1 m/s)
藤林献明
立命館AC
16m24
(+2.9 m/s)
砲丸投 畑瀬聡
群馬綜合ガードシステム
18m78
日本新記録
中村太地
国士舘クラブ
17m32 鈴木孝尚
オークワ
17m08
円盤投 堤雄司
群馬綜合ガードシステム
57m15 米沢茂友樹
東海大学
55m54 知念豪
ゼンリン
55m51
ハンマー投 野口裕史
群馬綜合ガードシステム
71m98 田中透
チームミズノアスレティック
68m80 土井宏昭
流通経済大クラブ
67m64
やり投 新井涼平
スズキ浜松AC
84m13
大会新記録
村上幸史
スズキ浜松AC
77m84 高力裕也
鳥取陸協
76m25
十種競技
(7/4-5)
右代啓祐
スズキ浜松AC
8058 中村明彦
スズキ浜松AC
7947 音部拓仁
富士通
7725
20km競歩
第98回 (2/15)
高橋英輝
岩手大学
1:18.03
日本新記録大会新記録
鈴木雄介
富士通
1:18.13
日本新記録大会新記録
荒井広宙
自衛隊体育学校
1:20.35
50km競歩
(4/19)
荒井広宙
自衛隊体育学校
3:40.20 谷井孝行
自衛隊体育学校
3:42:01 山崎勇喜
自衛隊体育学校
3:43:40
マラソン(福岡)
(2015/12/6)
佐々木悟
旭化成
2:08:56 高田千春
JR東日本
2:10:55 大塚良軌
愛知製鋼
2:12:46
クロカン
(2016/2/27)
市田孝
旭化成
35:59 神野大地
青山学院大学
36:02 茂木圭次郎
旭化成
36:15

女子[編集]

優勝 2位 3位
100m 福島千里
北海道ハイテクAC
11.50 宮澤有紀
富山大
11.77 土井杏南
大東文化大
11.83
200m 福島千里
北海道ハイテクAC
23.23 藤沢沙也加
セレスポ
23.81 市川華菜
ミズノ
24.07
400m 青木沙弥佳
東邦銀行
53.05 藤沢沙也加
セレスポ
53.14 石塚晴子
東大阪大敬愛高
53.44
800m 山田はな
東京学芸大
2:08.20 北村夢
日本体育大
2:08.62 平野綾子
筑波大
2:09.39
1500m 須永千尋
資生堂
4:15.69 陣内綾子
九電工
4:16.10 森田香織
パナソニック
4:17.33
5000m 尾西美咲
積水化学
15:18.77 鷲見梓沙
ユニバーサル
15:21.07 鈴木亜由子
JP日本郵政G
15:24.14
10000m 西原加純
ヤマダ電機
32:06.48 高島由香
デンソー
32:07.91 小原怜
天満屋
32:08.59
100mH 紫村仁美
佐賀陸協
13.27 田中杏梨
甲南大
13.30 青木益未
環太平洋大
13.42
400mH 吉良愛美
アットホーム
57.92 青木沙弥佳
東邦銀行
58.42 西田文香
神戸大
58.57
3000mSC 高見澤安珠
松山大
9:55.79 森智香子
積水化学
10:04.12 佐藤奈々
スターツ
10:12.70
走高跳 渡邉有希
ミライトテクノ
1m81 井上七海
オークワ
1m78 津田シェリアイ
東大阪大
1m78
棒高跳 竜田夏苗
モンテローザ
4m15 仲田愛
水戸信用金庫
4m10 我孫子智美
滋賀レイクスターズ
濵名愛
ベルジャパンAC
4m00
走幅跳 岡山沙英子
広島JrOC
6m21 平加有梨奈
北海道ハイテクAC
6m10 永井佳織
長谷川体育施設
5m99
三段跳 中尾有沙
祐和會
13m09 吉田麻佑
歩アスレチックス
13m06 前田和香
PEEK
12m97
砲丸投 太田亜矢
福岡大
15m65 松田昌己
国士舘大
15m14 郡菜々佳
東大阪大敬愛高
15m07
円盤投 坂口亜弓
S.T.T.
53m58 藤森夏美
順天堂大
49m57 中田恵莉子
四国大クラブ
49m23
ハンマー投 綾真澄
丸善工業
66m05 渡邊茜
丸和運輸機関
61m54 佐藤若菜
東邦銀行
59m90
やり投 海老原有希
スズキ浜松AC
59m11 助永仁美
オークワ
58m51 斉藤真理菜
国士舘大
57m73
七種競技
(7/4-5)
ヘンプヒル恵
中央大
5622 桐山智衣
モンテローザ
5536 澤田珠里
東京学芸大
5250
20km競歩
第98回 (2/15)
岡田久美子
ビックカメラ
1h31:57 井上麗
天満屋
1h34:17 福田亜矢子
国士舘大
1h36:34
マラソン(大阪)
(2015/1/25)
重友梨佐 2:26:39 渡邊裕子 2:28:36 城戸智恵子 2:29:08
クロカン
(2016/2/27)
阿部有香里
しまむら
27:13 木村友香
ユニバーサル
27:14 清水萌衣乃
東農大
27:20

参考文献[編集]

  1. ^ “2015年度の主要競技会日程について” (プレスリリース), 公益財団法人日本陸上競技連盟, (2014年9月22日), http://www.jaaf.or.jp/2015schedule 2014年10月13日閲覧。 
  2. ^ “世界リレーの影響で織田記念の日程前倒し”. 日刊スポーツ. (2014年9月18日). http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/f-sp-tp0-20140918-1368883.html 2014年10月13日閲覧。 

外部リンク[編集]