東大阪大学敬愛高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東大阪大学敬愛高等学校
過去の名称 布施高等女学校
布施女子高等学校
東大阪高等学校
敬愛女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人村上学園
校訓 万物感謝・質実勤労・自他敬愛
設立年月日 1940年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 27569H
所在地 577-8567
大阪府東大阪市西堤学園町3丁目1番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東大阪大学敬愛高等学校(ひがしおおさかだいがくけいあいこうとうがっこう)は、大阪府東大阪市西堤学園町三丁目にある私立高等学校

概要[編集]

学校法人村上学園が運営している。東大阪大学東大阪大学短期大学部と同じ敷地の中に位置する。また柏原市にある東大阪大学柏原高等学校は同一学校法人が運営する関連校にあたる。

長らく女子校として運営されてきたが、2006年男女共学を実施した。

3つのコースに分けられている。

  • 総合進学コース
  • こども教育コース
  • 調理・製菓コース

学生のほとんどが自転車通学(校内の駐輪場に止めている)

沿革[編集]

  • 1940年12月 - 布施高等女学校として設立。
  • 1949年12月 - 布施女子高等学校に改称。
  • 1967年4月 - 東大阪高等学校に改称。
  • 1986年12月 - 新体育館完成。
  • 2002年4月 - 敬愛女子高等学校に改称。
  • 2006年4月 - 東大阪大学敬愛高等学校に改称し、男女共学化。
  • 2016年8月 - 新校舎が落成。

訴訟[編集]

2017年6月13日、同校在校生で空手部所属だった女性2人が当時の顧問から大会前の練習参加を断られたり、退部を強要されるなどの「指導」を受けた上に大学へのスポーツ推薦を拒まれた事で元顧問と学校を「問題を放置した」として学校法人と顧問に対し計715万円の損害賠償を求める。大阪地裁(野田恵司裁判長)は指導者の裁量を超えた不法行為として121万円の慰謝料命じた[1]

交通[編集]

部活動[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]