渡邊裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡邊 裕子 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム わたなべ ゆうこ
ラテン文字 yuko watanabe
愛称 ゆうちゃん
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 マラソン・ハーフマラソン
所属 エディオン
生年月日 (1987-11-03) 1987年11月3日(31歳)
出身地 広島県東広島市
身長 151㎝
体重 39㎏
3000m 9分33秒03
5000m 16分07秒12
10000m 32分27秒89
ハーフマラソン 1時間10分06秒
マラソン 2時間25分56秒
編集 テンプレートのヘルプを表示する

渡邊 裕子(わたなべ ゆうこ、1987年11月3日 - )は、日本陸上競技選手。専門は長距離走(主にマラソンハーフマラソン)。エディオン所属。151cm、39kg。

経歴[編集]

広島県賀茂郡黒瀬町(現・東広島市)出身。東広島市立黒瀬中学校広島県立西条農業高等学校卒業。黒瀬中1年から陸上を始める[1]。高校時代は無名に近い存在だったが2006年エディオン入社以降、着実に力を付け始めた。

マラソン初挑戦だった2012年3月11日名古屋ウィメンズマラソンロンドンオリンピック選考レース)では13位ながらも2時間29分台のゴールタイムでフィニッシュ、表彰式では新人賞を獲得した。

2013年1月27日大阪国際女子マラソンで2時間25分台をマーク、マラソン自己記録を3分以上更新し日本人2番手の2位[2]でゴール。2013年8月の世界陸上モスクワ大会の有力候補に名乗りを挙げた[3][4]が、日本陸連が定めた女子マラソン派遣記録(2時間23分59秒)から約2分も遅れ、さらに同マラソンで優勝者(当初2着から繰り上げ)の福士加代子から1分35秒も離されたのがネックとなり、結局初の世界陸上日本代表は選出されなかった(2013年4月25日のマラソン代表決定時、日本陸連は女子マラソンの5枠ある分を3枠に削減した為。又横浜国際女子マラソンで日本人トップ・2位の那須川瑞穂も2時間26分台の記録がマイナス材料となり落選[5])。

2013年8月25日北海道マラソン・女子の部では、自身フルマラソンで念願の初優勝を達成した。しかし翌2014年1月26日・翌々2015年1月25日の大阪国際女子マラソンへそれぞれ出場するも、共に優勝及び日本女子首位の好成績を残す事が出来ず、2014年の仁川アジア競技大会、2015年の世界陸上北京大会の各女子マラソン日本代表には選出されなかった。

2015年5月3日のWINGS FOR LIFE WORLD RUNにおいて、56kmの記録で女子の部の世界チャンピオンを獲得。

2016年1月31日の大阪国際女子マラソンで、リオデジャネイロオリンピック・女子マラソン日本代表の座を目指し4年連続で同大会に出走。序盤からハイペースで飛ばし独走で優勝した福士加代子らについていかず自重したものの、自己ベスト更新には遠く及ばず、自己最低記録となる2時間37分台の15位に留まった[6]。その大阪国際女子から僅か7週間後、リオ五輪・女子マラソン国内最終選考会である、同年3月13日の名古屋ウィメンズマラソンに一般参加選手として再挑戦。レース前半は先頭集団についていくも徐々にペースを落とし、結局大阪国際と全く同じゴールタイムで、順位はワーストの34位に終わった[7]

自己記録[編集]

  • 5000m - 16分07秒12(2011年4月29日、第45回 織田幹雄記念国際陸上競技大会 8位)
  • 10000m - 32分27秒89(2011年6月27日、ホクレン・ディスタンスチャレンジ2011 第3戦深川大会 5位)
  • ハーフマラソン - 1時間10分06秒(2012年12月23日、第31回 山陽女子ロードレース大会 2位)
  • マラソン - 2時間25分56秒(2013年1月27日、第32回 大阪国際女子マラソン 3位)

マラソン全記録[編集]

年月 大会 順位 記録 備考
2012年03月 名古屋ウィメンズマラソン 13位 2時間29分20秒 初マラソン・ロンドンオリンピック選考レース
2013年01月 大阪国際女子マラソン 2位[2] 2時間25分56秒 自己記録・世界陸上モスクワ大会選考レース
2013年08月 北海道マラソン 優勝 2時間29分13秒 フルマラソン初優勝
2014年01月 大阪国際女子マラソン 11位[2] 2時間34分01秒 仁川アジア競技大会選考レース
2015年01月 大阪国際女子マラソン 3位[2] 2時間28分36秒 世界陸上北京大会選考レース
2016年01月 大阪国際女子マラソン 15位 2時間37分55秒 リオデジャネイロオリンピック選考レース
2016年03月 名古屋ウィメンズマラソン 34位 2時間37分55秒
2017年03月 名古屋ウィメンズマラソン 29位 2時間42分16秒 世界陸上ロンドン大会選考レース

脚注[編集]

  1. ^ 「小さな鉄人」浪速から飛び出した〜渡辺裕子3位 リオへ新星 サンケイスポーツ 2013年1月28日
  2. ^ a b c d 大阪国際女子マラソンで2013年・2014年・2015年と当初3連覇のタチアナ・ガメラ=シュミルコウクライナ)が、2015年11月にドーピング違反で失格判定。2011年8月以降の記録・順位が抹消されたため、渡邊の3位・12位・4位の順位が一つずつ繰り上がった
  3. ^ 渡辺裕子、樋口紀子…超新星、夢舞台で輝け”. MSN産経ニュース. 産業経済新聞社 (2010年11月1日). 2013年1月26日閲覧。
  4. ^ “新星”渡辺 粘りの3位 世界選手権有力候補に スポニチ 2013年1月28日閲覧
  5. ^ 世界陸上マラソン代表に川内ら 女子は野口、福士、木崎の3人のみ スポニチ 2013年4月25日閲覧
  6. ^ 【大阪国際女子マラソン】15位に沈んだ渡辺「体がついていかなかった」サンスポ 2016年1月31日閲覧
  7. ^ エディオン女子陸上部 レース結果(名古屋ウィメンズマラソン)2016年3月17日閲覧

外部リンク[編集]