山本聖途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山本 聖途 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Seito Yamamoto
国籍 日本の旗 日本
種目 棒高跳
所属 トヨタ自動車
大学 中京大学
生年月日 (1992-03-11) 1992年3月11日(26歳)
出身地 愛知県岡崎市
身長 178㎝
体重 70㎏
コーチ担当者 小林 史明
棒高跳 5m77
 
獲得メダル
男子 陸上競技
ユニバーシアード
2013 カザン 棒高跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

山本 聖途(やまもと せいと、1992年3月11日 - )は、日本陸上競技選手、専門は棒高跳ロンドンオリンピック日本代表、リオデジャネイロオリンピック代表[1]2012年から2013年にかけて男子棒高跳の学生記録を続けて更新した。2013年世界陸上モスクワ大会の男子棒高跳で6位入賞。

プロフィール[編集]

人物[編集]

元短距離選手の父と元跳躍選手の母の間に三男として生まれる。父は100m10秒47の記録を保持しており[4]、「オリンピックの聖火台に向かって一途に頑張れ」という意味を込めた聖途という名前の名付け親でもある。次兄も400mHで全国入賞の経験がある。

経歴[編集]

小学校時代から中学2年まではサッカーをしていたが、進学先[5]岡崎市立岩津中学校にサッカー部がなかったため陸上部に入部する。当時は長距離をしていた。

山本と棒高跳の出会いは中学2年生の夏休み。参加していたある競技会において後に進学する岡崎城西高校の陸上競技部顧問に声をかけられ、翌日から高校の練習に参加したという。しかしながら中学時代のベストは2m80と、全日中の参加標準記録に1m以上及ばないものであり、愛知県大会に進むことすらできなかった。それでも山本は岡崎城西高校から勧誘を受け、進学を決める。高校進学後は急激に記録を伸ばし、2年時には5m00を跳ぶまでに成長。3年時は記録の面では伸び悩んだものの、インターハイ6位など全国入賞を重ねる。

中京大学進学後は再び記録を伸ばし続け、2012年4月の織田記念で5m60を跳び学生新記録を樹立。6月の第96回日本選手権で本命視されていた日本記録保持者の澤野大地を破り優勝し、ロンドンオリンピックの代表に選ばれる。この年、中京大学からは山本以外に女子4×100mリレーの市川華菜と男子400mHの中村明彦が陸上競技の日本代表に選ばれたが、3人が同じ岡崎城西高校出身者であることが話題となった[6]。市川と中村は山本の1年先輩にあたる。7月には学生個人選手権で5m65を跳び再び学生記録を更新した。ロンドンオリンピックは予選で5m35に3度失敗、記録なしの結果となった。オリンピック後、中京大学コーチの室伏広治から指導を受けて腹筋・背筋など体幹強化を図っている[7][8]。2013年5月18日、東海学生対校選手権で日本歴代2位、日本学生新記録となる5m74をマーク、世界選手権の派遣設定記録を突破した[9]。6月の第97回日本選手権は5m70の記録で制して大会2連覇を果たした。

2013年8月の世界陸上モスクワ大会男子棒高跳決勝で5m75を跳び、この種目の日本勢世界選手権史上最高となる6位入賞の成績を残した[10]

2015年9月、全日本実業団で5m70を記録してリオデジャネイロオリンピック派遣設定記録を突破。2016年1月、アメリカ・ネバダ州リノの室内大会で室内日本新の5m77を記録した[11]。6月、第100回日本選手権は5m60で2位(荻田大樹と同順位)となり、派遣設定記録を突破している選手の中で最上位となったためオリンピック出場が内定した。

年次別ベスト[編集]

  • 2007年(高校1年) - 4m40
  • 2008年(高校2年) - 5m00
  • 2009年(高校3年) - 4m90
  • 2010年(大学1年) - 5m31
  • 2011年(大学2年) - 5m35
  • 2012年(大学3年) - 5m65=日本学生記録(当時)
  • 2013年(大学4年) - 5m75=日本学生記録、5m71=室内日本記録

脚注[編集]

  1. ^ 山本 聖途 (陸上競技) - リオデジャネイロオリンピック2016 - JOC
  2. ^ 陸上&体操女子 オリンピック選手 決定! - スポッチ! : 中京テレビ
  3. ^ 岡崎市総合政策部広報課編 『岡崎市制100周年記念誌 新たな100年に向けて』 岡崎市役所2017年7月、36頁。
  4. ^ 月刊陸上競技2012年7月号 講談社 p.11
  5. ^ 岩中日記 2012年7月岡崎市立岩津中学校ホームページ
  6. ^ 巌本新太郎 「ゆとり陸上部、大成のもと 岡崎城西高、ロンドン五輪代表3人を一挙輩出」 朝日新聞 2012年8月2日朝刊, 2ページ
  7. ^ 田中誠之 「陸上・日本選手権第1日 棒高跳び 山本V2 世界切符 五輪の失敗…体幹強化」 読売新聞 2013年6月8日東京朝刊, 15ページ
  8. ^ 田原和宏 「陸上 日本選手権 山本、連覇で世界切符 棒高跳びで5メートル70」 毎日新聞 2013年6月8日東京朝刊, 19ページ
  9. ^ 東海学生選手権 中京大4年・山本 5メートル74!! 棒高跳び日本歴代2位 中日新聞 (2013-05-19). 2013年8月19日閲覧
  10. ^ “棒高・山本聖途、6位入賞の快挙”. TBS. (2013年8月13日). http://www.tbs.co.jp/seriku/news/n201308130401.html 2013年8月15日閲覧。 
  11. ^ 連続五輪へ山本聖途が6m男に挑む/セイコーGGP

参考資料[編集]

外部リンク[編集]