渕瀬真寿美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渕瀬真寿美 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 渕瀬真寿美
国籍 日本の旗 日本
種目 競歩
所属 大塚製薬
生年月日 (1986-09-02) 1986年9月2日(31歳)
生誕地 兵庫県姫路市網干区
身長 161cm
体重 45kg
自己ベスト 20km競歩:1時間28分03秒(2009年1月25日:日本記録)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

渕瀬 真寿美(ふちせ ますみ、1986年9月2日 - )は、日本陸上競技競歩選手。女子20km競歩日本記録保持者。兵庫県姫路市出身。大塚製薬所属。

経歴[編集]

姫路市立朝日中学校卒業、須磨学園高校入学後、故障したのをきっかけに競歩を始めた。2年のとき、インターハイ3000m競歩で優勝したが、3年ではインターハイ県予選で失格した。

龍谷大学に進学し、2年だった2007年1月28日日本選手権20km競歩で、川崎真裕美が持っていた日本記録を更新し、世界陸上大阪大会に出場したが、27位に終わる。2008年には、日本選手権3位で、北京オリンピック出場を逃した。

2009年1月25日、日本選手権で、川崎が2007年3月に樹立した日本記録を更新する1時間28分03秒を記録し、2大会連続の世界陸上ベルリン大会代表になった。大学を卒業後、大塚製薬に入社した。

2009年7月に、ユニバーシアードで銀メダルを獲得し、8月の世界陸上ベルリン大会では、日本女子競歩初となる世界選手権入賞(7位)を果たした。

2011年8月の世界陸上大邱大会には世界選手権二大会連続入賞を目指したが、前半の積極果敢なオーバーペースが祟ってか後半大幅にペースダウン、18.7Km地点で脱水症状を起こし途中棄権に終わった。

2012年8月のロンドン五輪では、日本勢歴代最高の11位に入った。

主な成績[編集]

すべて20km競歩

  • 2007年 日本選手権 1位(1時間29分36秒:当時日本記録)
  • 2007年 世界選手権 27位(1時間41分49秒)
  • 2008年 日本選手権 3位 (1時間31分36秒)
  • 2009年 日本選手権 1位(1時間28分03秒:日本記録)
  • 2009年 ユニバーシアード 2位(1時間31分42秒)
  • 2009年 世界選手権 7位(1時間31分15秒:日本勢初入賞)
  • 2010年 全日本競歩 1位 (1時間29分35秒)
  • 2010年 アジア競技大会 2位(1時間30分34秒)
  • 2011年 全日本競歩 2位 (1時間31分52秒)
  • 2011年 世界選手権 途中棄権
  • 2012年 全日本競歩 1位 (1時間30分36秒)
  • 2012年 ロンドン五輪 11位 (1時間28分41秒)

関連項目[編集]

  • 和田麻希 - 龍谷大学の同学年。ともに2009年の世界選手権に出場した。

外部リンク[編集]