西山雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西山 雄介
にしやま ゆうすけ
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 西山 雄介
ラテン文字 Yusuke Nishiyama
愛称 ニッシー
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 トヨタ自動車
大学 駒澤大学経済学部卒業
生年月日 (1994-11-07) 1994年11月7日(24歳)
出身地 三重県の旗三重県松阪市
身長 173cm
体重 58kg
自己ベスト
1500m 3分46秒48(2012年)
5000m 13分51秒19(2016年)
10000m 28分29秒23(2017年)
ハーフマラソン 1時間02分37秒(2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

西山 雄介(にしやま ゆうすけ、1994年11月7日 - )は日本の陸上競技選手。専門は長距離走三重県松阪市出身。伊賀白鳳高校駒澤大学卒業。2017年現在トヨタ自動車所属。

経歴・人物[編集]

  • トヨタ紡織所属の長距離選手である西山凌平 [1]は1学年上の兄。伊賀白鳳高校 時代までは同じチームで活動した。
  • 伊賀白鳳高校時代には高校トップクラスの選手として活躍。国体では1年時に少年B3000m、3年時に少年A5000mでそれぞれ準優勝。また、3年時のインターハイでは1500m・5000mと2種目で入賞、全国高校駅伝では優勝した豊川高校のエース服部弾馬駒澤大学でチームメイトとなる中谷圭佑などを抑え、1区区間賞を獲得するなど幅広く活躍した[2][3]
  • 駒澤大学では同期の中谷圭佑とともに入学時から主力選手として活躍し、1年生から4年生まで大学三大駅伝にフル出場した[4]
  • 2016年2月、この年からリニューアルされ世界大学クロスカントリー選手権大会の代表選考会となった千葉クロスカントリー大会男子12kmで優勝を果たし[5]、同年3月に開催された世界大学クロスカントリー選手権大会に出場。8位という成績を収め、日本の団体銀メダル獲得に貢献した[6]
  • 卒業後はトヨタ自動車に進み、競技を継続する。

記録[編集]

自己ベスト記録[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2010 千葉国体 3000m 2位 8分29秒31 少年B
2012 新潟インターハイ 1500m 3位 3分46秒48
5000m 7位 14分16秒51 日本人3位
岐阜国体 5000m 2位 14分03秒12 少年A・
日本人1位
全国高校駅伝 1区(10.0km) 区間賞 29分38秒 伊賀白鳳高校
総合3位
2016 千葉クロスカントリー大会 12km 優勝 37分48秒 大学生12km
世界大学クロスカントリー選手権大会 10.7km 8位 34分08秒 団体銀メダル

大学駅伝成績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2013年度)
第25回
5区-区間2位
18分31秒
第45回
2区-区間9位
39分29秒
第90回
7区-区間3位
1時間04分04秒
2年生
(2014年度)
第26回
2区エントリー
大会中止
第46回
6区-区間2位
36分00秒
第91回
7区-区間2位
1時間03分26秒
3年生
(2015年度)
第27回
5区-区間賞
18分34秒
第47回
3区-区間10位
27分52秒
第92回
7区-区間4位
1時間04分21秒
4年生
(2016年度)
第28回
1区-区間9位
23分39秒
第48回
2区-区間7位
38分49秒
第93回
1区-区間6位
1時間04分04秒

実業団駅伝戦績[編集]

年度 大会 所属 区間 区間順位 記録 総合順位
2017年度
(入社1年目)
第57回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 トヨタ自動車 6区 区間賞 26分55秒 トヨタ自動車優勝
第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
トヨタ自動車3位

出典[編集]

  1. ^ [1] トヨタ紡織陸上部
  2. ^ [2]2012ih_athletics_top8m.pdf 決勝記録一覧表
  3. ^ [3] 第63回男子大会記録 | 全国高等学校駅伝競走大会
  4. ^ 台風のため中止となった2014年の出雲駅伝を除く。
  5. ^ [4] 千葉クロカン:男子12キロ西山、女子6キロ出水田がV - 毎日新聞
  6. ^ [5] 20th WORLD UNIVERSITY CROSS COUNTRY CHAMPIONSHIP
  7. ^ [6] 駒澤大学 陸上競技部 公式HP ~原点と信念~