高林祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高林 祐介
たかばやし ゆうすけ
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 高林 祐介
ラテン文字 Yusuke Takabayashi
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走
所属 トヨタ自動車
生年月日 (1987-07-19) 1987年7月19日(30歳)
生誕地 日本の旗 日本三重県伊勢市小俣町
身長 182cm
体重 62kg
自己ベスト 5000m: 13分38秒73(2011年)
10000m: 27分56秒46(2010年)
ハーフマラソン: 1時間01分31秒(2012年)
マラソン : 2時間18分31秒(2016年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

高林 祐介(たかばやし ゆうすけ、1987年7月19日 - )は、日本陸上競技選手。専門は中・長距離走三重県度会郡小俣町(現・伊勢市)出身。三重県立上野工業高等学校駒澤大学文学部歴史学科卒業。トヨタ自動車に所属した。

経歴[編集]

小学校ではサッカー部所属であったが、中学校から陸上競技を始めた。中学3年時のジュニア・オリンピックでは男子800mに出場し優勝する。上野工業高校2年時の第55回全国高等学校駅伝競走大会では4区 (8.0875km)区間2位となった。高校3年時の千葉インターハイ1500m決勝では優勝、1999年佐藤清治以来となる日本人高校生による勝利を飾った。

2006年駒澤大学に進学。2年時の関東インカレ1500m決勝では4位入賞の成績を残した。第19回出雲駅伝5区 (5.0km)では区間賞を獲得。第39回全日本大学駅伝5区 (11.6km)でも区間賞を獲得し駒澤大学の全日本大学駅伝2年連続優勝に貢献した。3年時では、故障の影響でトラックシーズンは棒に振ったが、第20回出雲駅伝で2年連続の5区を任され区間賞を獲得。第40回全日本大学駅伝で6区 (12.3km)を任され区間賞を獲得し、駒澤大学3年連続優勝に貢献した。2009年第85回箱根駅伝では8区 (21.5km)を任され、区間賞を獲得した。

2009年度は駒澤大学陸上競技部主将を務め、第85回箱根駅伝で大会シード権を失った駒澤大学の挽回に力を尽くした。第21回出雲駅伝では1区 (8.0km)を務めた。続く第86回箱根駅伝予選会 (20km)では個人8位の成績を残し、駒澤大学予選会1位通過の一翼を担った。第41回全日本大学駅伝では6区を走り区間賞を獲得した。2010年、第86回箱根駅伝では9区 (23.2km)を走り権太坂を駆け下りると大八木弘明監督の檄に応え、前を行く山梨学院大学中央大学の2校を交わし、藤色タスキを2番手に押し上げ鶴見中継所へと運んだ。同大会では高林・宇賀地強深津卓也らをはじめとする活躍により、駒澤大学は前年度13位から総合2位・復路優勝へと躍進を遂げる成績を残した。高林は大学での競技生活の中で、1年時の出雲駅伝を除く11回大学三大駅伝に出走し、そのうち半数以上の7回区間賞を獲得するという活躍を見せた。

2010年トヨタ自動車に入社。入社1年目で迎えた2011年の全日本実業団駅伝では3区を担当し区間賞を獲得 (区間新)。同期入社の宮脇千博(中京高校卒)や、尾田賢典熊本剛らベテラン勢の活躍もあり、トヨタ自動車は初優勝を果たした。翌2012年の全日本実業団駅伝では2連覇を目指すチームのアンカー7区を担当。高林にタスキが渡るときには、すでに先頭と2分半以上の差がついており大勢が決してしまっていたが、必死に前を追い区間賞を獲得した (チームは総合4位)。この区間賞で、大学3年時の箱根駅伝から4年連続正月の駅伝区間賞獲得となった。

2016年3月のびわ湖毎日マラソン出場を最後にトヨタ自動車陸上長距離部を退部し、第一線を退いた[1]。その後も競技は継続し、同年6月の第100回日本陸上競技選手権大会には1500mで出場した[2]

記録[編集]

日本代表歴[編集]

駅伝戦績[編集]

大学駅伝戦績[編集]

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2006年度)
第18回
ー - ー
出走なし
第38回
5区-区間3位
35分08秒
第83回
7区-区間7位
1時間06分03秒
2年生
(2007年度)
第19回
5区-区間賞
14分34秒
第39回
5区-区間賞
34分20秒
第84回
3区-区間7位
1時間05分03秒
3年生
(2008年度)
第20回
5区-区間賞
14分41秒
第40回
6区-区間賞
36分15秒
第85回
8区-区間賞
1時間06分27秒
4年生
(2009年度)
第21回
1区-区間11位
23分41秒
第41回
6区-区間賞
36分09秒
第86回
9区-区間賞
1時間10分19秒

実業団駅伝戦績[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1]引退選手・退任スタッフ・新人選手紹介 | トヨタ自動車陸上長距離部
  2. ^ [2]男子 1500m 予選 3組 - 第100回 日本陸上競技選手権大会

関連人物[編集]

外部リンク[編集]