小野田勇次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野田 勇次 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム オノダ ユウジ
日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走長距離走
所属 トヨタ紡織
大学 青山学院大学経営学部
生年月日 (1996-09-03) 1996年9月3日(23歳)
生誕地 愛知県の旗 愛知県豊橋市
身長 171 cm
体重 51 kg
自己ベスト
1500m 3分51秒72(2017年)
5000m 13分46秒93(2017年)
10000m 28分57秒30(2018年)
ハーフマラソン 1時間03分36秒(2017年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

小野田 勇次(おのだ ゆうじ、1996年9月3日 - )は、日本陸上競技選手。専門は中距離走長距離走愛知県豊橋市出身。豊橋市立高師台中学校豊川高等学校[1]青山学院大学経営学部経済学科各卒業[2]トヨタ紡織所属。身長171cm、体重51kg。

経歴[編集]

高校時代まで[編集]

  • 2009年4月、豊橋市立高師台中学校に入学。同中学1年生の頃から陸上競技を始めた。
  • 2012年4月、豊川高等学校に入学。豊川高校1年生時、チームが同年12月の第63回全国高等学校駅伝競走大会に初出場を果たしたが、自身は補欠メンバーに留まった。なお当回は豊川高校が、男子の部において高校駅伝初出場ながら、いきなり初優勝の快挙を達成。その優勝メンバーには、仙台育英高校宮城県)から転入した一色恭志(2学年歳上で、のち大学でも同じチームメートとなる)を始め、服部弾馬カレミ・ズクらが出場していた。
  • 高校3年生時、チームは2014年12月の第65回全国高等学校駅伝競走大会に東海地区代表校として、2年ぶりの都大路出場を果たし、自身唯一の全国高校駅伝出走となる。緩やかな下り坂が続く4区を担当したが結局区間16位に留まり、チーム総合順位も15位に終わった。

大学時代[編集]

  • 2015年4月、青山学院大学(経営学部経済学科)に入学し、原晋長距離ブロック監督の指導で、着実に力を付け始める。
  • 青山学院大学の1年生時から、翌2016年1月の第92回箱根駅伝で6区の山下り区間を任され、結果区間2位の好走でチームの総合2連覇に貢献した。
  • 大学2年生時、2017年1月の第93回箱根駅伝でも6区を任され、2年連続で区間2位となり、チーム総合3連覇の力となった[3]
  • 大学3年生時、2018年1月の第94回箱根駅伝では3年連続して6区を担当するも、当年往路優勝した東洋大学を初めて前を追う展開となった。芦之湯(5.1Km地点)までの山登り区間では前回・前々回よりも遅いタイムだったが、芦之湯以降の急激な下り坂に入ってから、一気にペースを上げる。15km手前迄先行していた、東洋大・今西駿介に追いついた後で逆転[4]小田原中継所では52秒迄大きく差を広げて後続に襷を繋いだ。タイムは区間記録まであと2秒に迫る58分03秒で、自身初の区間賞を獲得した。なお、箱根6区の歴史において58分台(59分切り)を3度達成した初めての選手となった。チームは7区・林奎介、8区・下田裕太らが順調に後続との差をさらに拡大し、結果青山学院大学は2005年の駒大以来13年振りに箱根駅伝総合4連覇を成し遂げた。
  • 大学4年生時、2018年11月の第50回全日本大学駅伝対校選手権大会ではトップバッター・1区(9.5Km)を担当し帝京大学に次ぐ1秒差の区間2位だったが、同大会2年ぶり2回目の優勝に貢献した[5]
  • 大学生最後となった2019年1月の第95回箱根駅伝でも、4年連続4回目の6区・山下りを任される。小田原中継所の手前で、法政大学坪井彗を追い抜きチームは総合5位に浮上、現コースでは史上初の57分台を記録し区間新記録を樹立した[6]。なお4年連続の1時間切りは金子宣隆大東文化大学出身)、千葉健太駒澤大学出身)に次ぐ3人目だが、4年連続の59分切りは、小野田が史上初の快挙となる。だが、チームは5年連続して復路優勝の原動力となったものの、結果的に往路6位の大きな出遅れが響いてしまい、同回箱根駅伝で初優勝した東海大学と3分41秒差のチーム総合2位で、惜しくも総合5連覇は果たせなかった。

人物[編集]

  • 血液型はA型である。
  • 趣味はボウリングで、最高スコアは206を記録している。
  • 毎日20~40キロ走り、練習後には体重が約2kg減るという[7]
  • 青学大陸上部の原晋監督は、小野田の走るフォームを「下りで前傾する際に猫背ではなく、ちゃんとした軸を持っている」と下りへの適性を評価しており、箱根駅伝では4年連続(2019年まで)で山下りの6区を任された[8]
  • 2017年4月8日TBS系列で生放送された特別番組オールスター感謝祭2017春』のイベント企画「赤坂5丁目ミニ駅伝」へ、同級生の梶谷瑠哉森田歩希、1学年下の鈴木塁人と共に青山学院大学陸上競技部チームとして参加。ハリー杉山小島よしおなかやまきんに君堀井新太おばたのお兄さん小國以載ワッキー(ペナルティ)・森脇健児らの芸能人最速チームに勝利した。
  • 大学最後の第95回箱根駅伝で青学大は往路6位と後手に回り、往路首位の東洋大学に5分30秒、往路2位の東海大学に4分14秒もの大差をつけられる。よもやの展開に、箱根駅伝総合5連覇が絶望的となった原監督は意気消沈してしまう中、往路終了後小野田らへ電話で励ますも「監督の声が明らかにおかしく、あんなにテンションが下がったのは初めて」と驚いたという[9]。それに対して、小野田自ら「監督、弱気に成ってたら駄目じゃないですか!明日の復路では僕達が必ず挽回しますから」と、逆に原監督へ発破を掛けたと語っている[10]
  • 大学卒業後も競技を継続し、2019年4月にトヨタ紡織陸上部へ就職・入部した。その直後の同年4月6日、2年振りに出演したTBS系列生放映・平成時代最後の特番『オールスター感謝祭2019春』の「赤坂5丁目ミニマラソン」へゲストランナーで参加。芸能人女子(一般の部)達の号砲から、ハンデは4分40秒後に出走開始したが、以前よりミニマラソンの距離が短縮された影響も有ってか、優勝者のお笑いタレント森脇健児(30万円山分けクイズの予想的中者は0人)とは39秒差をつけられての8位に留まった。

戦績[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2014年 第65回全国高等学校駅伝競走大会 4区(8.0875km) 16位 24分27秒
2015年 第20回全国都道府県対抗駅伝競走大会 4区(5.0km) 22位 14分40秒
2015年 第50回千葉国際クロスカントリー大会 8000m 68位 25分22秒
2015年 2015 日本学生陸上競技個人選手権大会 5000m 19位 14分20秒62
2016年 第38回神奈川マラソン ハーフマラソン 40位 1時間06分28秒
2016年 第65回公認鹿島祐徳ロードレース大会 ハーフマラソン 優勝 1時間04分57秒
2016年 日本学生陸上競技個人選手権大会 5000m 32位 14分41秒91
2017年 第39回神奈川マラソン ハーフマラソン 20位 1時間04分01秒
2017年 第20回日本学生ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 20位 1時間03分42秒 自己ベスト
2017年 金栗記念選抜中・長距離熊本大会 5000m(5組) 19位 14分17秒79
2017年 第51回織田幹雄記念国際陸上競技大会 5000m 9位 13分54秒36
2017年 第96回関東学生陸上競技対校選手権大会 5000m 30位 14分42秒76
2017年 日本学生陸上競技個人選手権大会 5000m(2組) 3位 14分04秒54

大学駅伝成績[編集]

年度 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2015年度)
第27回
- - -
出場なし
第47回
- - -
出場なし
第92回
6区-区間2位
58分31秒
2年生
(2016年度)
第28回
- - -
出場なし
第48回
5区-区間賞
35分07秒
第93回
6区-区間2位
58分48秒
3年生
(2017年度)
第29回
4区-区間2位
18分31秒
第49回
7区-区間3位
34分43秒
第94回
6区-区間賞
58分03秒
4年生(2018年度) 第30回
- - -
出走なし
第50回
1区-区間2位
27分29秒
第95回
6区-区間新記録
57分57秒

自己記録[編集]

  • 1500m・・・3分51秒72(2017年4月22日 第256回日本体育大学記録会)
  • 5000m・・・13分46秒93(2016年10月1日 第4回世田谷長距離競技会)
  • 10000m・・・28分57秒30(2018年4月21日 第262回日本体育大学長距離競技会)
  • ハーフマラソン・・・1時間03分42秒(2017年3月5日 日本学生ハーフマラソン選手権大会)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]