室矢芳隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

室矢 芳隆(むろや よしたか、1930年4月6日 - 2019年3月23日)は、日本中距離走選手。石川県羽咋郡中甘田村(現・志賀町)出身[1]

新制石川県立羽咋高等学校の1回生であり[1]1932年ロサンゼルスオリンピックに出場した広橋百合子から陸上競技の指導を受けた[2]。卒業時に広橋からロサンゼルスオリンピックで着ていた赤いセーターを贈られた[2]。羽咋高校卒業後は中央大学へ進学し、東京箱根間往復大学駅伝競走で2度区間賞を獲得した[1]

1952年ヘルシンキオリンピック1956年メルボルンオリンピックに出場した[3]。メルボルンオリンピック800mでは、アジア人初の準決勝進出を果たした[1]

実業団の名門チームである八幡製鉄(現在の日本製鉄)陸上部に入部[4]全日本実業団対抗陸上競技選手権大会において、男子800m競技で通算5勝。日本陸上競技選手権大会では、男子800m競技で通算3勝、男子1500m競技で通算2勝を果たす。

1990年には日本シニアゴルフ選手権競技(現・日本シニアオープンゴルフ選手権競技)に出場し、53位という成績を残している[5]2008年10月24日、母校の羽咋高校に招待され、記念講演と校内マラソンのスターターを務めた[1]

2019年(平成31年)3月23日、病没[6]。享年88。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 室矢芳隆先輩”. 石川県立羽咋高等学校同窓会. 2019年11月28日閲覧。
  2. ^ a b 千葉康由「いしかわ百年百話15 昭和7年 広橋・大島選手、ロス五輪へ」朝日新聞1999年3月16日付朝刊、石川版
  3. ^ "室矢芳隆". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 15 May 2012閲覧.
  4. ^ 君原健二コラム)第8回 地元の陸上名門企業からの誘い”. 朝日新聞デジタル. 2019年11月28日閲覧。
  5. ^ 室矢芳隆選手のプロフィール”. 日本ゴルフ協会. 2019年11月28日閲覧。
  6. ^ 日本製鉄OB会お知らせ(訃報速報)”. 日本製鉄OB会事務局. 2019年11月28日閲覧。